華原朋美が驚きの暴露…高級マンションを追い出されるきっかけとなったファンとのいざこざとは

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 華原朋美がTKO木下隆行のYouTubeチャンネルに出演。小室哲哉のことやアンチとの闘いについてぶっちゃけた。

 華原は数々のコラボ依頼を断っており、なんと、TKO木下の依頼だけ特別に受けたのだという。その理由は、木下が「イイ人だから」。華原は小太りな人が好きで、「小太りは人の良さを表している」という持論を持っているらしい。

 木下は2019年に後輩へのパワハラが報じられて批判が殺到し、評判を大きく落とした。いまでもそのイメージは変わっていないが、にも関わらず「イイ人だから」と評価するとは、華原はやはり独特なキャラクターの人である。

 華原はカタカナで「チャリーン」と書かれたトレーナー姿で現れたが、そのファッションについて話を振られると、「チャリーン(お金)がないと生きていけないでしょ? チャリーンがないと。私、息子が生まれたんですけど、愛はあってもチャリーンがないと愛は継続できないじゃないですか」と、どこまでも華原節だ。

 そんな華原のぶっちゃけはどこまでも止まらない。かつての恋人である小室哲哉についても「私はね、捨てられた身だから」とハキハキと答えたうえ、globeや元妻のKEIKOにまで言及した。

 華原はこれまでKEIKOが病気療養のため活動を休止している間、globeの楽曲をステージで歌ってきたという。「朋ちゃんが歌う歌ではない」とファンから言われることもあったが、それでも歌い続けたのは、小室へのリスペクトの思いがあり、彼がつくった楽曲を残していきたいという思いがあったという。

 とはいえ、そんないい話をしたかと思えば、急に180度態度を変えて、「そんなこと言ったって、(歌った理由は)結局、チャリーンですからね!」とおどけてみせるなど、どこまでも華原の真意は分からない。

 華原は昔から批判的な意見を言うアンチと正面から戦ってきたという。驚くことに、「2ちゃんねる」(現在は「5ちゃんねる」)までチェックし、書かれた悪口に反論したこともあるという。

 それは一回や二回ではなく、何年も継続して行われていた。しまいには住所がバレたことにより、当時住んでいた六本木の高級マンションの管理会社に連絡が行って、引っ越しを余儀なくされたそうだ。

 そんな振る舞いを当時の所属事務所の社長に注意され、匿名の書き込みに反論するようなことはなくなったが、いまでもYahoo!ニュースのコメント欄は逐一チェックしているという。

 ちなみに、華原と言えば、今月16日に、東京・品川区をタクシーで通行中、後方からつけてくるタクシーを見つけ、車を止めて問いただしたところ、男性客から腕をつかまれるなどの暴行にあったとして騒ぎになった。

 Twitterの投稿(現在は削除済み)によれば、華原は男性からストーカーをされていると思い、そのような行動にいたったようだ。マネージャーや警察に助けを求めるのではなく、自分から立ち向かっていくというのは驚きだが、かつて匿名掲示板で行われていた攻防を聞くと、そんなに不思議なことでもないと思ってしまうのであった。

「華原朋美が驚きの暴露…高級マンションを追い出されるきっかけとなったファンとのいざこざとは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。