木下優樹菜、新会社を立ち上げでモデル活動に前向きも「芸能界には未練はない」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
木下優樹菜、新会社を立ち上げでモデル活動に前向きも「芸能界には未練はない」の画像1

「GALFY」Instagramより

 元タレントの木下優樹菜が、昨年末に新会社を立ち上げていたと、4月8日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 記事によると、木下は昨年末に「株式会社木下組」を設立。登記簿上の代表者は「藤本優樹菜」になっており、FUJIWARA・藤本敏史との離婚前の旧姓が使われているという。

 同誌が新会社設立の件について木下に直撃したところ、<芸能界には何の未練もないですよ>と答えた一方、<いまはモデルの仕事はやらせてもらっています>と説明。

 木下は先日、ヤンキー御用達ブランド「GALFY」のモデルに抜擢されたことがネットで話題になっていたが、<『GALFY』以外にもタレント時代からお付き合いのある水着ブランドにも声をかけていただきましたし、お金が入ってくるので昨年の誕生日に会社を作りました>と今後もモデルとして新たな仕事があるために会社を設立したといい、<ファンの方は今も励ましてくれるので、いずれ会える機会があるといいなと思っています>とファンとの交流にも前向きな様子をみせていた。

 また、会社の名義で旧姓を使用していたことについては<(旧姓に)戻すのが面倒くさいんです。子どもたちも藤本姓ですし、育児に関しては彼に相談もしています。二人でご飯を食べることは絶対にないですけど>と話していたという。

 木下は2019年10月、実姉が勤務するタピオカドリンク店のオーナーにどう喝めいたDMを送っていたことが発覚して大炎上。後日、自身の言動を謝罪したが、批判が収まらず、11月より活動休止に入った。大晦日には藤本敏史とも離婚している。

 その後、昨年7月に活動再開を発表したものの、またしても批判が殺到。わずか5日後に一転芸能界引退を発表した。

 一般人になったと思われた木下だが、引退から約2カ月後にInstagramとTik Tokの新アカウントを開設。定期的にストーリーズでファンからの質問に答えたりと、気さくに交流している。

 また、Instagramでは元夫と会っている様子も度々公開。一部ファンは木下と藤本の復縁を願っているようだが、本人にその気はないようで、4月2日にストーリーズに「フジモンは私の!会わないで欲しい!」とのコメントが寄せられた際には<わたしのものでもない。むすめたちのぱぱやねん。黙って(ハートマーク)>と木下らしさ全開で返信していた。さらに、同月5日にストーリーズで「もう一度結婚する気はありますか?」と聞かれた際には<そう思える方がいれば>と再婚する可能性もゼロではないことを明かした。

 前出の「GALFY」モデルに就任し、同ブランドのインスタグラムで木下の写真が公開された際には<#最強の素人>というハッシュタグが使われていた。芸能界に未練はないといいつつも、モデル活動をしたり、インスタグラムでファンと交流したりしている木下。さらに、インスタグラムの投稿も度々ネットニュースとして取り上げられており、引退後もメディアでは一定の需要があるようだ。まさに<最強の素人>なのかもしれない。

「木下優樹菜、新会社を立ち上げでモデル活動に前向きも「芸能界には未練はない」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。