東出昌大と杏に“養育費トラブル”報道 離婚した芸能人の養育費事情とは

文=田口るい
【この記事のキーワード】
東出昌大と杏に養育費トラブル報道 離婚した芸能人の養育費事情とはの画像1

「GettyImages」より

 俳優・東出昌大が、前妻・杏と子どもの養育費をめぐってトラブルになっていると、5月27日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。
 
 東出は昨年1月に俳優・唐田えりかとの不倫が報じられ、同年7月に杏と離婚。東出と杏は3人の子ども(双子と男児)をもうけており、離婚後は杏が子どもたちを育てているが、記事によると東出からの養育費の支払いはまだ始まっていないという。

 しかも、東出から提示された養育費は子ども一人に対して月1万円。3人合わせて月3万円となるが、これに杏は<父親としての誠意が感じられなかった>としてショックを受けていると、杏と東出の知人が証言している。杏はこの養育費の金額を認めなかったが、東出から金額が再提示されることもなく、支払いがいつ始まるのかもわからない状態だそうだ。
 
 東出は唐田との不倫騒動が原因で当時出演中だったCM4本を降板しており、2億円ともいわれる違約金は所属事務所が肩代わりしているという。そうした事情を知る杏は、離婚時に東出に慰謝料を求めることはなく、子どもたちとも定期的に会わせているとのことだ。

明石家さんま、養育費の支払い終了に「寂しいもん」

 離婚に伴う子どもの養育費は、夫婦によってさまざまなケースがあり、芸能界でも度々話題となっている。

 タレントのスザンヌは、2018年10月14日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演した際、元福岡ソフトバンクホークスの斉藤和巳との離婚時に、子どもが二十歳になるまでの養育費を前払いしてもらったと語っていた。前パートナーからの養育費の支払いが途切れてしまうケースは少なくなく、そうしたトラブルを避けるためには、前払いという選択もひとつの手だ。

 また、お笑いコンビ・流れ星の瀧上伸一郎と離婚したタレントの小林礼奈は、4月8日のブログで瀧上から養育費が支払われていないと暴露。すると瀧上が同月10日にブログを更新し、小林への不満をあらわにした。

<本当はお互いそういう事は言っちゃいけない約束なんですけどね>
<確かに養育費の支払いをしていない時期が2、3ヶ月ほどありましたが、それにはちゃんと理由があります>
<本当はこういった事も言いたくなかったのですが、“養育費支払ってない”というイメージは一応芸能人として最悪でしょ!と思ったのでこの部分に関してのみ捕捉説明させて頂きました>
<とにかく娘を一番に考えて行動しているつもりです>

 ちなみに瀧上と小林は婚姻期間中からお互いの不満をブログで暴露しているが、離婚後もそれは続いている。

 なお、離婚経験を自身のキャラへと昇華している明石家さんまは、5月24日放送の『痛快!明石家電視台』(MBSテレビ)にて、娘のIMALUの養育費の支払いが終わった当時を回顧。<俺は自動振り込みやってんけど、ピタッとくるぞ、銀行から『終わりました』って。IMALUが20歳のときに。あれも寂しいもんでな>と明かしていた。子どもの成長はあっという間であり、親としてできることは限られていると実感した瞬間だったのかもしれない。

 当然ながら、離婚後も子どもの親という立場が変わることはない。東出は養育費について、杏と話し合いの場を持った方がいいかもしれない。

「東出昌大と杏に“養育費トラブル”報道 離婚した芸能人の養育費事情とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。