「便ふたを閉めてから流す人」「せっけんで手洗いする人」が過半数を超える 在宅時間増加に伴うトイレの意識変化を調査

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

「便ふたを閉めてから流す人」「せっけんで手洗いする人」が過半数を超える 在宅時間増加に伴うトイレの意識変化を調査の画像1

 コロナ禍での在宅時間増加に伴う、自宅のトイレにおける意識の変化について、パナソニック株式会社 ハウジングシステム事業部(以下、パナソニック)がアンケート調査を行いました。

 その結果、「トイレ後に便ふたを閉めてから流す人」と、「せっけんで手洗いする人」が半数以上になり、以前よりも増加したことがわかりました。また、トイレ個室の外にある洗面化粧台で手を洗う人も増加しました。さらに、興味深いデータとしては、小便後にトイレットペーパーを使用する男性が4割近くもいることがわかりました。

 これらの結果から、コロナ禍の影響で、衛生面や感染リスクを気にするようになった意識変化のあることがうかがえます。「便ふたを閉めてから流す人」「せっけんで手洗いする人」が過半数を超える 在宅時間増加に伴うトイレの意識変化を調査の画像2

 「新型コロナウイルス感染拡大後、便ふたを閉めてから流すようになりましたか?」という質問への回答。閉めてから流すという人が過半数を占めました。また4人に1人(24.5%)が、コロナ禍を経て、閉めてから流すようになったことも判明。その理由は、1位「衛生面が気になるから」、2位「感染リスクが気になるから」、3位「清潔だと思うから」でした。

「便ふたを閉めてから流す人」「せっけんで手洗いする人」が過半数を超える 在宅時間増加に伴うトイレの意識変化を調査の画像3

 「新型コロナウイルス感染拡大後、ご自身が用を足した後の手洗いの方法に変化はありましたか?」の質問に対しては、大便時のみ、および、以前から実践していた人を含めると、せっけんを使って手を洗っている人が57.7%、新型コロナウイルス感染拡大後にせっけんをつけて洗うようになった人は、34.6%でした。大便の時だけせっけんで手を洗う(小便の時は水で洗う)や、小便の時は手を洗わないといった回答もありました。

「便ふたを閉めてから流す人」「せっけんで手洗いする人」が過半数を超える 在宅時間増加に伴うトイレの意識変化を調査の画像4

 「用を足した後にどこで手を洗いますか?」に対する回答。トイレ個室内に専用の手洗いがある家庭は少ない様子で、洗面台でしっかり手洗いをする人が多いようです。5年前の調査と比べると、「トイレタンク上の手洗い」で洗う人が減り(47.4%→34.2%)、トイレ個室の外にある洗面化粧台で手を洗う人が増えました(32.4%→46.1%)。「便ふたを閉めてから流す人」「せっけんで手洗いする人」が過半数を超える 在宅時間増加に伴うトイレの意識変化を調査の画像5

 その他、昨年8月実施の調査と比べた場合、「家庭内感染が気になる場所」は変わらずトイレが1位(微増)でした。また、「新型コロナウイルス感染拡大後、掃除が億劫になったり、負担が大きくなった場所」も、前回と変わらずトイレ掃除の負担が1位。

 「自宅のトイレでの小便スタイルに変化」については、前回と大差なく7割近くの男性が着座スタイルで、コロナ禍を経て着座するようになった方が増加しました(16.8%)。

 また、興味深いデータとしては、小便後にトイレットペーパーを使用する男性は4割近くに上り、そのうち、コロナ禍でペーパーを使うようになった方が15%という結果も。衛生面を気にする人の増加が考えられますね。

■調査概要
調査名:「トイレに関するアンケート」
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査期間:2021年4月8日~4月9日
n数:310人
https://sumai.panasonic.jp/toilet/survey/202104.html

<ご参考>
2020年5月4日に政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が公表した業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに関する留意点では、各業種のトイレにおいて、フタを閉めてから汚物を流すよう表示することが推奨されています。

パナソニックが2020年に実施した調査(※1)では約4割の人がこの利用方法を認知しており、そのうちの約8割の人が自宅でも実践していると回答しています。

※1:パナソニック調べ。「トイレに関するアンケート」、調査期間:2020年8月7日~2020年8月8日、n=310、インターネット調査。

https://news.panasonic.com/jp/

「「便ふたを閉めてから流す人」「せっけんで手洗いする人」が過半数を超える 在宅時間増加に伴うトイレの意識変化を調査」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。