スウェーデン発の照明ブランド「BELID」が日本初上陸

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

スウェーデン発の照明ブランド「BELID」が日本初上陸の画像1

 スウェーデン発の照明ブランド「BELID(ベリッド)」。一点一点、職人によるハンドクラフトで製造されており、高品質と機能性を備えた照明として世界で高い評価を得ています。

 家具・インテリアショップの運営、空間デザインなど手掛けるリグナ株式会社(東京都中央区)は、同社と日本における独占販売契約を締結し、オンラインショップ「リグナ」やショールーム「リグナテラス東京」での取り扱いを開始します。

 なお、販売開始に合わせ、同オンラインショップでは「BELID」の特集ページ(https://www.rigna.com/contents/article/156/)も公開されました。スウェーデン発の照明ブランド「BELID」が日本初上陸の画像2

 BELIDは1969年にスウェーデン西海岸のVarberg(ヴァルベリ)で、金属加工を中心に生産を開始しました。加工生産技術は早くから培われ、高品質の照明器具を製造するという創業者のビジョンとなりました。以来、この伝統的なハンドクラフトで、数十年にわたり最高の北欧品質と機能性を備えた照明を製造し、現在では同地域でも有数のサプライヤーとなっています。

 日本では1灯で部屋全体を照らすスタイルが主流ですが、北欧の人々の明かりの取り入れ方は“多灯”で、明かりの必要な場所だけを照らします。北欧の国々は、夏でも日照時間が短く、太陽の光はとても貴重。そのため、光を大切にしてきた北欧の人々の作る照明器具には、計算された光の美しさや、デザイン、機能性が備わっているのです。

■リグナの「BELID」取り扱い商品一例

スウェーデン発の照明ブランド「BELID」が日本初上陸の画像3

商品名:ディアブロ ペンダントライト
価格:110,000円(税込)
販売ページURL:https://www.rigna.com/item/25724
柔らかく優しい光を、フレームで包み込んだようなデザインとなっています。下から見たときと正面で見たときでは、違う表情を見せるところが魅力ポイント。絶妙なカーブとフレームから透けて見える温かい光が、ワンランク上のお部屋を演出します。

スウェーデン発の照明ブランド「BELID」が日本初上陸の画像4

商品名:プリムス ペンダントライト
価格:55,000円(税込)
販売ページURL:https://www.rigna.com/item/25725
直径43cmとやや大きめですが、フレームが薄く、重い印象を与えず、広範囲に照らしてくれるので、ダイニングテーブルの上に配置するのがおすすめです。

スウェーデン発の照明ブランド「BELID」が日本初上陸の画像5

商品名:ピカッソ ペンダントライト (ダクトレール取付仕様)
価格:36,000円 ~ 38,000円(税込)
販売ページURL:https://www.rigna.com/item/25726
カラーは、「アボカドグリーン」「オキシドグレー」「ホワイト」の3種類の中からお選びいただけます。1灯使いだけでなく、2灯3灯と複数使いがおすすめのペンダントライトです。複数使いするときは、ほかのカラーと組み合わせると、さらにお洒落に仕上がります。

オンラインショップ「Rigna」:https://www.rigna.com/ 

「スウェーデン発の照明ブランド「BELID」が日本初上陸」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。