「なにわ男子」高橋恭平が“メンバー愛”で苦手分野を克服? 高所恐怖症でパニックに

文=柴田さとみ
【この記事のキーワード】
「なにわ男子」高橋恭平がメンバー愛で苦手分野を克服? 高所恐怖症でパニックにの画像1

ISLAND TVより

 4月からも『めざましテレビ』(フジテレビ系)の金曜レギュラーコーナーの続投が決まった「なにわ男子」。新年度初となる4月2日の放送では、高橋恭平と大西流星が担当した。

 2人が登場したのは金曜恒例の「なにわ男子のなんでやねん」のコーナー。同グループの大西流星とともに横浜みなとみらい周辺エリアを訪れ、再開発で新施設が続々とオープンし大きく進化した横浜の街を紹介した。

 高橋と大西は今年3月31日に完全開通したばかりの歩行者デッキ「女神橋」や、2020年12月にオープンした“宇宙旅行”をテーマにした水族館「UNDER WATER SPACE」、おしゃれな最新グルメスポットなどを訪れ紹介。ロケは順調に進んでいた。

 そして最後に登場したのが、4月22日開業予定の「YOKOHAMA AIR CABIN」。桜木町駅前と運河パークの片道約630mを5分で運行する、みなとみらいの上空を走る日本初の常設都市型ロープウェーだ。今回特別に完成前の駅舎の中に入った2人は、乗り場へ来ると<あ〜すげー!><あ!すご!アトラクションみたいな感じ>とそれぞれ驚きの声をあげる。

 さっそく大西が<今日は乗れたりしますか?>と聞くと、すかさず高橋も元気に<乗りたいです!>と挙手。しかし、この日はまだ開業前ということで、乗ることはできなかった。それを聞いてがっかり崩れ落ちる2人であった。

 そしてそのロープウェーが8人乗りのゴンドラだと聞いた高橋は、<メンバー全員いけますね>と嬉しそうにコメントし、仲良しすぎるメンバー愛を披露した。

高橋恭平は高いところが大の苦手

 しかし、実は高橋恭平は極度の高所恐怖症なのだ。街中の上空を走るロープウェーは怖かったに違いない。ファンからは「恭平ロープウェー乗りたいって言ってたけど高所恐怖症大丈夫?」と心配する声も。

 今年3月29日に放送されたバラエティ番組『なにわからAぇ!風吹かせます!』(関西テレビ系)では、高橋が高所登り恐怖でパニックになる姿が放送されていた。この日、高橋は大西や他のメンバーらとともに犬鳴山・七宝龍寺(しっぽうりゅうじ)を訪れ、山行&滝行の罰ゲームに挑戦。ハードな山道を登り、標高430mにある崖から体を半分乗り出し生まれ変わるために懺悔するという「捨身(しゃしん)の行」を行った。高橋は<無理無理無理無理>とブツブツつぶやき、身を乗り出す過程で<おる!? 俺いる!?><ガチガチガチガチ>とパニック状態に陥ってしまったのだった。

 そんな高いところは大の苦手の高橋だが、仲良しのメンバーと一緒ならゴンドラもきっと怖い怖いと言いながらも楽しく乗れるのだろう。開業したら是非ともメンバー全員で乗ってもらいたい。

「「なにわ男子」高橋恭平が“メンバー愛”で苦手分野を克服? 高所恐怖症でパニックに」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。