「EUはどのように農産物の高い品質と安全基準を確保しているか」をテーマに、東京とブリュッセルを結ぶ2日間のオンラインセミナー

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

「EUはどのように農産物の高い品質と安全基準を確保しているか」をテーマに、東京とブリュッセルを結ぶ2日間のオンラインセミナーの画像1

 欧州連合(EU)は、4月19日と20日の2日間にわたり東京とブリュッセルを基点としてオンラインセミナー(日英通訳付き)を開催いたします。テーマは「EUはどのように農産物の高い品質と安全基準を確保しているか」。

 日・EU経済連携協定を契機に行われている「パーフェクトマッチ」キャンペーンの主要活動であるこのセミナーは、日本の消費者や企業に、ヨーロッパの農産物の素晴らしさを知ってもらうことを目的としています。

 2日間のオンラインセミナーでは、EUと日本の専門家が、日本市場への参入の課題、日本のビジネス環境、優れた長所をもつ製品の市場機会について意見交換を行ったり、日本政府関係者、EU食品業界団体、日本の業界関係者などが登壇し、日本とEUの農産食品分野にもたらす利益について議論します。

 セミナーでは、食品の安全性、品質、持続可能性、地理的表示、有機製品などにも焦点を当てるほか、チーズや乳製品、ワイン、スピリッツ、ビール、畜産物食品(牛肉、豚肉、食肉加工品)果物や野菜、オリーブオイルといった製品に特化した分科会もあります。

セミナーお申込みは、こちらから:
https://eu.eventscloud.com/ereg/newreg.php?eventid=200220251&language=jpn
(お申込み締め切りは、2021年4月18日、日本時間20:00となります。)

セミナープログラム:

2021年4月19日 (JST日本時間/CETベルギー時間)
14:00 – 14:20 JST(07:00 – 07:20 CET)ウェルカムスピーチおよび開会のご挨拶
14:20 – 15:05 JST(07:20 – 08:05 CET)基調講演:日EUの経済連携協定(EPA)の実施の利点(農産物分野を中心に)
15:05 – 16:05 JST(08:05 – 09:05 CET)EUの食の安全・品質制度についての概略
16:20 – 17:05 JST(09:20 – 10:05 CET)分科会(並行開催)
(並行開催のバーチャルルームで、ご希望のセッションをご聴講いただけます。)

o Room1:動物及び畜産物ーEU域内における動物及び畜産物の移動の自由:EUはどのように動物及び畜産物の安全で持続可能な貿易を確保しているか
o Room2:植物及び植物製品ーEU域内における植物及び植物製品の移動の自由:EUはどのように植物及び植物製品の安全で持続可能な貿易を確保しているか
o Room3:地理的表示ーEU・日本間の貿易機会
o Room4:有機(オーガニック)製品ー国際貿易の機会

17:20 – 18:05 JST(10:20 – 11:05 CET)欧州グリーン・ディール、持続可能な農業、Farm to Fork戦略

2021年4月20日(JST日本時間/CETベルギー時間)
14:45 – 15:30 JST(07:45 – 08:30 CET)EPAによってもたらされた、貿易を円滑に促進するための仕組みの使い方
15:45 – 17:00 JST(08:45 – 10:0 CET)EUの衛生・技術・品質基準に関する分科会(並行開催)
(同時開催のバーチャルルームでご希望のセッションをご聴講いただけます。)

o Room1:チーズおよび乳製品
o Room2:ワイン、スピリッツおよびビール
o Room3:畜産品(牛肉、豚肉、食肉加工品)
o Room4:野菜・果物、オリーブオイル

17:15 – 18:30 JST(10:15 – 11:30 CET)日EUの専門家と業界関係者によるパネルディスカッション:日EUの農産物貿易をいかに促進するか。日本市場における日EU貿易の課題と機会

オンライン開催に使用するプラットフォームや参加方法の詳細は、セミナー開催前に参加者全員に別途ご案内いたします。

セミナー公式ウェブサイト: www.euagrifoodsps.eu
パーフェクトマッチ!日本語公式ウェブサイト: www.foodmatcheu.jp

「「EUはどのように農産物の高い品質と安全基準を確保しているか」をテーマに、東京とブリュッセルを結ぶ2日間のオンラインセミナー」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。