ドイツの春の風物詩・ホワイトアスパラガスを支える、グローバルな労働搾取の問題

文=河内秀子
【この記事のキーワード】

ドイツの春の風物詩・ホワイトアスパラガスを支える、グローバルな労働搾取の問題の画像1

 ドイツの春の味といえば「シュパーゲル」と呼ばれるホワイトアスパラガス! 今年も4月8日から、ベルリン郊外の産地ベーリッツで、2021年のシーズンがスタートした

 今年は4月に寒の戻りがあったからか、まだ多くの収穫は難しいというが、これから6月24日の聖ヨハネの日まで、地元産のホワイトアスパラガスが市場やスーパーマーケットに出回ることになる。

 ゲーテが「全ての野菜の王様」と称え「惜しむらくはその統治期間が短いこと」と嘆いたとも言われる、ドイツ人お気に入りの野菜。ここまで多くの人がこの野菜を好きな理由は、長い冬の終わりとともに旬が来る、春を告げる存在だということもあるのだろう。つやつやと輝く露地物の白ホワイトアスパラガスが市場で山積みになっている光景に、ドイツの人は春の訪れを感じるのだ。

 しかし、その春の味は、中・東欧からの外国人季節労働者によって支えられている。近年、賃金の低さや労働環境の悪さが問題視されてきたが、昨年からのコロナ禍でそれが大きく表面化した。

野菜輸入大国ドイツが、ホワイトアスパラガスは地元産にこだわる理由

 輸出大国として知られるドイツだが、実は野菜や果物は他国からの輸入に頼っている。スーパーマーケットに並ぶ野菜はほとんど輸入もので、自国のものは2割ほどしかない。連邦食料・農業省の2018年の統計によると、主にオランダ(年間105万トン)やスペイン(103万トン)から、トマトや柑橘類などのドイツで育ちにくいものに限らず、にんじんや玉ねぎといったものまで輸入している。

 しかしホワイトアスパラガスに関しては頑として国産、近隣の地元産にこだわる人が多い。この時期になるとレストランが「(近郊の)〜産のホワイトアスパラガスあります」と看板を出すほどに、皆その登場を待ちわびているのだ。

 その理由は、アスパラガスは鮮度が命の食べ物だからだ。収穫と同時に味がどんどん落ちていくからである。朝に産地直送の採れたてを売る屋台で買い、その日のうちに食べるのがお約束だ。塩と砂糖を少々入れた水で茹でただけのシンプルなものを、溶かしバターや燻製ハムを添えて食べると、優しい甘さが引き立つ。

 一人前は500gと大量だが、ホワイトアスパラガスは約93%が水分で、100gあたり20カロリーと低カロリーなので、さらに山盛りの茹でじゃが芋やカツを添えて食べることが多い。2017/18年度の1人当たりのホワイトアスパラガスの消費量は約1,7kg。1人前500gとすると、シーズンに3回以上は食べている計算になる。

野菜の王様の流通を支える、過酷な低賃金労働

ドイツの春の風物詩・ホワイトアスパラガスを支える、グローバルな労働搾取の問題の画像2

 2020年のアスパラガスの作付け面積は21900ヘクタールで、ドイツ全国区の露地野菜栽培面積の約5分の1。ドイツ連邦栄養センターによると、最も広く栽培されている野菜となる。

 しかし、需要は増え続けている反面、収穫のための農作業ヘルパーの数は年々減るばかりで、人手不足が指摘されている。土をかぶせて、日にあてずに育てることで白さを保つ繊細な野菜の収穫は、ビニールを剥がして周りの土をはらい、専用の器具でアスパラを折り取るという手間がかかるものだ。機械化も難しく、中腰のきつい姿勢を何時間も続けて作業しなければいけない。

 これまでドイツでは、こうしたホワイトアスパラガスの収穫を、主にポーランドやルーマニアからなどの東欧からの季節労働者に頼っていた。しかし近年ポーランドは経済状況が改善されてドイツへの季節労働者は減り、ホワイトアスパラガス農家に手伝いに来る場合でも賃金や労働環境の点でメリットの多い、ロジスティックなど物流システムを担当することが多くなったという。畑でのハードな収穫作業は、ルーマニアからの季節労働者が引き継ぐことになった。

 そのルーマニアも本国の景気が悪くなく、また建設業界の方が賃金が高いなどの理由から、農作業ヘルパーとしてドイツに来る人は減少傾向にあるという。

 肉体的に非常にキツイこの仕事だが、時給はドイツで決められている最低賃金の9,50ユーロ以上になることはほとんどない。

 2018年、中東欧諸国の農村部の構造改革を支援するPeco-Institutベルリンの代表、トーマス・ヘンシェルへのインタビューによると、契約上は最低賃金が支払われていることになっていても、専用の道具や洋服のレンタル料も引かれ、ひどい時には宿泊施設が高すぎて稼いだお金がほとんど手元に残らないようなこともあるという。ヘンシェルは「取引先が農作物にお金を払わないから、労働者にもお金が払えない」という農家の言い分を批判する。

 ドイツ労働総同盟は、2020年からの新型コロナウイルスによって、もともと決して良いとは言えない労働環境が悪化したと状況の改善を求めて声を上げている。

 昨年はホワイトアスパラガス収穫の時期が、第一波のロックダウン中にあたったため、様々な問題が表面化した。

労働許可証を持ってない難民を、ホワイトアスパラガスのために働かせる

 まず各地で国境が封鎖された際に、東欧からの農作業ヘルパーたちに対しても渡航制限や入国禁止の措置が取られることとなった。

 ドイツ農家連盟(DBV)の労働者不足への懸念を受けて、連邦食糧・農業省大臣のユリア・クレックナーは「農業の魅力を高め、国内でも労働者を見つけるために、より斡旋に力を入れる」というアイデアを出した。農業の魅力アップのために、賃金の引き上げや労働条件・環境を改善するのではない。「短縮労働者はもちろん失業者や、まだ労働許可証を持っていない難民も働かせよう」というのである。

 このアイデアは難民支援協会から「長いこと就労禁止や統合の高いハードルに苦しんでいた人たちに、ドイツ市民のお皿にホワイトアスパラガスをのせるためだけに労働許可を与えるのか。搾取でしかありえない」と批判を浴びた

旅行制限のなか、季節労働者を乗せた特別便が行き交う

 また、航空会社には季節労働者を乗せた特別機を飛ばしてもらうことにした。ハンガリーが国境を閉鎖していたので、西側への陸路移動はできず、ルーマニアとドイツ間のフライトも禁止されていたが、季節労働者には特例が許されることになったのだ。

 ルーマニアやポーランド、ブルガリアなどから労働者が次々とドイツに“空輸”された。バイエルン放送の取材に対し、バーデン・ビュルテンベルク州農家連盟(LBV)トップのヨアヒム ・ルクヴィートは、「ドイツ国内からも労働者が集まってくれることを願ってはいるが、外国からくる季節労働者の方が経験豊か。彼らがいなかったらできなかった」と語っている。クレックナー農業相はゼーホーファー内務大臣と話し合い、約8万人の季節労働者を受け入れた

 また、3月27日には「社会保障パッケージSozialschutzpaket I 」で、2020年の3月1日から10月31日までの経過措置として、社会保険料を払う義務なく短期雇用者として働くことができる期間が、70日から115日間へと引き上げられることとなった。

 これは本来は学生や年金生活者など、すでに健康保険や年金、失業保険などに加入している人が副業として仕事をする、「生業としての活動」ではない労働を想定したものだったのが、近年は東欧や中欧からの季節労働者を雇うために使われてしまっていると、ドイツ労働総同盟は警鐘を鳴らす

 基本的に自己申告のうえ、何か問題が発覚した際に調査をしようにも、その時点で労働者の大半がすでに自国に戻ってしまっているからだ。年金支給額は減り、また病気になった場合の自己負担額なども大きくなる可能性が高い。農家は季節労働者に対して民間の健康保険に加入するが、保証は十分とはいえない。

 感染症対策にのっとって宿泊施設や労働環境などは管理されているというが、季節労働者の感染リスクは高い。

 昨年、北ドイツではモデルとされていた農家が、コロナ禍の中個室が推奨されたにもかかわらず狭いコンテナの中に大人数を収容し、宿泊施設と畑の往復にもマスクなし、ぎっしりと詰まったバスで移動させていたため、保健所に摘発された。食事も満足に出さないところもあるという。

 西ドイツ、ボン近郊の農家では100人以上への支払いが遅れ、労働者がついにストライキを起こしたところもあり、ルーマニアの労働相が直々に現場を訪れ、苦情を聞いた。議会は「ホワイトアスパラガス委員会」を立ち上げ、空港での状況などを調査しているという。

 実際に、昨年は東欧からの農作業ヘルパーが、ドイツ国内でコロナに感染、発症したが治療を受けることなく死亡したケースも数少ないながら存在した。今年もこの特例が適用されるかどうか、まだ議論が交わされている。

コロナ以前からの問題点を、改善できるのか

 昨年コロナ禍で吹き出した様々な問題について、今年のホワイトアスパラガスのシーズンにはまだ大きな改善は見られなそうだ。ドイツ公共放送ARDのニュース番組Tagesschauでは、今年は季節労働者はジョージアから来る、と報道している

 今年は、昨年に比べより厳しい入国管理が行われる。東欧からの季節労働者には、48時間以内に行われたPCR検査の陰性結果を提出する義務があり、また農家で働いている期間にもクイックテストを行い、保健所がチェックを行う。また、小さなグループに分けて、働く畑も別々にして行動してもらうことで、感染やクラスター発生の危険を最小限まで抑えるそうだ。

 そして、皮肉なことにコロナ禍はドイツでの季節労働者を増やすことになった。ルーマニア、スロバキア、そしてポーランドの一部やジョージアなどから、多くの人たちが、少しでも余分なお金を稼ぎたいと、農作業ヘルパーに応募しているという。

 ドイツの農家は外国人の季節労働者に依存していることは明確だ。毎年、30万人が農作業ヘルパーとしてドイツにやってくるという。

 ホワイトアスパラガスに限らず、農業自体が決して楽な仕事ではなく、小さな個人農家になればなるほど補助金なども少なくなる傾向にある。農業従事者は高齢化が進み、若い世代は農家を継ぐことを選ばない。昨年ドイツのホワイトアスパラガス農家で起こった問題は、ドイツに限らず世界各地で起こりうる問題だろう。

 毎年楽しみにしていた白アスパラガスの季節だが、近年は、その美味しさに舌鼓を打つとき、様々なニュースが頭の中を渦巻く。今年は、例年にもまして複雑な気分で迎えることになりそうだ。

「ドイツの春の風物詩・ホワイトアスパラガスを支える、グローバルな労働搾取の問題」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。