パートナーとの上手な関係の築き方 怒りを爆発させない方法を臨床心理士に聞いた

文=小澤佐知子
【この記事のキーワード】
パートナーとの上手な関係の築き方 怒りを爆発させない方法を臨床心理士に聞いたの画像1

Getty Imagesより

 職場の同僚や友人には冷静さを保てるのに、パートナーにはイライラをぶつけてしまう――こんな悩みありませんか? 年齢を重ねていくと、社会的には落ち着きが求められがちです。しかし、他人ならうまく対処できることも、パートナーには自分の感情をコントロールできずにモヤモヤしてしまうのは、稀有なケースではありません。

 そこで、臨床心理士・公認心理師の吉田美智子さんに、特定のパートナーに対する怒りや不満が爆発しやすい人の心理や、それを上手にコントロールする方法などを伺いしました。

パートナーとの上手な関係の築き方 怒りを爆発させない方法を臨床心理士に聞いたの画像2

吉田美智子
「はこにわサロン東京」代表。臨床心理士、公認心理師、東京都スクールカウンセラー。外資企業勤務を経て38歳で心理学大学院へ。「自分らしく生きる・働く・子育てする」を応援。モットーは「わかりやすく伝える」こと。

「あなただけには分かってほしい」が着火点?

――職場関係の人や友人には冷静に対応できる一方で、人生のパートナーに対してイライラや怒りをぶつけていまい、思い悩む人は少なくありません。社会生活では自制できるのに、なぜ身近なパートナーに対しては難しくなってしまうのでしょうか?

吉田さん:パートナーという特別な人には、そもそも高い期待値があるものです。他人には理解されなくても、パートナーには「分かってくれるはず」と願ってしまいますよね。また、抑制されている社会生活の反動として、身近な人に感情をあらわにしやすいとも考えられます。

――パートナーへの期待が高いがゆえに、その要望や欲求が満たされないと憤ってしまうのですね。

吉田さん:ただし、元来が怒りっぽい性格の人や、ストレスや不当な体験から不安感や不信感が強い人もいます。また、パートナーを信頼しているからこそ、素の自分を見せることができるという場合もあります。

 一方で、パートナーに感情をぶつけるということは、怒りだけではなく、喜怒哀楽をイキイキと表現できているという良さもあります。

怒りを態度で示す女性と、それをキャッチできない男性

吉田さん:相談を受けていると、女性側は自分の不満を態度で示しているものの、男性側は言葉で具体的な説明を求めるというズレが生じ、悩んでいるカップルは少なくないように感じます。

――どのような解決策がありますか?

吉田さん:まず、女性側は日常的に我慢を溜め込まないこと。パートナーだからこそ不満を我慢してしまうこともありますが、溜め込むといつか爆発します。そして、不満を伝える際は、具体的な言葉によるコミュニケーションがポイントといえます。

パートナーへの強い依存は、母親との関係が影響していることも

吉田さん:パートナーにイライラする原因のひとつには、「二者関係」への強い憧れも考えられます。二者関係とは、幼少期の母子関係を指します。養育者にいつでも丸ごと受け入れてもらえた体験を適切に育めないと、異性に“親”を求めることがあるのです。

 しかし、そもそもパートナーは“親”にはなれません。不安・不満を抱えた結果、パートナーに対して強い怒りが爆発するというわけです。

――二者関係による憧れが原因だった場合、解決策はあるのでしょうか?

吉田さん:「信頼できる人がいる」という体験を再構築すればいいのです。パートナーに限らず、友人や教師、職場の上司など、自分が関わる人たちの中で信頼できる人があらわれると、心の安定感が高まります。

 実際、大人になってから再構築できたケースはたくさんあります。母親や血縁者でなくても、周囲にいる人でも十分に構築可能です。いつからでも試みることはできるのです。

とっさの怒りの感情を鎮める方法とは?

――誰しも怒りの感情が沸くことはあります。これを鎮める、有効な手段はありますか?

吉田さん:いったん、“その場”を離れることです。パートナーであれば、「お互いが落ち着いてから再び会話をする」と事前に話し合って決めておくとよいでしょう。

――では、職場など“その場”から離れ難い状況だと、どうすべきでしょうか?

吉田さん:そんな時は、身体の違和感をチェックして、その箇所を意識的にさすったり、緩めましょう。怒りを感じた場合、脳だけでなく身体も強く反応しているはずです。例えば、肩に力が入る、首筋が強張る、ノドがつまった感じする、手足が震える、胸がザワめく
などです。

 さすったり、緩めたりする他には、数字を数えるのもお勧めです。「1、2、3……」の順唱ではなく、「100、99、98……」の逆唱をします。また、今、自分が「見えるもの・聞こえるもの・感じるもの」を、最初は5個ずつ思い描き、次に4つ、次に3つ……という具合に、気持ちをそらすことも効果的です。

――すぐに実践できそうですね。呼吸法で気持ちを静める方法も聞いたことがあります。

吉田さん:呼吸法で気持ちを静める場合は、まず息を吐き切り、ゆっくりとおへそに呼吸を送り込むイメージで腹式呼吸をします。呼吸を吐き切れない方は、低い声を出すイメージで息を吐いてみてください。

 これらの方法は、「非常ボタン」のようなものです。とっさに湧き上がった怒りやイライラを鎮めるときに試してみてください。

(取材・文=小澤佐知子)

次回は「周囲への嫉妬心に疲れ、毎日を楽しく過ごせない……」、そんなモヤモヤを解決するヒントについてお聞きします。

パートナーとの上手な関係の築き方 怒りを爆発させない方法を臨床心理士に聞いたの画像3

はこにわサロン東京
東京・青山の心理カウンセリングルーム。「自分らしく生きる」を応援するカウンセリングを行っています。生きづらさ、感情コントロール、自己肯定感を持つ、ストレス解消法などご相談ください。対面カウンセリング、オンラインカウンセリング、電話カウンセリングがあります。
HP: www.hakoniwasalon.com
Twitter: @hakoniwasalon
Instagram: hakoniwasalon

「パートナーとの上手な関係の築き方 怒りを爆発させない方法を臨床心理士に聞いた」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。