プラスサイズモデルのNaoさんが発信する、ありのままの容姿を楽しむ人生 「美とは自信をもって堂々としている姿」

文=小澤佐知子
【この記事のキーワード】
プラスサイズモデルのNaoさんが発信する、ありのままの容姿を楽しむ人生 「美とは自信をもって堂々としている姿」の画像1

「ありのままの容姿を楽しむ人生を」と発信するNaoさん

 自分の容姿に自信が持てず悩む女性は、少なくありません。しかし、“美しい=瘦せている”という価値観に縛られる必要はあるのでしょうか?

 今回はプラスサイズ女性専門のファッション誌『la farfa(ラ・ファーファ)』(ぶんか社※)でモデルを務めるNaoさんにインタビュー。ありのままの自分の容姿を楽しむ人生にシフトするためのアドバイスをお話いただきました。

※2019年7月から、ぶんか社グループ文友舎が発行。

前編はこちら

プラスサイズモデルのNaoさんが発信する、ありのままの容姿を楽しむ人生 「美とは自信をもって堂々としている姿」の画像2

Nao (なお)
1986年生まれ。2013年より雑誌『la farfa』(文友舎)でプラスサイズモデルとしての活動を開始。自身の摂食障害の体験をもとに、SNSでの発信やコラム執筆・講演などで自己否定感に悩む女性に向けた啓発活動を行う。

公式サイト:https://www.naoyoshino.com/

twitter:@cheese_in_Nao

instagram:naopappa

心が満足する食事で過食から抜け出せた

――過激なダイエットで心身のバランスを崩された経験から、“きれい=痩せている” という価値観から抜け出して、日常生活にはどんな変化が起きましたか?

Naoさん:まず、痩せていた頃に着ていた服を、すべて処分しました。「痩せたらまた着よう」と考えて、ダイエットしてしまうからです(笑)。

――なるほど(笑)。

Naoさん:食事はカロリーばかりを気にしていましたが、“自分が欲しているもの”を食べるようにしました。すると、心から「美味しい!」と満足できて自然と過食がなくなりました。ダイエットでもなく過食でもなく、“普通の食事”ができるようになった結果、痩せることまでできたのです。これは大きな発見でした。

――“きれい=痩せている”の価値観から離れるために、工夫されたことはありますか?

Naoさん:ダイエット関連本を処分し、コンプレックス広告やダイエット商品などの情報もシャットアウトしました。社会にはダイエット情報が氾濫しているので大変でしたが、次第に慣れていきましたね。

――多くの人は、他者の目を気にしてマジョリティであることに安心しますが、なぜこんんなにも人の目が気になるのでしょうか?

Naoさん: ‟不安“だからではないでしょうか。根底に不安があるから自分に自信が持てない。かつて、交際相手に「痩せろ!」と言われて私がダイエットに励んだのも、「痩せなかったらフラれちゃうかも……」という不安があったんだと思います。そう思い至ったのは、ありのままの自分に自信がなかったのでしょう。

――誰しも、自信がなくて不安に陥ることってありますね。

Naoさん:でも、「今のままでいい、ありのままの自分を受け入れよう!」と考えを変えたら、周囲の反応や出会う人が変化しました。それまでは、「ダイエットして痩せたら?」と言ってくる人が多かったのですが、「自信をもって生きていて素敵だ」と言ってくれる人が増えてきて。

 その頃、『ラ・ファーファ』のモデルの仕事が決まり、友だちからも「自分らしく生きられる仕事に出会えてよかったね」と言ってもらえて、うれしかったですね。

――マインドが変わって、人生が好転したんですね。

Naoさん:最初は、「そのままのキミが素敵!」って言葉に半信半疑でした。自分のことが嫌いでしたから、「本当はダイエットしたほうがいいって思っているんじゃないか…」と疑っていました。

 それが変わったのは、食べたいものを食べるという行動をするようになってから。些細なことかもしれませんが、無理なダイエットから抜け出せない人にとっては大きな一歩だと思います。自分の心の声に耳を傾け、食べたいものを自ら選択するという行為ですから。

――他者ありきではなく、軸が自分にあるということですね。

Naoさん:そうですね。それまで「自分は太っているからダメだ」と決めつけていたのが、「そうではない」とマインドをシフトすると、食べたいものが食べられるようになって過食がおさまり、心も明るくなりました。そして、周囲の反応も変わる――私にとっては、自信をもつための大事なプロセスでした。

――ポジティブな思考による連鎖反応ですね。今、“ありのままの自分を受け入れ愛する”という「ボディポジティブ」の考えが広まりつつあります。このムーブメントが起きた理由は、なんでしょうか?

Naoさん:渡辺直美さんなど、プラスサイズ女性の活躍が挙げられますが、1番はインスタグラムなどのSNSの普及だと思います。

 今は『ラ・ファーファ』の読者やプラスサイズの女性たちが、ファッションを楽しむ写真をSNSで発信しています。以前は、SNSで写真をアップすると「太っているくせに」みたいな失礼なコメントもありましたが、今では「その服、すごく可愛いですね!」、「私も買います!」という声が圧倒的です。身体の大きな子がオシャレを楽しむ姿に、「勇気をもらえました!」というポジティブな連鎖が生まれてうれしいですね。

――その一方で、「SNS疲れ」という言葉があります。他者とつながるSNSは、使い方次第で自信を失いかねない面もありますが、それに関してはどう考えていますか?

Naoさん:自信をなくすようなフォローは外す(笑)。知人のひとりに、すべてのSNSをやめたら、ダイエットのストレスから抜け出して健康を取り戻した方がいました。時には、情報をシャットアウトすることも必要だと思います。

魅力のもとは、心の声を大切に生きること

――Naoさんにとって、「美」とは何でしょうか?

Naoさん:私が感じる美しさは、不安がなく自信をもって堂々としている姿かな。そんな人って、キラキラしていて魅力的ですよね。

 かつての私のように「自信がない自分がイヤ」という人には、「自信は後からついてくる」とエールを贈りたい。始めから「私はどうせ……」と尻込みせずに、いろんなことにトライしてもらいたいです。パーフェクトな人はいないし、完璧である必要もない。自分を心の声を大切にして生きていけたら幸せですね。

(インタビュー・文=小澤佐知子)

●『la farfa』(ラ・ファーファ)
「日本初の“ぽっちゃり女子”のための本格ファッション誌」をコンセプトに、2013年3月に創刊。雑誌名はイタリア語で「蝶」を意味する「farfalla(ファルファッラ)」に由来。サナギが華やかな蝶になって羽ばたくように読者にも綺麗に変身してほしいという願いが込められている。奇数月20日発売。

公式サイト『@la farfa』: https://lafarfa.jp/
公式Twitter :@la_farfa_info
公式Instagram :lafarfa.official

「プラスサイズモデルのNaoさんが発信する、ありのままの容姿を楽しむ人生 「美とは自信をもって堂々としている姿」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。