『大豆田とわ子と三人の元夫』が「週刊女性」の記事を否定 止まらない週刊誌の誤報

文=田口るい
【この記事のキーワード】
『大豆田とわ子と三人の元夫』が「週刊女性」の記事を否定 止まらない週刊誌の誤報の画像1

『大豆田とわ子と三人の元夫』公式サイトより

 現在放送中の松たか子主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系)の公式ツイッターが、5月18日発売「週刊女性」(主婦と生活社)による同ドラマにまつわる記事内容を“事実無根”だと否定する騒動があった。

 まず同月17日、『大豆田とわ子と三人の元夫』公式ツイッターは以下のようにツイートした。

<通常このようなお知らせはいたしませんが、明日発売のある女性週刊誌に、鹿太郎のキャスティングについて書かれた記事が掲載されます。すべて事実無根、根も葉もないデマですので、全力で無視を宜しくお願いします。鹿太郎は角田さんしかいないし、角田さんだから鹿太郎です>

 すると翌18日発売の「週刊女性」は、同ドラマで角田晃広(東京03)が演じている佐藤鹿太郎役は、実は『特捜9 season4』(テレビ朝日系)に出演している吹越満がキャスティング候補に挙がっていたという記事を掲載。

 同誌によると、吹越と旧知の仲である同ドラマのプロデューサーが彼に直接相談していたものの、吹越はその話を断ったという。吹越は前シリーズから数えて15年もの間『特捜9 season4』に出演しており、『大豆田とわ子と三人の元夫』のオファーを受けると撮影時期が被ってしまうこともあって、出演は難しいと判断したのではないかというフジテレビ関係者の話も載っていた。

 『大豆田とわ子と三人の元夫』の公式ツイッターによれば、この記事は“すべて事実無根、根も葉もないデマ”ということで、ファンからは「公式さんが声を上げてくれて感謝です」「鹿太郎は角田さんにしかできません!」とさまざまなリプライが寄せられている。

 「週刊女性」といえば最近、記事の内容が誤報であったと謝罪するケースが続いている。2月9日発売の同誌では、今年1月クールのドラマ『俺の家の話』(TBS系)で元プロレスラー役を演じていた主演の長瀬智也が、プロレスシーンの撮影に備えてADにプロレス技をかけてカメラ写りをチェックしたところ、ADが受け身に失敗して体の痛みを訴えたと報じていたが、ドラマ関係者から「ありえない」との否定が続出。後に<再取材の結果、そうした事実の確認はできませんでした>と「週刊女性PRIME」にて訂正していた。

 また1月には、新型コロナウイルスに感染したSnow Man・宮舘涼太について、感染した原因が“女性との飲み会”だったとスクープ。そのことにジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長が激怒しており、宮舘は「クビになるかもしれない」と周囲に泣きついているという内容であったが、こちらもその後同誌は<そうした事実の確認はできませんでした>と訂正し、<宮舘涼太さん及び関係者にお詫びをして、ここに訂正いたします>と謝罪していた。

  このところ“誤報”が続いている「週刊女性」。週刊誌の記事内容は、必ずしも正しいわけではなく、タレント本人や所属事務所が否定した例はこれまでもあった。週刊誌やネットでは、日々さまざまな情報が飛び交っているが、すべて鵜呑みにすることなく、適切に取捨選択することが必要なのかもしれない。

「『大豆田とわ子と三人の元夫』が「週刊女性」の記事を否定 止まらない週刊誌の誤報」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。