おうち時間を彩る「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」 フライパンひとつでコーヒーの焙煎体験

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

おうち時間を彩る「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」 フライパンひとつでコーヒーの焙煎体験の画像1

 ちょっとユニークな体験型のコーヒーサービス「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」の販売が、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake(マクアケ)」にて開始されました。「Comma Lab Coffee」は、自宅のフライパンひとつでできるコーヒーの焙煎体験をはじめとする、ワークショップを通じた、新しいコーヒーの世界を伝えていくサービスです。

「Comma Lab Coffee」の特徴

おうち時間を彩る「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」 フライパンひとつでコーヒーの焙煎体験の画像2
 コーヒーの生豆(グリーンビーン)をご自宅にお送りし、オンラインワークショップ形式で焙煎方法をレクチャーしていきます。質問にも適宜答えていきますので、事前の情報や知識も不要です。ご用意いただくのは焙煎器具とザルだけ。自宅のフライパンでも焙煎可能です。

 実際の焙煎は、変化を目で見て、香りで確かめて、耳でタイミングをはかり、感覚で温度を微調整して──と、五感をフルに活用して行います。

おうち時間を彩る「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」 フライパンひとつでコーヒーの焙煎体験の画像3

「“パチパチ”いって変化の瞬間がみられるのが何気に嬉しい。」
「香りはコーヒーの醍醐味。煎ったとき、挽いたとき、淹れたときの3度楽しめるのがいい。」
「豆を煎るときに無になれる。単純すぎず、変化があって、油断すると焦げちゃうし」
「朝起きるご褒美のコーヒーという感じに変わった。自分の時間を感じながら時間を使えるのはいい。コーヒーの時間を味わいたい」

 これらは、サービスリリース前に行ったモニターの、実際のコメントです。音や香りや感覚という、普段コーヒーを飲むだけではなかなか味わえない感覚を楽しんでもらえているようです。ゆったりと流れる時間の感覚や、コーヒーの持つ不思議にも触れる、センス・オブ・ワンダー(神秘さや不思議さに目を見はる感性)の世界ともいえそうです。

おうち時間を彩る「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」 フライパンひとつでコーヒーの焙煎体験の画像4

 皆さんの手元に届くコーヒーが “栽培されてから飲むまでどのような工程で成り立っているのか”を、SDGsの軸に沿って学び、理解を深めます。コーヒーの世界を知ったあとに、自分の手で焙煎して飲むと、いつもとは違った美味しさが体感できます。

おうち時間を彩る「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」 フライパンひとつでコーヒーの焙煎体験の画像5
 送られてくるのは、日本へのコーヒー豆輸入量のうち約11%しかない、グレードの高いスペシャルティコーヒー。豊かな香りとクリーンな味わいといった品質の面だけではなく、トレーサビリティがとれており、かつフェアにトレードされているのが特徴の、SDGsの文脈からも注目を浴びているコーヒー豆です。

おうち時間を彩る「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」 フライパンひとつでコーヒーの焙煎体験の画像6

 Makuakeのプロジェクトでは、「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」お試しコース、定期購入コースのほか、Makuake限定のブレンド焙煎珈琲豆の販売や、「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」企画開発を体験できるコースなどが用意されています。
 
【Makuake詳細】
プロジェクトページ: https://www.makuake.com/project/commalabcoffee/
実施期間:2021年3月31日〜2021年5月7日
リターン:新しいコーヒー体験「Comma Lab Coffee」定期購入便、お試しセット他。
※詳細はプロジェクトページをご覧ください。
配送時期:2021年6月後半 ※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都等により出荷時期が遅れる場合がございます。

■商品詳細
商品名 :新コーヒー体験「Comma Lab Coffee」他
内容:  ワークショップ参加とコーヒー生豆のセット
内容量 :生豆200g、400g、600gからお選びいただけます
購入形態:定期便(契約期間:3ヶ月)、単品購入
サービスリリース:2021年10月1日予定

「おうち時間を彩る「Comma Lab Coffee(コンマラボ・コーヒー)」 フライパンひとつでコーヒーの焙煎体験」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。