シバターが朝倉未来に激怒「何でもかんでも自分の手柄にしてんじゃねえよ」 朝倉も「一線を越えた」と反論 絶縁騒動に発展か?

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 人気YouTuberのシバターがまた吠えている。今回、シバターが噛みついたのは、格闘家・朝倉未来だ。お笑い芸人・宮迫博之と中田敦彦がホストを務めるユーチューブトーク番組『Win Win Wiiin』に朝倉がゲスト出演したのだが、そのときの朝倉の発言にシバターは激怒しているというのだ。

 『Win Win Wiiin』の後編では、シバターに関する話がされているのだが、「事実と異なる部分がいくつかあったんで、それを僕から訂正させてほしい」という。

 最初にシバターが指摘したのは、「朝倉未来がRIZINにシバターを推薦して、シバターがRIZINに出ることになった」という中田の説明だった(RIZINとは大晦日に行われる総合格闘技のイベント。シバターはプロのキックボクサーHIROYAにビデオ判定の末に勝利した)。

 RIZINでシバターは大活躍。「シバターのYouTubeが落ち込み気味だったのが、朝倉のおかげで復活した」「シバターを救ったのは朝倉未来だ」と、中田はシバターを盛り上げたのは朝倉未来の手柄のように言ったが、「マジで全然違うから」とシバターは全否定した。

 まず、RIZINに出場できたのは朝倉のおかげではない、とシバターは言う。RIZINへの出場は、朝倉兄弟のマネージャーから話をもらったことがきっかけだったと語った。そのマネージャーは、RIZINの広報担当である笹原圭一氏とつながりがあったので、笹原氏を紹介してくれたのだという。

 シバターは「あいつね、物事をすごく大きなように、大きく言って、そして自分をすげえかっこよく美化して見せるんだよね」「お前、何でもかんでも自分の手柄にしてんじゃねえよ」と噛みついた。

 またシバターは、「オワコン気味だったのが、RIZIN効果で復活した」という説明も違うと反論。数字的には、毎月上下はあったものの、そんなに減っていたわけではないという。たまたま年末にヒットがあまりなく、RIZINに出た後すごく盛り上がったため復活したように見えるだけで、1年間を通してみればそれほど変化があったわけでもないと『Win Win Wiiin』での中田の説明に異論を訴えた。

 シバターは、勝手に「復活した」という扱いにされ、挙げ句の果てには「すべて朝倉未来のおかげ」と言われたことに腹が立ったと言う。

 「試合を頑張ったのは俺だし」「全部朝倉未来が持っていくの腹立つなあ」と叫ぶと、「『若いころは死と隣り合わせにいた』みたいな話をするじゃんよ、未来が。んなわけねーだろっていう。日本だぞ、ここ!」「自分の体験をすっごい大きく見せて話して武勇伝のように話すの腹立つなあ」と笑いながら挑発した。

 この動画の翌日、今度は朝倉未来がシバターへのアンサー動画を出した。朝倉は「親しき中にも礼儀あり」と前置きし、朝倉がシバターを推薦したのは間違いないと語った。朝倉が主催者側と会食していた際、「シバターを出してください」と呼びかけたのだという。

 シバターが出ることによって新たなファンの開拓ができる、格闘技が盛り上がるとお願いしたところ、RIZINの榊原信行CEOが「いいじゃん、やろうよ」と乗り気になってくれて、それから広報担当の笹原氏が代表してシバターに連絡を取ることになったと説明。

 朝倉は、シバターを思って行動したのに、恩を仇で返すようなことをされたと激怒し、今までの暴言は「おもしろいな」と思ってみていられたが、今回に限っては「一線を越えたな。これを言っちゃったか」「本当の意味で終わっちゃったかな」「超えてはいけない一線を越えたな」と語った。とはいえ、朝倉とシバターはつい最近も「縁を切る/切らない」でもめており、その際も仲直りしている。

 シバターと朝倉のコラボ動画『シバターをガチでシバいてみた【衝撃】』は2000万回以上の再生回数で朝倉のチャンネルの最多の再生回数を記録。これをきっかけに『シバターをシバいてみた』はシリーズ化され、どの動画も100万回再生を突破している。いまや朝倉のYouTubeチャンネルになくてはならない存在のシバター。今回もひと悶着あったが、また「格闘技で決着をつけよう!」とコラボ動画を出して仲直りするのではないだろうか。

「シバターが朝倉未来に激怒「何でもかんでも自分の手柄にしてんじゃねえよ」 朝倉も「一線を越えた」と反論 絶縁騒動に発展か?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。