ワタナベマホトが逮捕からわずか13日で釈放。その理由とは

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
ワタナベマホトが逮捕からわずか13日で釈放。その理由とはの画像1

ワタナベマホトTwitterより

 4月2日、ワタナベマホトが警視庁湾岸署から釈放された。この処分に「早すぎるのでないか」と疑問に思う視聴者も多いようだ。

 ワタナベマホトは1月21日に元欅坂46の今泉佑唯との結婚と今泉の妊娠を発表したが、その日の夜、自身のファンである15歳の少女にわいせつ画像を大量に送るよう指示し、脅迫していたことがYouTuberコレコレの配信で明らかに。その後、自身のYouTubeチャンネルを消し、謝罪コメントを出した後、Twitterも削除。マホトのiPhoneの中には、別の女性から贈られた卑猥な画像も発見されたとの報道もあり、余罪があるのではとみられていた。

 弁護士資格を持つYouTuber、SNS弁護士キタガワこと、弁護士の北川貴啓氏は自身のYouTubeチャンネルで、ワタナベマホトが逮捕された際、これからどのような手続きを踏むのかを解説していた。それによると、逮捕された場合、48時間以内に検察官送致が行われ、起訴すべきか釈放すべきかを24時間以内に判断。起訴された場合は、最大10日間勾留され、余罪があるなどの場合はさらに最大10日間。最大23日間警察に拘留されるという。マホトには暴行歴の前科があり、また余罪もありそうなことから、警察が起訴する可能性も十分あるのではと北川氏は語っていた。

 しかし、マホトはわずか13日で釈放された。その理由は何なのだろうか。

 北川氏はウェブサイト「yutura」の取材に対し、「私も今回の処分については驚きました」と語ったうえで、勾留期限の4月6日を待たずに釈放された理由は、被害者との示談が成立したからではないかと話した。

 「裁判所が勾留期限を4月6日までとしていたのに、それをわざわざ短縮させたわけですから、よほど大きな事情の変化があったのではないかと思うんですよね。なので、あくまで予想ですが3月末頃の段階で、担当弁護人が被害者とコンタクトを取り示談を成立させて、それを資料として、裁判所に『もうこれ以上勾留する必要はない』旨の意見書を提出し、裁判所はそれをみて勾留を取り消したのではないかと考えています」と北川氏は見ている。

 とはいえ、釈放されたからといって、不起訴になるということではないようだ。検察官が「捜査の必要がある」と判断した場合には、取り調べ等を継続するという。もし、被害者との示談が成立していなかったり、新たな証拠が発見された場合には、マホトは在宅のまま起訴される可能性もあるようだ。

 YouTube界隈のゴシッパー・コレコレによると、マホトはプロ“児ポ”ラー。一度でも卑猥な写真を保存してしまうと、あとで消しても画像を復旧されてしまうことを知っており、卑猥な写真は送られてきたときに見るだけで、被害女性の写真は保存しなかったという。

 また、LINEは過去半年分のデータは復旧できるので、データが2週間で消えるカカオトークに被害女性を誘導。証拠を残さないように徹底しており、常習性を感じずにはいられないと、コレコレは語っていた。

 警察の捜査で証拠は出ないかもしれないが、このような悪質極まりない犯行手口は世間に知れ渡っている。マホトが釈放されても、世間の冷たい目からは逃れられないだろう。

「ワタナベマホトが逮捕からわずか13日で釈放。その理由とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。