宮迫博之、吉本芸人とのYouTubeコラボに暗雲? 岡村隆史は「吉本の会長が『もう話するな』言うてはるから、こっちも話しせん方がええ」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
宮迫博之、吉本芸人とのYouTubeコラボに暗雲? 岡村隆史は「吉本の会長が『もう話するな』言うてはるから、こっちも話しせん方がええ」の画像1

宮迫博之Instagramより

 雨上がり決死隊・宮迫博之に、吉本興業から“直営業”をしないでほしいという申し入れがあったという。

 「スポニチアネックス」によると、これまで宮迫のYouTubeには吉本興業所属のさまざまな芸人がゲスト出演していたが、宮迫が同社を通さず、芸人たちを直接ブッキングしていたことが問題視されていたという。

 そのため、吉本興業は宮迫に対して事務所を通すように要請。<3月末ごろに連絡があったようです。“仕事をするなら吉本興業を通してもらいたいと言われた”と聞きました>と芸人仲間が証言している。吉本興業が直接のブッキングを嫌がる理由は、収録時間が押して所属芸人のスケジュールに影響が出ることや、出演料の交渉などがかかわっているそうだ。

 このニュースにネット上では、「芸人とはいえ、組織に所属する人間だから会社に了承を得るのが社会的通念」「吉本が問題視しているのは宮迫の直接オファーというより吉本に報告せずやってる芸人がいるって事なんじゃないの?」など、宮迫のオファーを受けた芸人側の問題点を指摘する声があがっている。

 一方、宮迫が先日、YouTubeで「自身にまつわるデタラメな内容がネットニュースになっていることがある」と明かしていたこともあり、「さすがにマネージャーに無断で出演はありえないと思う」「この記事が本当かどうかわからない」と、報道自体を疑う声も少なからず出ている。

大御所芸人も宮迫博之に苦言

 宮迫博之のYouTubeチャンネルには、これまで千原ジュニア、FUJIWARA、品川庄司・品川祐などの吉本芸人がゲスト出演している。特に、3月に公開されたジュニアとの動画は、これまで“犬猿の仲”と噂されていた2人の共演ということで注目を集めただけでなく、動画での緊張感あるやりとりが「本当に仲が悪いのが伝わってくる」との憶測まで広まった。

 2人は後にそれぞれのYouTubeチャンネルで共演について振り返っており、宮迫は<揉めたこともあるけど、建設的な話ですし、芸人では仲良い方>と明かし、ジュニアも不仲説について否定した上で<宮迫さんの良いところを全然引き出せてないから、YouTubeとしては俺があかんわな>と反省点を述べている。

 ただ、今回の直営業NG報道しかり、吉本興業側が宮迫に対してネガティブな印象を持っていると感じられる動きはこれまでもあった。今年2月12日発売の「FRIDAY」2月26日号(講談社)では、同誌の直撃取材に答えた吉本興業の大﨑洋会長が、宮迫が吉本興業に戻りたいと言っていることについて<いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちYouTubeでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよって。今、十分稼げてるんやから、ややこしいことしなくてええやろ>とバッサリ切り捨てるようなコメントをしたことが話題になっている。

 大崎会長の発言を受けてか、3月18日放送のラジオ『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史は宮迫について<それなりにYouTubeで頑張ってはるからアレなんでしょうけど><会長が『あんまりもう話するな』と言うてはるから、こっちも話しせん方がええと思います>と言及。

 岡村は昨年1月31日の同ラジオでも、宮迫がYouTuberになったことについて<昔からの仲間は『正直言うと反対や』と。僕なんかもYouTubeじゃなくてって思って><別にYouTubeをやることはいいんですけど、順番として、まずホトちゃんと雨上がり決死隊として、何かお客さんの前からやるのがいいんじゃないのかな><ホトちゃんの意見もちゃんと聞いて、ちゃんとやらなあきませんわ。『相方の横に戻りたい』ってYouTubeで言うのは僕はちょっと違うと思っている>と批判的に語っており、もともと宮迫がYouTuberとして活動することに違和感があったようだ。

 ちなみに宮迫は、岡村が結婚を発表した昨年10月、Twitterを更新して<岡村が結婚か~良かったなぁ~。緊急動画撮りましょうと言われたけど、何か違うと思ったのでTwitterにて、おめでとう 素敵人に出逢ったな。新婚の内にまた共演出来るよう頑張るわ>(原文ママ)と祝福していたが、状況を考えると共演はしばらく難しいかもしれない。

「宮迫博之、吉本芸人とのYouTubeコラボに暗雲? 岡村隆史は「吉本の会長が『もう話するな』言うてはるから、こっちも話しせん方がええ」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。