手越祐也が禁酒を宣言。今後は酒にまつわるスキャンダル繰り返さない?

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 手越祐也が禁酒を宣言した。5月下旬に控えている大切な撮影に向けて、これから約2カ月弱禁酒しなければいけないという。

 手越は大の酒好きとして知られる。20歳になってから酒を飲まない日が3日以上空いたことはなかったそうだ。

 しかし、酒は筋肉を分解させるため、必死にトレーニングして体をつくっても、夜に飲んでしまうと結構無駄になってしまうのが悩みだった。そのため、お酒を完全にシャットアウトしないと「今までの限界は超えられないな」と思ったという。

 6月から歌手としての活動を再開する手越は、それに向けてのジャケット撮影やMV撮影が控えている。手越は「自分の人生をかけた音楽人生なんで、やっぱり生半可な気持ちじゃ良くないなと思いまして。みんなに言われたわけでもないんですけど、4月1日から5月の撮影が終わるまではお酒は一滴も口にしないように過ごしていきたいと思います」と宣言。

 自分だけで決めてしまうと、逃げ道もつくれてしまうので、公の場で宣言することにより、みんなに見守ってもらいながらちゃんと目標を達成しようと思ったそうだ。

 手越と言えば酒にまつわる醜聞が無数にある。

 昨年は、緊急事態宣言が出ているなか知人女性らを集め飲み会を開催していたと「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた。

 ジャニーズ事務所もこの報道を事実と認め、手越をチャリティプロジェクト「Twenty★Twenty」のメンバーから外した。ジャニーズ事務所は「Smile UP! Project」と題し、ステイホームを呼び掛けている最中だったので、その怒りは計り知れないものだった。

 しかしその後も再び飲み会に参加している様子を「文春オンライン」に報じられ、ジャニーズ事務所は手越に芸能活動自粛処分を言い渡す。そのまま手越は事務所との契約を終了し、NEWSも脱退。YouTubeなどをメインに活動するようになった。

 アイドルとしての手越は酒にまつわるスキャンダルで終わりを告げたわけだが、それ以前には当時未成年だった女性アイドルと酒席をともにしたとの報道もあった。

 2013年、「FRIDAY」(講談社)は、SKE48に所属していた鬼頭桃菜(現:三上悠亜)と手越がキスをしていたと報道。ふたりは六本木の会員制バーで行われた合コンに参加しており、テキーラを飲んで泥酔していたという。当時の鬼頭はまだ未成年だった。

 この報道を受けて、ジャニーズ事務所のメリー喜多川氏は、「初めての客にテキーラを飲ませるなんて!」と、怒りの矛先を手越ではなく、店側に向けた。「手越には厳重注意した」と取材に応じているが、芸能活動自粛などの厳しい処分は行わなかった。こうした甘い処遇が、ジャニーズ事務所退所にいたる外出自粛期間中の連続飲酒スキャンダルにつながっていく。

 手越祐也のYouTubeチャンネルを運営する「チーム手越」のメンバーも動画で酒に酔った際の手越に言及している。手越には酔うと誰彼構わず噛みつく「ヴァンパイア癖」があると暴露した。フットサルチームの合宿へ行った際の決起会で泥酔した手越は、みんなの腕やら足に本気で噛みついてきたという。

 禁酒期間中、街で飲んでいるのを見かけた場合は「首を絞めてください」「喉の奥に指をつっこんでください! 吐かせてください!」と笑わせていた手越だが、もっと早くこの決意をできなかったのだろうか。

「手越祐也が禁酒を宣言。今後は酒にまつわるスキャンダル繰り返さない?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。