元NGT48加藤美南が謝罪動画を投稿も…山口真帆に謝罪すべきだと低評価8割超 荻野由佳もYouTube活動を断念

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 2021年3月31日、元NGT48の加藤美南がYouTubeチャンネルで過去の騒動に対する謝罪動画を出した。

 加藤は2019年5月、Instagramのストーリーズに“誤爆”。その結果、大炎上している。暴行被害に遭った山口真帆の卒業公演を特集したワイドショーがネイルサロンに設置されたテレビで流れている様子とともに「せっかくネイルしてるのに チャンネル変えてほしい」とのコメントを投稿したのだ。

 この一件について加藤は、「当時自分自身、騒動渦中のグループの中にいて、少しでも息抜きをと、甘い考えで訪れた場所で、自分自身の感情のまま身勝手な行動・言動をしてしまったこと、深く反省しております」と語り、「本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 自身の口から直接謝罪するのが遅れたこと、また、もっと早く自分の口から説明すべきだったと詫びると、「応援していただける人間であれるかどうか、今後の行動や動向を見ていただけたなら思っております」と今後の応援を呼び掛けた。

 山口は2018年に自宅で暴行被害にあったが、この事件は他のNGT48のメンバーにより意図的に仕組まれたものだと告発。大きなニュースとなった。

 加藤は前述のコメントをプライベートで使用しているアカウントに投稿するつもりだったようだが、誤ってメインのアカウントに投稿してしまったとみられる。

 加藤はすぐにこの投稿を削除したが、大炎上。NGT48のオフィシャルサイトには、本人名義の謝罪コメントが掲載され、加藤は研究生に降格処分となった。

 その後、加藤は今年1月にNGT48としての活動を終了し、2月にYouTubeチャンネルを開設している。しかし、騒動に関してきちんとした謝罪をしていないままだったためか、初投稿動画には低評価が70%以上つく事態となっており、その他すべての動画も圧倒的な低評価がつく状況だった。この状況を打開すべく、今回謝罪動画を出したのだろう。

 しかし、この動画も高評価840に対し、低評価6053と、87.8%もの低評価がついている。コメント欄では「この動画を出せば好転すると思ってる本人とまわりのスタッフマジでヤバイと思う」「謝罪する相手は世間ではなく山口真帆」と厳しい意見ばかり書き込まれた。

荻野由佳もYouTubeの更新をストップ

 騒動がきっかけでバッシングを受けた荻野由佳もYouTube活動停止に追い込まれている。

 事件発生後に、山口が荻野のSNSのフォロワーを外していたこと、荻野が山口を煽っていると読み取れる投稿をしていたことから、ネット上で、荻野は犯人とつながっているという憶測が拡散されていた。

 荻野がYouTubeチャンネルを開設したのは、2020年9月だったが、チャンネル開始直後からアンチが押しよせ、炎上状態に。YouTubeチャンネル開設の記念ライブ配信では「『怖いとかそんなの気にせずに進んでいったらきっといいことあるよ』っていうのを、NGTのメンバーにも行動で示せていったらいいなっていうのがあった」と、YouTube進出を通じてNGT48のイメージを引き上げたいと語っていた荻野だったが、結局半年ほどでやめてしまった。

 こうして、NGT48メンバーへの批判が集中する背景には、運営側が事件の詳細について、ファンが納得できるような情報を発信していないことが挙げられる。

 去年3月に、NGT48の運営会社AKS(現・Vernalossom)が暴行容疑で逮捕された男性ファン2人に対して損害賠償を支払うよう求めた裁判の和解が成立したが、多くのファンは真相が明かされていないと不満をもっている。

 この問題が解決されない限り、視聴者との距離が近いYouTubeで活動するのは難しそうだ。

「元NGT48加藤美南が謝罪動画を投稿も…山口真帆に謝罪すべきだと低評価8割超 荻野由佳もYouTube活動を断念」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。