華原朋美に「精神不安定?」と心配の声 暴行トラブルで警察沙汰も“勘違い”だった?

文=田口るい
【この記事のキーワード】
華原朋美に「精神不安定?」と心配の声 暴行トラブルで警察沙汰も勘違いだった?の画像1

華原朋美Instagramより

 歌手の華原朋美が、警察沙汰となった暴行トラブルについて“勘違い”していたと報じられ、ネットをざわつかせている。

 発端は、大手出版社である光文社の男性記者が華原の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、16日に暴行の疑いで現行犯逮捕されたこと。この日、華原はタクシーで移動中、男性記者が乗車するタクシーに30分以上、後をつけられていると気づき、品川区内で停車。男性記者のタクシーも近くに止まったため、華原が乗り込んで男性記者を問い詰めたところ、暴行を受けたという。すかさず華原が通報し、駆けつけた警察官が男性記者を逮捕した……という流れであった。

 華原は事件から2日後の18日、Twitterを更新し、逮捕された男性記者にストーカーされていたと告白。さらに、暴行されたことでケガをしているとも明かしていた(現在は削除)。

<実は3週間前から今回逮捕された犯人が私と息子をストーカーしてる事に恐怖を感じてました>
<息子に何かあったら取り返しのつかない事になるので勇気を持って私から犯人を捕まえ110番しました>
<全身を使って犯人を捕まえたので相当の体力を使ったと思います。熱も出てしまい病院に行きました。全ては息子を守る為に行動した次第です>
<左腕のしびれが止まりません>
<今後警察に捕まった犯人に対してどの様な行動を起こすかは弁護士と話し合う予定です>

 しかし、今回のトラブルについて、華原が“勘違い”していた部分があると「東京スポーツ」のweb版が報じている。記事によると、華原は3週間前にラーメン店を訪れた際、熱烈なファンとみられる男性に遭遇して恐怖を感じていたという。華原は今回逮捕された男性記者をラーメン店で遭遇したストーカーだと思い込んでいたが、実際は別人であり、彼女の勘違いだったというのだ。

 また、同ニュースサイトでは華原の担当者にも取材。<(華原は記者から)殴ったり蹴ったりされたわけではないんです>と説明しており、実際2人は押し合いになっていたそうだ。

 このニュースにネットでは「精神不安定なのかな?」と男性記者をストーカーだと勘違いしていた華原を心配する声が寄せられてるほか、「記者がともちゃんを追いかけてたのは事実で勘違いされてもおかしくない」「どっちにしてもつけ回した記者が悪い」など、華原を尾行していた記者を非難する声も出ている。

高嶋ちさ子とのトラブルと復帰劇

 華原朋美といえば、昨年8月にヴァイオリニスト・高嶋ちさ子に紹介されたベビーシッターが、彼女の息子を虐待していたと「FRIDAY」(講談社)で報じられて騒ぎに。しかし、9月23日には、YouTubeで高嶋と前所属事務所・尾木プロダクションの尾木徹社長への“号泣謝罪”動画を公開するという予想外の展開が起こった。

 件の動画で<私の勘違いであり、そして虐待ではありませんでした。そのことについてものすごく反省しております。大変申し訳ございませんでした>と涙ながらに謝罪し、虐待報道は自身の勘違いだったと釈明した華原。以降、しばらくSNSやYouTubeの更新が途絶えていたため、ファンからは心配の声が続出し、中には華原がそのような状態になったのは高嶋のせいではないかとして、高嶋のSNSに批判コメントを書き込む者も。なお、一部の報道では、華原は精神的に追い詰められており、家族が病院に入院させたと伝えている。

 その後、華原は同年12月頃からYouTubeチャンネルの更新を再開し、趣味の乗馬を楽しんだり、ディナーショーを行ったことを報告したりと、元気そうな様子を見せていた。さらに、4月1日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際には<金がすべてっすよ><闇を抱えた女です>と赤裸々に明かし、<『LOVE BRACE』がデブブレスになりますからね>と自身の楽曲と現在の体型をひっかけた自虐ネタなども披露し、ネットで大きな注目を集めた。

 今回の暴行トラブルにまつわる勘違いは、華原が早とちりしていた部分も確かにあるのかもしれない。とはいえ、前述したようにここ1年弱でさまざまな出来事があった彼女であるがゆえに、冷静な判断ができなかったのも仕方ないともいえるだろう。さらに、息子はまだ1歳で手がかかり、仕事と子育ての両立で疲弊していたとも考えられる。華原が安心・安定して生活できるような環境が整うといいのだが……。

「華原朋美に「精神不安定?」と心配の声 暴行トラブルで警察沙汰も“勘違い”だった?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。