これがお手本!子どもの食事マナー

文=かねもと
【この記事のキーワード】
これがお手本!子どもの食事マナーの画像1

世界一役に立たない育児書(C)wezzy

 小さな子の食事マナー、保護者なら一度は困った経験があるのでは? 食事のマナーは大人になっても必須のものなので、子どものうちからきちんと身につけてあげたいですよね。何歳で、どの程度教えるべきなの? どこまでできるべき? お手本となる食事マナーを、実際の食事の風景からわかりやすく図解でご紹介します。

これがお手本!子どもの食事マナーの画像2

(C)かねもと

これがお手本!子どもの食事マナーの画像3

(C)かねもと

これがお手本!子どもの食事マナーの画像4

(C)かねもと

これがお手本!子どもの食事マナーの画像5

(C)かねもと

これがお手本!子どもの食事マナーの画像6

(C)かねもと

これがお手本!子どもの食事マナーの画像7

(C)かねもと

~以下略~

まとめ:「見守る」と「マナー」のあいだで揺れる気持ち

 一般的には、自分で食べ始めた子には、まず「食べる楽しみを身につけさせるといい」と言われていますよね。つかみ食べから始まって、手や服が汚れたり食べ物がぐちゃぐちゃになっても、まずは食べ物の感触や指の使いかたから学ぶといいとされているのです。そこから発達に合わせてフォークやスプーンなど道具の使いかたやマナーを段階的に学んでいきます。……と、簡単に書いたり言われたりしますが、実際にやると1日3食、それを毎日繰り返すのって本当に大変です。

「成長をゆっくりと見守りたい」、「この年齢なら仕方ない」と頭ではわかっている。でも、早くきちんと食事ができるようになってほしいと願ってしまうのは無理もありません。毎日毎食、全力で向き合っていたら食事のことだけ考えて終わってしまいます。疲れたときは汚れない食事だけにしたり、離乳食のころみたいにお口に運んでさっと終わらせちゃってもいいのかも!

INFORMATHION

リアルなRPG風子育てコミック、続編発売中!今度こそ魔王を倒しにいけると思ったら…「保育所に入っても魔王を倒しにいけないんです!」やっぱりまだまだ問題だらけ!?

「これがお手本!子どもの食事マナー」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。