レインボーに輝けなかったスタジアム ハンガリーの反LGBT法とUEFA

文=河内秀子
【この記事のキーワード】
レインボーに輝けなかったスタジアム ハンガリーの反LGBT法とUEFAの画像1

写真:ロイター/アフロ

 サッカー欧州選手権ドイツ対ハンガリー戦が行われた6月23日、独Twitterのタイムラインはレインボーカラーで埋め尽くされていた。試合の開催地であるミュンヘン市内も、新市庁舎や中央駅、テレビ塔までが、レインボーカラーに染まった……ただ1箇所を除いて。試合前日、欧州サッカー連盟(UEFA)は、ミュンヘン市、アリアンツ・アレーナをレインボーカラーにライトアップすることを禁止したのだ。

 ハンガリーでは、同月15日には、反LGBTQ的な新法が可決されている。23日の試合終盤、トーナメントへと進む決勝点を決めたドイツ代表のレオン・ゴレツカは、指でハートマークを作っていた。これはハンガリーの新法、そして人種差別やホモフォビア(同性愛嫌悪)発言を続けるハンガリーの極右フーリガン、さらにはプロサッカー界に根強いホモフォビアなどの差別に対する抗議の意図があった。

 この記事では、これらの背景を詳しく見ていきたい。

男子プロサッカー界のホモフォビア、なぜ?

 FIFAワールドカップでドイツ代表キャプテンを務めたこともあるフィリップ・ラームは、2021年に出版された自著の中で、サッカー選手はカミングアウトするなら引退してからの方が良いとアドバイスをして、大きな批判を浴びた。その後ラームは、キャリアの途中でカミングアウトしたらプレッシャーがつらいという危険性を指摘しただけだと釈明。彼が言う「サッカー界のダークサイド」とは「ホモフォビア」という言葉で言い換えることもできるだろう。

 ドイツでは男子プロサッカー界のトップ選手で、(現役はもちろん引退後も)カミングアウトをした選手は一人しかいない。2014年にカミングアウトした、元ドイツ代表のトーマス・ヒッツルスペルガーだ。引退から数カ月後に独ZEIT紙上で「プロスポーツ界における、同性愛に関する議論を進めたい」とカミングアウトの場をもった彼は、こう語っている。

男性プロスポーツ選手は、完璧に“規律正しい”、“タフ”で“超男性的”な存在だと見なされている。ホモセクシャルはそれに対し、“気分屋“で“ソフト“で“繊細”で……この2つは噛み合わないというわけです

 ヒッツルスペルガーが自分のお手本に挙げているのが、旧東ドイツで将来を嘱望され、1990年に統一ドイツの2部リーグの若手チームに入ったマルクス・ウルバンだ。彼は、ありのままに生きるのか、それともサッカー選手としてのキャリアをとるのかの選択を迫られ、最終的にプロになることを断念している。2007年、ウルバンはゲイだとカミングアウトした。彼は、今年のZDFのインタビューで、男らしさをアピールするために、勧められたビールは全て飲み、まわりの性差別的なジョークに一緒に笑い、自分のパワーの半分をアイデンティティを隠すことに使い果たしていたと、選手時代を振り返っている。

 男性プロサッカー選手は「プロとしての将来性や、評判、そしてスポンサーを失うことを恐れ」てカミングアウトできないとウルバンは分析する。いつしか差別は自分の一部となり、引退しても、もう言い出すこともできないのだ、と。

 2022年のFIFAワールドカップの開催地であるカタールでは、同性愛行為に対して懲役が課されている。2018年の開催地だったロシアも、2013年からいわゆる「反同性愛法」が施行され、例えば、未成年がいる場所でゲイやレズビアンに対して肯定的なコメントをする人を罰するという、”同性愛のプロパガンダ”を禁止している。

 プロとして将来どの国にいくかわからない状況で、キャリアアップのハードルになりうる“問題“になりかねないカミングアウトを、進んで行えないのは当然かもしれない。ウルバンは今年、ゲイ・サッカー選手の相談を受ける「ゲイプレイヤーズユナイト」を立ち上げた。2000年代から男子サッカー選手を取り巻く状況は徐々に変わり、世界的に見れば、いま再びカミングアウトの波が来ているという彼は、今後に明るい展望を持っているようだった。


民主化に逆行し続ける東欧

 欧州選手権でドイツの対戦相手となったハンガリーでは、今年6月15日、反LGBT的な新しい法律が可決された。表向きには「子どもを守るため」のこの法律は、未成年が入手することができる書籍や映画の中で「異性愛を逸脱した」内容の描写を禁止している。このテーマについての教育プログラムや、説明するための本であっても許されない。また、同性愛やトランスセクシャルが「普通」の状態の一部だと見られるような広告も禁止される。

 欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は「このハンガリーの法律は恥だ」と厳しく批判し、この法律はEUの基本的な価値に反すると述べた。

 EUに加盟する27カ国のうち、17カ国がこの法律に抗議する書簡に署名している。ルクセンブルクのジャン・アッセルボルン外相は、議決権の剥奪やEUからの支援金の支払い凍結などにも言及。2015年に同性婚した同国首相のグザヴィエ・ベッテルは、オルバンに対し「あなたは一線を超えた」「これは私が生きたいヨーロッパではない」と伝えたと言う。オランダのマルク・ルッテ首相も、このような政策を続けていく気ならばEUにハンガリーの居場所はない、イギリスのように離脱手続きすべきだと求めているが、一方でポーランドとスロベニアは明確にオルバン首相を支持する構えを見せている

 メルケル首相は、16年の任期中、最後となる政府質問で右派ポピュリスト政党AfDに答え「私はこの法律は間違っていると思う。私が考える政治とも相入れないものだ」「同性間のパートナーシップを許しておきながら、別のところでそれに関する啓蒙を制限する。これは教育などの自由にも関わる」と答えて、大きな拍手を浴びた。

 ハンガリーのこの動きを踏まえ、ミュンヘン市議会は6月18日にホモフォビア・トランスフォビアに反対する意思表明として、対ハンガリー戦の際にミュンヘンのスタジアムを虹色にライトアップしようと決定し、市長のディーター・ライターはUEFA会長のアレクサンデル・チェフェリンに書簡を送った。UEFAだけでなく、ドイツサッカー連盟やバイエルンサッカー協会、そしてミュンヘンの全てのサッカーファンに対して、寛容と平等を目に見える形でしっかりとアピールしたいというのがその理由だ。

 しかし、UEFAは、試合の2日前、21日にこのアイデアを「政治的なアクションである」として却下し、レインボーカラーのライトアップを禁止した。ミュンヘン市がこの行為を政治的なアクションだと明確にしていたために、政治的な中立性を守るというUEFAの規約と両立が難しかったのだろう

 ハンガリー外相ペーテル・シーヤールトーは、この決定に対し、歴史的に見てもスポーツと政治を混同させるのは大変に有害で危険なことだと言い、「特にドイツ人はそのことをよく知ってるでしょう?」とコメントしている。


UEFAの空虚なスローガン 

 #EqualGameというハッシュタグのもと、サッカーの多様性や全ての人に開かれていることをアピールしていたUEFAのありえない決定は、大きな批判を集め、一夜にして大きなレインボームーブメントがドイツ中に巻き起こった。

 この話には前段階がある。ミュンヘンのスタジアムが虹色にライトアップされるかどうか、決定が下される数日前のことだ。ドイツ代表GKのマヌエル・ノイアーがプライド月間のスタートに合わせて、6月初めから身につけていたレインボーカラーのキャプテンマークに対してUEFAが調査を始めたというニュースが広まった。最悪の場合、ドイツサッカー連盟は罰金を払うことになるというのだ。

「おいおい、お前らマジかよ?」

 元代表のヒッツルスペルガーがTwitterに書いたUEFAに対するコメントが、ドイツ中の人の気持ちを代弁していた。最終的にはUEFAはドイツサッカー連盟に対し、制裁を課さないことを発表したが、多様性に寛容なUEFAというイメージはこの時点ですでに地に落ちていたと言えるだろう。

 UEFAがミュンヘンのスタジアムをレインボーカラーにライトアップすることを禁止したとわかると、ベルリンのオリンピックスタジアムを始め、フランクフルトやケルン、ヴォルフスブルクなどが、次々と今回の試合開始スタートに合わせて虹色にライトアップすることを表明した。ミュンヘンを本拠地とするBMWやヒュポフェアアインツ銀行などをはじめ、ミュンヘン市の警察や消防隊、保険会社、そして今回の欧州選手権のパートナーであるVWやプーマなど、様々な企業がこの決定に抗議して、次々とTwitterのアイコンをレインボーカラーにした。最後には、UEFA自身もアイコンをレインボーカラーに変えて失笑を買った。

 そもそも、UEFAの政治的な中立性という主張自体がナンセンスだとも言われている。試合のスタジアムの広告スペースが、中国やロシア、カタールの(国営)企業に使われていたり、開催地に、独裁的な政治が行われているアゼルバイジャンが選ばれたりもしているからだ。

ドイツはダイバーシティ、多様性に寛容な社会か?

 ドイツ男子プロサッカー界も、決して多様性に開かれてはいないことは前に述べた。しかしその空気は少しずつ変わってきている。

 ドイツ代表の中でも、UEFAの決定をはっきりと厳しく批判したのが、レオン・ゴレツカだ。これまでも彼は、ホロコーストを生き延びたマルゴット・フリートレンダーと対談を行ったりダッハウ強制収容所を訪れ「決してこのようなことを繰り返してはいけない」と自らのインスタグラムで発信している。

 Welt am Sonntagのインタビューの中で、ドイツの右派ポピュリスト政党AfDに対して「AfD(ドイツのための選択肢)は、選択肢ではなく、ドイツの恥だ」と言い、AfDの支持者が増えていることに怒りを示している。彼はスター選手としての責任を考え、あらゆる差別の問題に敏感になってもらえるように貢献したいと言う。

 ドイツは、1994年、東西ドイツの統一を経て、刑法175条という男性の同性愛行為を処罰する条項を無効化している。実は西ドイツでは、1969年までナチス時代に厳罰化された条項が有効で、その後改正はあったものの条項自体は残され続けていた。それに対し、東ドイツではすでに1950年代に条項は無効化されており、1968年に法律から削除されている。東西が一緒になった時に、東ベルリンでは許されていることが西側に入った途端に処罰されてしまうというような問題が起こったため、1994年にこの条項が撤廃されたのだ。西ドイツで1994年までにこの法律によって有罪判決を受けた人の数は、6万人以上にのぼったという。ゴレツカは、ちょうどこの法律がなくなった次の年、1995年に生まれている。2017年には、同性婚の合法化が可決され、ドイツの社会は、ゆっくりと多様性に開かれてきていると言えるだろう。

 とはいえ、今年6月に発表されたばかりの、ドイツ社会の動向を見る調査「中心の研究(Mitte-Studie)」によると、まだまだ変化の余地はありそうだ。この「中心の研究」は、ドイツの右傾化について、極右的な思想の様々な要素がどこまで広まっているのかを調査するもので、2006年から2年おきに研究結果が発表されている。今年は1750人のドイツ国籍を有する人に、電話で、極右的な、また民主主義を脅かすと考えられるような考え方について質問を行った。

 この中で「同性愛者が公共の場でキスをしていると気持ちが悪い」「同性愛は不道徳だ」という意見に賛成している人は、減少傾向にはあるが7%ほど。トランスジェンダーの人に対し「あまり目立たないようにすべきだ」と思う人は13.9%だった。

ゴレツカの、ヘイトに対する「ハート」のジェスチャー     

 6月23日、サッカー欧州選手権ドイツ対ハンガリー戦の日。ハンガリーのオルバン首相は、試合観戦をキャンセルした。ミュンヘン市は、新市庁舎に大きなレインボーフラッグを掲げて、意思表明をした。

レインボーに輝けなかったスタジアム ハンガリーの反LGBT法とUEFAの画像2

写真:代表撮影/ロイター/アフロ

 ハンガリーの国歌斉唱の最中に、レインボーフラッグを手にした若者がピッチ上に走り出て、ハンガリーチームの前に立ち、会場から大きな拍手が沸いた。試合が始まると、スタジアムのゴール裏が黒いTシャツを着た人で埋め尽くされているのが見える。彼らはハンガリーの極右フーリガングループ「カルパティア旅団」だ。

 ハンガリーのNGOによれば、「カルパティア旅団」は単なる暴力的なフーリガン以上の、極右、ネオナチで構成された準軍事的な団体であると言う。彼らは、スロバキアの一部など、1920年代のハンガリー帝国の領土の返還を要求している。これまでも、スタジアムでナチス式敬礼を行い、アフリカ系の選手がボールを持つとすかさず猿の鳴き真似をするなどの行為で、再三の注意を受けていた。今回のレインボーカラーに関する議論を「カルパティア旅団」のFacebookで“ドイツのヒステリーメディア“と言って憎しみを掻き立て、「目に物を見せてやる。これは大きな戦いになるぜ」と宣言していた。

 試合はハンガリーが先制する。始終ドイツは反撃を試みるがうまくいかない。スタジアムには大粒の雨が降り注ぎ、ドイツは流れを掴むことができなかった。後半序盤からレオン・ゴレツカが投入され、フリーキックからカイ・ハフェルツが1点をあげたが、喜んだのも束の間、2分後にはハンガリーが2点目を決める。何度もシュートを放つものの一つも決まらず、ジャマル・ムシアラ、ケヴィン・フォラントの2人が投入された直後、試合開始から84分、奇跡が起こった。ゴール前のこぼれ球を、ゴレツカが押し込み、同点を奪ったのだ。ドイツを救ったゴールの後、ゴレツカは指でハート型を作り、「カルパティア旅団」で真っ黒になったゴール裏に見せつけた。

 彼のインスタグラム には、真剣な眼差しでハートを見せるゴレツカの写真と「Spread Love」のコメントとレインボーフラッグがアップされ、47万以上ものいいねが集まった。

 この試合が明けて3日後に、ベルリンで開催されたプライドパレード「クリストファーストリートデー・星のデモ」では、プロテスタント教会が同性愛は罪深いものではなく「ホモフォビアこそが罪なのだ」というモットーのもと、パレードの先陣を切る。ロシア語やハンガリー語のプラカードも見かけた。市内3か所からスタートし、星を描くように合流したパレードでは、女性差別や人種差別などにも焦点が当てられていた。誰もが、様々な多様性を持って自分らしく、しかし一緒に一つの場所に集まって……。

 サッカー欧州選手権に端を発する大きな波は、多くの人たちは、寛容と多様性のある世界を支持する準備ができているのだと、教えてくれたようだ。


レインボーに輝けなかったスタジアム ハンガリーの反LGBT法とUEFAの画像3

ベルリンのプライドパレードの様子。ロシア語とドイツ語で「ホモフォビアこそが罪だ」と書かれている。

「レインボーに輝けなかったスタジアム ハンガリーの反LGBT法とUEFA」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。