Hey! Say! JUMP岡本圭人の脱退でファン大荒れ メンバーも擁護できない脱退までの経緯

文=田口るい
【この記事のキーワード】
Hey! Say! JUMP岡本圭人の脱退でファン大荒れ メンバーも擁護できない脱退までの経緯の画像1

Hey! Say! JUMP・岡本圭人 /J STORM 公式サイトより

  Hey! Say! JUMP・岡本圭人がグループ脱退を発表したことについて、同グループの高木雄也がコメントし、ファンの間で反響を呼んでいる。

 岡本は4月5日、今月11日付でグループから脱退し、今後はジャニーズ事務所に在籍しながら俳優として活動することを発表。岡本は2018年9月からアメリカの演劇学校に留学するために活動を休止しており、昨年夏にはめでたく学校を卒業したと伝えられていたため、活動復帰が待たれていた中での脱退だった。

 こうした経緯もあり、岡本の脱退にファンからは「ずっと待ってたのに」「許さない」「ファンやメンバーを裏切った」と批判が殺到していた。

 その声はHey! Say! JUMPメンバーにも届いていたようで、高木雄也は6日放送のラジオ『Music Bit』(FM大阪)で岡本の脱退について言及。

<2年半信じて待っててくれたファンの皆さんには本当に本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。これはグループ8人全員が思ってるし、話し合いでこの言葉は何度も出てきました>
<岡本もね、この気持ち(ファンに対して申し訳ない気持ち)はちゃんと持ってると思う>

<グループで話し合っている時に、多分海外に留学していろんな世界見て『1人で挑戦したい』って気持ちがすごい強くなっていったんだなっていうのが(わかった)。言葉に力強さがあった>

 岡本の脱退に伴ったグループとしての思いや、岡本本人の様子について明かしつつ、ファンには以下のようにコメントしていた。

<2年半待たせてるから、いろんな思いがファンの皆さんはめちゃめちゃあると思う。それをバーっていろいろ吐き出してると思う。でも彼(岡本)も1人の人間だからね、ほどほどにね>

 この高木の言葉に、ファンはSNSで「めっちゃ救われた」「ゆーやの言葉で少し圭人を応援しようかなって思えた」「素敵な言葉と圭人へのフォローありがとう」とポジティブな反応をみせている。岡本の脱退をまだ受け入れられないファンに理解を示して寄り添いつつも、岡本に対して過度なバッシングをするのは控えてほしいという気持ちが詰まった<ほどほどにね>という表現で、少し落ち着くことができたファンも少なくないのだろう。

 ちなみに、Hey! Say! JUMP・山田涼介は、岡本の脱退について<最初その話を聞いた時は『本当に自分勝手なやつだな』と思いました><でも話を聞いていると、ここまで強い意志を持った圭人は今までいなかったなと思うくらい、強い意志を持っていました>と率直なコメント。高木や山田の言葉から察するに、岡本の脱退についてはメンバー同士でかなり話し合いを重ね、結論が出るまでに意見のぶつかり合いもあったように感じられる。

 11日に行われる配信ライブでは、岡本を含めた9人のHey! Say! JUMPのラストパフォーマンスが披露される。Hey! Say! JUMPメンバーとして最後の日、岡本はファンにどんな言葉を贈るのだろうか。

「Hey! Say! JUMP岡本圭人の脱退でファン大荒れ メンバーも擁護できない脱退までの経緯」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。