「コンプレックスこそ美しい」の先にある、閉鎖された社会

文=高島鈴
【この記事のキーワード】
「コンプレックスこそ美しい」の先にある、閉鎖された社会の画像1

GettyImagesより

 列車の窓ガラスに映る自分と、不意に目が合う。冴えない人間が映っている。痩せているとは言えないずんぐりした体型、低身長なのに小さくない顔、ほとんど一重に見える奥二重、丸い鼻、濃い体毛、そういうものを備えた、「女」に見える人間である。

 この状況が苦しくなかったことはない。私は「断ち切った」人間ではない。まだ苦しみの渦中にいて、自分の容姿に対する憎悪を、凡庸に培養し続けている。こんなはずじゃない、もっとましな見た目だったら別の道があったんじゃないか、といつだって思う。各駅停車しか止まらない駅で急行を見送るように、私は光り輝く人たちのことを暗がりから見つめている。あの電車には、私は乗れない。乗る資格がない。私の前では、あのドアは開かない。

 この苦しみは、私だけが抱いているものではないはずだ。あらゆる場所に〈美しい〉人間の表象をあしらったメディアが溢れ、人々はそれらに絶えず追い立てられている。この出口のない地獄のような状況下で「コンプレックスこそ美しい」という言説が出てくるのは、まあ、おぞましいことだが、当然の帰結なんだろう。

 具体例としてCHAIというバンドを挙げてみよう。CHAIは「ニュー・エキサイト・オンナバンド」略して「NEO」なる看板を掲げた四人組だ。コンセプトは「NEOかわいい」及び「コンプレックスはアートなり」である。

 「NEOかわいい」とは世間的な「かわいい」の意味を塗り替え、コンプレックスを「かわいい」ものとして語り直す試みだ。CHAIは同名の楽曲「N.E.O.」を発表しており、同曲のミュージックビデオは、さまざまな「コンプレックス」の名称変更と意味の塗り替えを提案している。例えば一重まぶたは「クールアイ」(説明:「眉毛の下の、クールジャパン」)、貧乳は「フラットガール」(説明:「誰にも媚びない、公平さと平静さ」)、というように。

 これは一見明るい……そしてフェミニズム的であり、フェミニズムではないとは言わない。しかし、この「コンプレックス」の肯定ムーブは、やはり批判せねばならない。

 先に触れた通り、「コンプレックス」を「コンプレックス」足らしめているのは社会状況であり、特定の誰かでもなければ、生まれ持った性質でもない、いわば言説が作り出した幻想である。しかし「コンプレックス」に対して「あなたはありのままでかわいい」と言うとき、「コンプレックス」は「ありのままのあなた」とイコールで結ばれる。さらにそれを「かわいい」と肯定することで、「コンプレックス」と呼ばれた性質は、本人が生まれ持った動かせない要素として本質化されてしまうのだ。

 そして新たに付された説明が、身体的特徴に身体的特徴以上の意味付けを行なっているという点で、「N.E.O.」は二重に危うい。一重まぶたを「クールジャパン」と呼ぶことでナショナリズムとルックスが接合すれば、ゾッとするような排除がそこに生じるし、「貧乳」であることを「媚びない」と言い表すことで出現するのは「巨乳=媚び」言説である。CHAIに「そういうつもり」がないことはわかっている。しかしそのように受け取れる余地があるということは、すでにヤバい方向に転用される可能性を大いに擁しているということなのだ。

 さらに「あなたはありのままでかわいい」という言葉は、「コンプレックス」を現実として受け止めている主体に対する呼びかけであり、相手の身体的特徴をコンプレックスたらしめた社会に対する呼びかけではない。苦しんでいる主体に対してさらに自己変革を求め、「コンプレックス」を克服せよと迫るのは筋違いだ。

 社会問題であるはずのルッキズムは、「コンプレックス」という個人の内面を反映した言葉によって個人の問題にすり替えられ、さらに自助努力によって克服すべきパーソナルな課題へと矮小化されていく。このふるまいはルッキズムに関する議論の核心を迂回する態度を生み出し、その態度に対する批判すら「これは個人的なものだから」という言い訳で逃げ切ることを許してしまう。

 実際、CHAIのミュージックビデオが示す「コンプレックス」表象は、妙に大人しい。「足太い」と言って映される足はそこまで太くないし、毛はつるつるに剃られているのだ。

 本来すでに構築された「コンプレックス」を克服するには、「コンプレックス」を社会構築した言説を突き止めて脱構築し、その現実が本質的なものではありえないことを社会に「理解(わか)らせる」ことで達成されるべきではないか。「コンプレックス」に苦しむ人が変わる必要はない。

 見た目に対する評価は必ず社会関係の中で生じていて、本質的な「美醜」というものは決して存在しない。自認であろうと他認であろうと、「美醜」は構築されたルールに沿って作り出されたゲームであって、ゲームであるならばゲーム盤を破壊する余地がある。ならば指すべきは勝ち筋のレクチャーやルールの改変や、ましてやプレイヤー(にされてしまった人たち)の意識改革ではなく、あくまでもゲームそのものの破壊なのだ。少なくとも私は、巻き込まれた者たちの内省・自己変革がルッキズムへの特効薬になるとは全く思っていない。もし私が「美しく」変わる、あるいは今の己を「美しい」と認識し直すことができたなら、私は救われるのかもしれないが、それは私が望む革命ではない。変わらなきゃいけないのは社会。もう一回書いとこう。変わらなきゃいけないのは社会。

1 2

「「コンプレックスこそ美しい」の先にある、閉鎖された社会」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。