感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしい

文=ダースレイダー
【この記事のキーワード】
感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしいの画像1

Getty Imagesより

●ダースレイダーの「小学生からやり直せ」(第7回)

 東京2020オリンピックが開催され、連日大手メディアからは日本のアスリートのメダル速報が流れてくる。楽しみにしていた方は大いに盛り上がっていることだろう。

 一年以上続くパンデミックでまともに娯楽を楽しめなかった人がこの機会に好きなスポーツを楽しむのは良いと思う。ファンはどんどん応援すれば良い。

 でも、国全体の運営に携わる政治家や官僚はどうか。彼らは国で起きているあらゆる事象に対して責任を持っている。熱海の土砂災害の復旧作業は続いているし、入管施設で死亡したウィシュマさんの件も真相が不明なまま。ようやく公開された赤木ファイルの再調査はどうなるのか?

 平年以上の酷暑の中、熱中症への注意喚起は大事だし、何より今も日本はCOVID-19のパンデミックの真っ只中だ。

 東京は4度目の緊急事態宣言下にあり、補償もないまま時短や休業に応じた店舗への協力金の支払いも遅れる中、大炎上した西村康稔経済再生担当相による酒類提供業者への金融機関への働きかけ発言が内閣主導の方針だったことも明らかになった。

 政治家や官僚にはスポーツ大会を観戦・応援している暇は一切ないはずだ。本来なすべき仕事が山積みなのだ。

 ところが我が国の行政のトップである菅義偉首相は五輪開会式以降、五輪関連のツイートばかり投稿を続け、日本の金メダリストにだけ電話をかけ続けている。ホスト国のトップが自国の選手、しかも銀、銅のメダリストや敗退したアスリートには目もくれず金メダルにだけ執着する姿勢は果たしてイメージアップになるのか?

 その電話をしている時も受話器が耳に当たっていないから選手の声聞こえてるのか?と心配になるし、こんな迷惑電話、というか、「痛い」という意味での「イタ電」なんかしてる場合なのか?

 緊急事態宣言を発出して同時に五輪を開催するという矛盾した判断は何を最優先しているのか? 祝日も移動して開会式を挟む4連休を作り出し(ここで観光地に人が殺到したのは言うまでもない)、車道には五輪専用レーンを作り、首都高は値上げした。

 これは国民の健康を最優先した施策なのか? 東京都ではコロナ療養施設に指定されていたホテルも五輪用の施設に転用したことも明らかになっている。

 「安心安全」に関しては「安心」という心の問題と「安全」という施策の問題をセットにしている時点で機能不全なのだが、この前提となるバブル方式なるものがそもそも存在すらしていなかった。

 五輪関係者の空港での動線は一般客と同じ。2週間待機も免除され、選手村での毎日の検査ですらちゃんと行われておらず、むしろ誤魔化すための裏マニュアルの存在まで出てきた。

 五輪関係者の滞在するホテルには警備員が派遣され、行動をチェックすると言うが彼らは英語も話せず、そもそも関係者の誰が誰だか顔も分からず皆を素通りさせている。じゃあ、ちゃんと手続きを踏むとしたら何をするのか、と言えばアルコールの手指消毒のみという。名うてのバブルもコンビニと変わらない。そして日々、この五輪関係者の陽性者は増え続けている。

 一方、国民最優先、安心安全という言葉だけは一人歩きして、市民側には「安心して出歩いて良い」というメッセージとして伝わっている。そもそも日本はワクチン接種率が低く、感染は国内で広まっているのに。

 6月18日に3回目の緊急事態宣言が解除された時、菅首相は警戒すべきはリバウンドと言ったが、そうしたことを言ってる時点で実は増加は始まっていた。

 その後4回目の緊急事態宣言を発出した際、世論調査では7割が効果はないと答えていたが、その通り緊急事態宣言は効果を発揮せず五輪開催中に次々と国内記録を更新している。

 ところがここでも菅首相は人流は減っていると言い出す。データで見ると飲食店街は減っていても観光地などは増えている。要は行き先が変わっただけで人の流れ自体が収まってはいない。

 ここまで紹介した菅首相の言葉・菅語を改めて見てみると、国民最優先=五輪が優先、安心安全=不安で危険、リバウンド=最初から増えている、人流=人の流れの意味ではないから、人が川とかで流れているって意味?

 ここまで来ると菅語辞典を編んでもらわないと正確な意味の把握は難しいが、金メダリストへの「おめでとう」も僕が思っているのと全く違う意味の可能性もある。パンケーキは大福の意味だという説すらある。

 そんな菅首相だが7月28日、東京の感染者が3177人になった事が報告されてから記者たちに対してどんな菅語を放ったか?

「お答えする内容がない」

 さて、これはどういう意味か? そういえば金メダリストへの電話でも手元に原稿が置いてあった。感染拡大は急なことなので「読む原稿がない」という意味なのだろうか?

 五輪ファンはぜひ観戦して応援して欲しい。僕は菅さんのファンなのでこっちを観戦しています。でも、いちいち菅語辞典に当たって発言の意味を推測しなければならない首相よりも誰もがわかる言葉に基づいた行動をする首相の方が良い。

 やっぱりファンやめます!

日本政府による「五輪一人相撲」…開会式まで1カ月切るも、不手際続く

●ダースレイダーの「小学生からやり直せ」(第6回) 東京五輪開催が近づいてくる。橋本聖子組織委員会会長の言葉を借りるならば「足音が聞こえてくる」。ま…

感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしいの画像1
感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしいの画像2 ウェジー 2021.07.02

「五輪」がそんなに大事か? 理念を忘れ、アメリカの「いちテレビ番組」となったイベントに国が左右される理不尽

●ダースレイダーの「小学生からやり直せ」(第5回) 東京五輪を巡る話題が日々続いている。開催まで2カ月前を切っていよいよ盛り上がってきた? 確か…

感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしいの画像3
感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしいの画像2 ウェジー 2021.06.05

あまりにひどい「菅首相の外交手腕」 訪米で分かった問題点を総ざらい

●ダースレイダーの「小学生からやり直せ」(第4回) 菅義偉総理大臣が訪米し、バイデン米大統領と会談した。「大統領就任後、ホワイトハウスを訪れる初の外…

感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしいの画像5
感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしいの画像2 ウェジー 2021.04.30

著者の他の記事はコチラ→ダースレイダー

「感染拡大中もオリンピックに夢中…菅首相の言葉の意味が分からない。「菅語辞典」がほしい」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。