なにわ男子とTravis Japan、デビュー発表を巡ってファンが対立 ストスノに続く“同時デビュー”に反対の声も

文=田口るい
【この記事のキーワード】
なにわ男子とTravis Japan、デビュー発表を巡ってファンが対立 ストスノに続く同時デビューに反対の声もの画像1

なにわ男子とTravis Japan

 関西ジャニーズJr.のユニット・なにわ男子が、7月から9月にかけて全国ツアー「なにわ男子 First Arena Tour 2021 #なにわ男子しか勝たん」を開催することを発表。これを受けて、一部のなにわ男子ファンはSNSで「ツアー中にデビューを発表するのでは」とざわついているが、同じくジャニーズJr.のユニット・Travis Japan(通称:トラジャ)のファンが「トラジャのデビューが先」と対抗し騒ぎになっている。

 なにわ男子は今回のツアーで、宮城・神奈川・福岡・愛知・兵庫・北海道・新潟を回るが、神奈川・横浜アリーナ公演の最終日は7月28日。「なにわ」の日であることから、この日にデビューを発表するのではないかとの憶測が広がっている。

 しかし、これに異を唱えたのが一部のTravis Japanファン。Travis Japanは4月10日、ユニット初となる全国ツアーの東京公演で、メンバーの松田元太が<『デビューします』という強い気持ちがある。待っていてください>と発言。さらに、5月23日に神奈川・パシフィコ横浜の国立大ホールで開催されるツアー最終公演の昼の部が生配信されることや、グループ初となる冠ラジオ番組『Travis JapanのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)が放送されることが発表されたため、ファンは「5月23日にデビューを発表するのでは」と期待を膨らませている。

 こうしたことから、一部のTravis Japanファンは、なにわ男子が全国ツアー中にデビューを発表するという噂に対して「次のデビューはトラジャだから」と敏感に反応。また、なにわ男子とTravis Japanは、Jr.ユニットの中でもかねてよりデビューが有力視されており、どちらがデビューしてもおかしくないほどの人気を誇っていることから、「同時デビューの可能性もある?」「同時デビューだけはやめてほしい」との声も少なくない。

 なにわ男子とTravis Japanのファンが、彼らの同時デビューに抵抗を示しているのは、昨年同時デビューを果たしたSixTONESとSnow Manの例があるためだ。

争いが絶えないSnow ManとSixTONESのファン

 SixTONESとSnow Manは、2020年1月に“SixTONES vs Snow Man”「Imitation Rain / D.D.」(SixTONES版)、“Snow Man vs SixTONE”「D.D. / Imitation Rain」(Snow Man版)という2つの名義とタイトルでデビューシングルをリリース。SixTONESは「ソニー」、Snow Manは「エイベックス」とそれぞれ所属レーベルが異なるにもかかわらず、お互いのデビュー曲が収録されている“合作CD”という異例の形でデビューを果たした。

 同シングルは100万枚以上の売上を達成する大ヒットとなったが、SixTONESファンとSnow Manファンはお互いに推しグループの売上を競うようになり、SixTONES盤・Snow Man盤でそれぞれ単独ミリオンセラーを目指す動きが激化。中には対抗心が行き過ぎたのか、ライバルグループのメンバーやファンを誹謗中傷する人まで現れた。結果、Snow Man盤は単独でもミリオンセラーを記録したが、それ以降は双方のグループがシングルをリリースする度に、それぞれの売上を比較する一部ファン同士の争いが起こるという流れになっている。

 SixTONESとSnow Manのファン同士の対立を見てきたであろう、なにわ男子とTravis Japanのファンとしては、他グループのファンと対立することなく、平和に応援したいと考えているのかもしれない。

 ただ、SixTONESとSnow Manは前述の“VS売り”によってデビューシングルの売上が飛躍的に伸びたと思われる。ジャニーズ事務所としては、デビューさせるグループにはそれなりの売上を見込みたいという狙いはもちろんあり、ふたたび同時デビューという形をとるグループが現れても不思議ではないだろう。

「なにわ男子とTravis Japan、デビュー発表を巡ってファンが対立 ストスノに続く“同時デビュー”に反対の声も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。