益若つばさが“母親らしく”の呪いに反論 「じゃあ何を着るのが正解?」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
益若つばさが母親らしくの呪いに反論 「じゃあ何を着るのが正解?」の画像1

益若つばさInstagramより

 モデルの益若つばさが、5月26日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTR出演し、シングルマザーとして息子を育ててきた中で感じたことを明かした。

 番組で益若は、モデルとして活動しつつ、シングルマザーとして子育てをする中での苦悩や本音を吐露。益若は今年4月、Instagramで、この春から中学生になった長男の入学式で撮影した写真を投稿したが、写真の益若が金髪ヘアだったことに対して、一部から<お母さんらしくないとか、金髪なんて自分の親なら嫌だとか、常識がないとか>などと批判を浴びたことがあったという。

 益若はそうした声について<じゃあ何を着るのが正解で、どんな髪型、メイクがお母さんらしいのか><私は人は見た目じゃないって思う><だけど、そういう(派手な見た目の)人が見た目で判断されることも理解しておいたほうが良いかなって>と、本音を語りつつ、<年を取ったら髪の毛を水色にしたいし、紫とかもやりたい。早く白髪にならないかな><落ち着く気はないし、バカみたいなことをして、いいと思ってくれる人がいれば私はこのままでいきたい>と、これからも自分がいいと思った髪形やメイクを楽しんでいくつもりであると明かした。

 さらに益若は、シングルマザーの恋人・再婚問題についても言及。

<例えばシングルマザーが『彼氏ができました』とか(言うと)、(周囲の人々に)『早く幸せになってね』って言われるんですよ。早く次の再婚をして良い人を見つけて、パパを見つけてあげないとねっていうような定型文をね>

<でも、みんな『幸せになってね』っていう割には、幸せになろうとつかみかけてる人に対して『子どもは? 結婚するの? 子どもの気持ちも考えてないの? かわいそうじゃん』って>

 シングルマザーは、周囲に再婚を進められがちな一方、いざ実際に再婚しようとすると否定的な反応をされるという、矛盾した扱いを受けているようだ。

 その上で益若は、<少しだけ勇気を出してこういう話をするのも、表に出てる側からして大事なのかもって思うようになって>と、モデルという立場から、シングルマザーとしての経験を発信していくことの重要性を感じるようになったと説明していた。

辻希美にも向けられた“母親らしく”の呪い

 ママブロガーとしてのポジションを確立した元モーニング娘。の辻希美も、かつては益若のように“お母さんらしくない見た目”を批判された時期があった。辻は昨年9月24日発売の「週刊文春WOMAN」(文藝春秋)で、当時の心境を明かしている。

<ママだからこれしちゃいけないみたいなコメントもあったりして、えっ、『ママだから』ってなに? おしゃれしちゃいけないの? と。そういうの私は納得できなくて。ちゃんとやることをやっていたらいいじゃんって貫いてきたのかな>

 当たり前だが、同じ母親でもそれぞれ趣味嗜好や考え方は違い、髪色やファッションの好みもさまざまだ。派手な見た目というだけで、“母親失格”などと決めつけることこそ、思慮の浅い考えといえるのではないだろうか。

「益若つばさが“母親らしく”の呪いに反論 「じゃあ何を着るのが正解?」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。