熊田曜子、夫のDV逮捕前から発信していた不満 「一口も食べてもらえなかったご飯の処理」「家族みんなの睡眠を妨害」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
熊田曜子、夫のDV逮捕前から発信していた不満 「一口も食べてもらえなかったご飯の処理」「家族みんなの睡眠を妨害」の画像1

熊田曜子Instagramより

 タレント・熊田曜子の夫が、熊田への暴行容疑で5月18日に逮捕されていたことが判明した。

 同月21日配信の「文春オンライン」の記事によると、夫は熊田をたたくなどしたことから、暴行容疑で逮捕されたという。現在は双方で弁護士を立てて協議を重ねているとのことで、熊田に大きなケガはなかったそうだ。

 熊田の所属事務所もこれを認め、「事務所としては、どんな状況でも熊田を全力でサポートする」とコメント。熊田はその後もInstagramを更新しているものの、報道については触れていない。

 熊田は2012年に一般男性と結婚し、8歳、5歳、2歳の3姉妹を育てている。自身のInstagramでは家族について明かすことも多く、今年5月13日に39歳の誕生日を迎えた際には、夫からプレゼントされた花の写真を投稿し、<午前中にはパパがメッセージカード付きのお花を届けてくれた メッセージは10年ぶりくらいに言われた言葉があって感動 歳のせいかどんどん涙腺が弱くなってるよ>と夫婦円満であることがうかがえるコメントをしていた。

 その一方で、夫への不満をこぼすことも珍しくなかった。

 2019年6月12日に更新したInstagramのストーリーズでは、自身が作った料理に大きなバツ印を付けた写真とともに<朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ>と投稿。ネット上では「かわいそう」「モラハラではないか」と熊田に同情する声が多数出ていた。

 また、2018年4月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、広告代理店に勤めていたはずの夫が何の相談もなく退職して独立していたことや、月々の収入額を教えてくれないことを明かしていた。

 その他にも、熊田は子どもの寝かしつけに関するストーリーズを頻繁に更新しており、以下のような夫に対する愚痴も散見される。

<パパ帰宅 何時に帰ってきてもいいから夜中は静かに帰ってきてほしい こちらは寝かしつけという戦いの真っ最中!>

<パパ帰宅 家族みんなの睡眠を妨害して自分だけすぐ寝た>

 さらに熊田は、義母への不満を示唆する投稿までしている。2019年4月29日、ストーリーズで以下のようにつづっていたのだ。

<明日一緒に夕飯を食べましょうというお姑さんからのお誘い。予定が入ってるし義家族と会う約束は別日にあるからお断りしたらめっちゃ怒られた。しかも、朝から私の実母に私のダメ出し電話1時間。さらに30行くらいの長文ラインで実母も私も怒られてる。ふぅ~しびれる>

 今年に入っても、夫に対する不満は解消されていなかったようだ。今年2月23日に投稿したYouTube動画では、熊田のパパ友だというYouTuberと育児に関して語り合う中でそれを感じさせるような言動が見て取れる。

 「家にパパがいなかったり、帰りが遅かったりすると、ママが子どもに愚痴を言いがち」という話題になると、熊田は<うち(のこと)でしょ>と言い、パパ友の「ママの子どもに対しての言動や、パパに対しての言動が大事」との指摘に対しては、<胸が痛いです>と反応。パパ友が妻に朝食の準備をしていることを明かした際には、<これ私の主人に見せるべきだと思う>と発言していた。

 子育てをめぐり、妻が夫に不満を感じたり、夫婦で言い争いになることは珍しくないが、警察沙汰までに発展するとは穏やかではない。一日も早く、熊田と子どもが平穏な生活を送れるようになるといいのだが……。

「熊田曜子、夫のDV逮捕前から発信していた不満 「一口も食べてもらえなかったご飯の処理」「家族みんなの睡眠を妨害」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。