キンプリ「事務所から冷遇されている説」払拭か 岸優太も月9決定で俳優業が順調!

文=田口るい
【この記事のキーワード】
キンプリ「事務所から冷遇されている説」払拭か 岸優太も月9決定で俳優業が順調!の画像1

Johnny’s netより

  King & Prince(キンプリ)の岸優太が、6月クールの月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)に出演する。

 同作は “昼夜完全交代制”を試験的に導入した病院を舞台に、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」結成のために集められた医師たちが、さまざまな関わりの中で絆を深めていく完全オリジナルの青春群像医療ドラマ。岸は、亡くなった両親に代わって病気がちの妹の面倒をみる元内科医・深澤新というメインキャストを演じる。

 今回、岸は月9ドラマ初出演。しかもドラマ出演自体、キンプリとしてデビューして以降、初となっている。デビューしてからの岸は『VS魂』(フジテレビ系)や『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)といったバラエティで“天然キャラ”をさく裂させていることもあって、俳優としてのイメージがあまりないかもしれない。

 しかし、デビュー前から舞台やドラマへの出演で演技の経験を積んでおり、2019年・2020年には舞台『DREAM BOYS』で2年連続主演を務めていた。ファンの間ではJr.時代から演技力が高く評価されており、月9出演を機に、岸の演技派としての一面が広く知られるようになるかもしれない。

 岸のみならず、このところキンプリメンバーは俳優としての活動がめざましい。高橋海人は4月クールのドラマ『ドラゴン桜 第2シリーズ』(TBS系)にメインの生徒役として出演中だ。4月25日に放送された第1話では、高橋演じる瀬戸輝が、実家のラーメン屋を一人で切り盛りする姉を手伝うという健気な一面がありながらも、阿部寛演じる主人公で元暴走族の弁護士・桜木健二を陥れるために他の生徒を操っていたことが判明。瀬戸が持つ二面性を表現した高橋について、ネットでは「目の演技がすさまじい」「引き込まれる」と絶賛の声があがっていた。

 また、永瀬廉は5月17日から放送がスタートするNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で、漁師の及川亮を演じる。『おかえりモネ』の公式Twitterでは、及川亮を演じるために金髪ヘアで日焼けした永瀬の写真が公開されており、また、及川亮のキャラクターについては<高校卒業後、すぐに漁師見習いとして船に乗り始める。無自覚系だが、とにかくモテる>と紹介されている。これに対しファンからは「無自覚系だなんて… 罪深いですね」「とにかくモテるのも頷けるかっこよさ」といったリプライが殺到していた。

 平野紫耀は2019年9月に公開された主演映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の続編が今年8月に公開予定。また、神宮寺勇太も、岸とともに舞台『DREAM BOYS』に2年連続で出演しており、今後俳優としての活躍が期待されている。

 ジャニーズJr.のユニットである「なにわ男子」が冠番組を持っているにもかかわらず、デビュー組のキンプリにはないことから、「ジャニーズ事務所に冷遇されているのでは」との不穏な噂もされていたが、メンバーのドラマ出演が続々と決まっているところを見ると、そうした心配はないようだ。

 3月いっぱいで岩橋玄樹が脱退し、新体制となったキンプリだが、今後は演技派アイドルとしてのポジションを確立していくかもしれない。

「キンプリ「事務所から冷遇されている説」払拭か 岸優太も月9決定で俳優業が順調!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。