東海オンエア・虫眼鏡がファンの行き過ぎたコムドット批判に苦言 やまと「トップの人は肝が据わっていてカッコいい」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 今最も勢いのあるYouTuberグループ・コムドット。彼らを批判する声に注意喚起した東海オンエア・虫眼鏡のコメントに喝采があがっている。

 コムドットは「地元ノリを全国ノリに」をスローガンに掲げて活動している5人組YouTuberグループ。2018年10月1日に結成以降、ぐんぐんチャンネル登録者数を伸ばし、現在はチャンネル登録者数115万人超。新世代のグループYouTuberとして注目を集めている。先月にはヒカキンともコラボし、チャンネル登録者数100万人の記念に1000万円のベンツをプレゼントされていた。

 しかし、コムドットはSNSで問題発言することも多く、アンチも多い。

 去年、「年内(チャンネル登録者数)50万人」の目標を達成すると、コムドットのリーダー・やまとはツイッターで<【宣戦布告】全YouTuberに告ぐ コムドットが通るから道をあけろ 俺らが日本を獲る>と発信。メンバーたちも「うちのリーダーが言ってんだから全員道あけなよ」「うちのリーダーのやまとが道あけて欲しいみたいなんでYouTuberの自覚があるみなさんよろしくお願いします」と投稿した。そういった強気な態度を良しとするファンがいる一方で、彼らに嫌悪感を示す者も多かった。

 そんなコムドットとなにかと比較対象にされるのが、現在580万人ものチャンネル登録者数を誇るYouTuberグループ・東海オンエアだ。2013年にチャンネルを開設した東海オンエアも、メンバーの地元である愛知県を拠点にして活動しており、「地元ノリ」を大事にしている。

 なにかと共通点が多いため、東海オンエアのファンは、急激に力をつけているコムドットのことが気になるようだ。SNS上では「コムドットってそんなにおもしろいんですか? 僕的には東海オンエアのほうが何倍もおもしろいとおもうんですけど」「正直コムドット見るくらいなら東海オンエア見た方がいいよ」などと、東海オンエアを引き合いに出してコムドットをこき下ろす投稿が散見され、コムドットのファンと諍いが起きていた。

 こうした状態を見かねたのか、東海オンエアの虫眼鏡は、個人チャンネル「虫眼鏡の放送部」の中で、コムドットの名前を出した。

 虫眼鏡は「東海オンエアのファンがコムドットの悪口を言うのはマジでださい」と、行き過ぎた振る舞いをしている一部ファンを牽制した。

 虫眼鏡はコムドットに対して同じ土俵で戦っているライバルとの思いはあるが、ファンから「東海オンエアのほうが面白い」という発言を求めているわけではないと断言。そのうえで、「東海オンエアのほうが面白いよと言うのであれば、東海オンエアの動画をいつもの倍見てくれればちゃんと数字になって出てきますから」「めっちゃビックマウス的なことを言うのであれば、相手がコムドットだったと仮定してもまだしばらくは負けるわけないから安心してくれ、みんな」と呼びかけた。

 虫眼鏡はその昔、水溜りボンドに登録者を抜かれたとき、焦るのではなく嬉しかったのだという。その理由は、YouTubeには才能に溢れたヤツがまだまだいるのだとわかって、業界全体が盛り上がっている気がしたからだそうだ。

 だから、コムドットのことも「若い子たちが入ってきてくれたっていうのはこりゃあね、嬉しいですよ」「いつまでYouTubeのやってみた系は30代のおじさんが引っ張ってるんだってなっちゃうから」としたうえで、「譲る気はないけど」と対抗心をあらわにした。

 コムドットのリーダー・やまとは虫眼鏡の発言を受けて、Twitterで「やはりトップの人は肝が据わっていてカッコいいなと思いました」「絶対負けたくないって思ったし、ライバルって認めて貰えるくらいYouTube頑張ろうって思いました」と、虫眼鏡同様、対抗心をあらわにした。

 これからのコムドット・東海オンエアの熱い戦いから目が離せない。

「東海オンエア・虫眼鏡がファンの行き過ぎたコムドット批判に苦言 やまと「トップの人は肝が据わっていてカッコいい」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。