コブクロ黒田にショッキングな不倫報道 それでも“ミュージシャンの不倫”はダメージが少ない?

文=田口るい
【この記事のキーワード】
コブクロ黒田にショッキングな不倫報道 それでもミュージシャンの不倫はダメージが少ない?の画像1

コブクロ公式サイトより

 コブクロの黒田俊介が不倫を報じられ、所属事務所が謝罪する事態となっている。

 黒田は11日配信の「週刊文春 電子版」(文藝春秋)と12日発売の「週刊文春」(前同)にて、不倫関係にあった30代独身女性・A子さんが自殺未遂したというトラブルが報じられた。

 記事によると、黒田とA子さんは2019年秋から不倫関係になり、黒田は出張先にA子さんを呼んだり、A子さんの家族にもブランド品をプレゼントするなどしていたという。しかし、昨年から2人の関係が悪化したことで、A子さんは精神的に不安定になり、黒田とのLINEのやりとりなどを黒田宅のポストに投函するといった行為をするようになったとのこと。これを受けて、黒田の代理人弁護士はストーカー行為にあたるとしてA子さんに警告し、警察にも相談していた。

 しかし、今年1月にうつ病と診断されていたA子さんは、「黒田さんは、私のことはもうどうでもいいと思っている」と感じ、4月13日未明に多量の薬を服用して自殺未遂を図ったという。

 なお、黒田側は5月10日に、自身の不倫についての記事が掲載された「週刊文春」の出版差し止めを請求する「仮処分命令申立書」を東京地方裁判所民事部に提出したが、東京地裁は翌11日に仮処分申請を却下し、A子さんの自殺未遂が虚偽であると認めることはできないと判断したようだ。

 今回の報道を受けて、コブクロの公式サイトでは<黒田俊介に関する『週刊文春』の記事に関するお詫び>と題した文書を公開。黒田本人というよりは、所属事務所が本人に代わって謝罪しているニュアンスが強い内容だ。

<本日配信されました、『コブクロ』の黒田俊介に関する『週刊文春』の記事につきまして、記事に掲載されている女性、ご家族に対して大変ご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます>

<このような記事に至ったことは、黒田の不徳のいたすところであり、大変責任を感じております>

<このような事態に至り、普段から応援していただいているファンのみなさま、大変お世話になっている関係者のみなさま、そして家族、友人を含め、信頼してくださっているみなさまに対して、ご迷惑をおかけしましたことを、大変重く受け止めております。この度は、誠に申し訳ありませんでした>

 不倫相手の女性が自殺未遂を図るというショッキングな内容に、ネットでは「相手が自殺未遂となると重い」「相手をストーカー扱いするのも誠意が感じられない」と否定的な反応が続出。また、「不倫相手が自殺未遂とは奥さんの心労も半端ないだろう」と黒田の妻を心配する声も少なくなかった。さらに、黒田の相方の小渕健太郎も2016年に不倫が報じられたことがあったため、「もうコブクロの曲で感動することはない」と落胆の声もあがっている。

不倫でもミュージシャンはノーダメージ?

 コブクロのみならず、男性ミュージシャンの不倫はこれまで数え切れないほど報じられてきた。GLAY・TERUはPUFFY・大貫亜美と不倫の末に略奪婚という形で結ばれ、Mr.Children・桜井和寿は一般女性との婚姻期間中にセクシーアイドルグループ・ギリギリガールズの吉野美佳と不倫し、後に一般女性と離婚して吉野と再婚した。

 また、FUNKY MONKEY BABYSのメンバーであったファンキー加藤は、アンタッチャブル・柴田英嗣の元妻と不倫した末、柴田の元妻が妊娠。最終的に加藤は子どもを認知し、養育費を支払っているという。さらに、ゲスの極み乙女。の川谷絵音は、ベッキーとの“ゲス不倫”で世間を大きく騒がせたことがある。

 彼らは不倫発覚時こそバッシングを浴びたものの、その後も人気ミュージシャンとして第一線で活躍している。ミュージシャンは好感度やイメージよりも作品で評価される傾向にあるためか、不倫スキャンダルが発覚してもダメージが少なくて済むことも珍しくないのだ。

 ただ、ファンキー加藤やコブクロは、純愛ソングを多数発表していたこともあり、不倫とのイメージ落差が激しいことに嫌悪感をあらわにするファンもいる。今後、楽曲の方向性を転換するなどして挽回することも可能ではあると思われるが、イメージ回復には時間がかかるだろう。

「コブクロ黒田にショッキングな不倫報道 それでも“ミュージシャンの不倫”はダメージが少ない?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。