エミリンが急性扁桃炎で「一週間は絶対安静」と言われる中ミュージカルを観劇 批判が殺到する事態に

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 YouTube界隈のゴシッパー・コレコレの元に新たなタレコミが寄せられた。人気YouTuberエミリンが急性扁桃炎を患い、「一週間は絶対安静」と言われていたにも関わらず、わずか3日後にミュージカルに出かけていたというものだ。

 エミリンは、ミュージカル観劇に出かける2~3日前から喉が痛くなったようだ。その後、喉の腫れが悪化し、声も出なくなったため、病院に駆け込んだと自身のTwitterにて説明。「腫れがかなりひどい状態のため、1週間ぐらい絶対安静と言われました」「声が出せないのが本当につらい…」とコメントしていた。

 4月9日の動画によると、「喉の腫れが酷すぎて、このまま放っといたら死んでたかもしれないよ」と病院の先生に言われたという。喉が詰まりかけている状態で、これが完全に詰まってしまうと呼吸ができなくなって命を落としてしまう危険性もあった。「鏡で自分の喉を見てみたらやばさが分かる」と先生に言われた後、確認してみると、腫れすぎて喉の奥の空洞がほとんどない状態だったそうだ。

 しかし、その3日後。エミリンは「モーツァルト初日観劇してきました…よすぎた…」というコメントをInstagramで投稿。山崎育三郎・古川雄大の人気俳優ダブルキャストで話題のミュージカル『モーツァルト!』は、発熱をはじめ「のどの痛み」があるなど、体調不良の人の入場を断る注意書きがされていた。

 コレコレは、急性扁桃炎の感染経路は外から入ったウイルスや細菌であり、周りの人に感染するリスクがあると指摘。インフルエンザほどの感染力はないものの、免疫力が下がっていた場合、感染することもあると説明した。

 エミリンは、この件をコレコレが取り上げると、すぐに「私が急性扁桃炎のときにミュージカルに行ったことで、一部の方からご指摘いただいているのですが、扁桃腺が腫れているものの、ウイルス性のうつるようなものではなく、咳や発熱など他の症状もなく、PCR検査も陰性で、体調も良かったので当日病院に行き、先生からも許可を頂いたうえで観劇させていただきました。ご心配をおかけしてしまい申し訳ございません」というコメントを投稿。

 しかし、コレコレは「おかしくない?」「それなら、『腫れがかなりひどい状態のため1週間くらい絶対安静と言われました』とあるけど、お医者さんが急に意見を変えたってことですか?」「どういう時系列になってるの?」とすかさず疑問を口にした。

 たしかに、4月5日に一週間は絶対安静と言われ、8日の朝に「もう大丈夫」と言われるのはおかしい気もする。ちなみに、エミリンは「一週間は絶対安静と言われました」と書いたツイートを削除している。

 エミリンと言えば、昨年4月、外出自粛を促す東京都のテレビCMにも出演していたが、緊急事態宣言下の4月にもコラボ動画やコンセプトカフェに行った動画など、外出しているものが多く、視聴者から疑問の声が上がっていた。

 エミリンは動画の概要欄に「外出自粛要請が出る前に撮った」と注意書きしており、「現在は不要不急の外出を一切せず、家にずっとおりますのでご安心ください」と説明。しかし、その後、友人とのコラボ動画に登場するお菓子・ラムネバーが4月6日発売であることから嘘がバレ、大炎上した。

 しかし、エミリンはこの動画を削除したうえ、「自粛」などの言葉を禁止ワードにして逃亡。結局、ちゃんと謝罪することはなく、今年2月にヒカルとコラボした際にも「それに関してはまず、私自身ほんとに自粛してないとか嘘をついて皆さまを故意に騙してとかそういうことはほんとに一切しておりません」と説明。事務所の契約上NGになるため、すべて説明したいができないと言葉を濁していた。

 エミリンは今まで数々の炎上騒動を起こしてきたが、はっきりと謝罪したのは不倫匂わせ事件のことだけで、毎回、問題の動画やツイートを消して「なかったこと」にしてきた。今回も、エミリンの説明に疑問を感じる人は多いようだ。

「エミリンが急性扁桃炎で「一週間は絶対安静」と言われる中ミュージカルを観劇 批判が殺到する事態に」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。