性暴力への「復讐劇」を華麗に転じる傑作!『プロミシング・ヤング・ウーマン』

文=鈴木みのり
【この記事のキーワード】
性暴力への「復讐劇」を華麗に転じる傑作!『プロミシング・ヤング・ウーマン』の画像1

(C)2019 PROMISING WOMAN, LLC / FOCUS FEATURES, LLC

 『プロミシング・ヤング・ウーマン』は複雑にジャンル横断しながら同時にポップという、間口の広さを持つ極めて斬新な映画だ。性暴力被害を防ぐレイプ・リベンジのスリラーに見えるブラックコメディから、ラブロマンスところころ姿を変え、さらに苛烈な現実を突きつける。セリフではほとんど説明せず、物語はシンプル。巧みなのは脚本だ。アカデミー賞脚本賞の受賞にもうなずける。

 冒頭、夜の(踊るほうの)クラブで泥酔している主人公のキャシーに談笑しているスーツ姿の男三人組のひとりが声をかけ、自宅に連れ帰って同意なく性行為を行おうとする(明らかな性暴力だ)が、キャシーは実際は酔ってないと明かして、問う。「何やってんだよって聞いてるんだよ」と凄んで。

 キャシーはもうすぐ30歳、両親と暮らし、昼間はコーヒーショップで働く。

 そんなキャシーを次に自宅に連れ込むのは、コカインを吸わせて手を出そうとする小説家志望の男。キャシーはひと通り男の振る舞いを確認すると、また正気になって問い、毎週クラブに出かけて酩酊したふりをしていると「ナイスガイ」が大丈夫か声をかけてくるのだ、と語る。

 だますことで単に性暴力を諌めようとしているだけかもしれないし、直接的な描写はないが、キャシーからは暴力の匂いがする。冒頭の男の部屋のシーン後、タイトルが挿入され、帰り道を裸足で歩くキャシーの前脛に赤いものが付着している。ヒールは脱いで片手に持ち、足の裏は真っ黒。カメラが徐々に上がっていくと、ホットドッグを持っているもう片方の腕から赤いスジが垂れているし、白いシャツにも赤いシミがある。おそらくケチャップだろうが血に見えてしまう。その後、通りかかった廃棄物処理現場らしき場所で、道路の逆側から業者の男三人にからかわれるシーンでも、黙って男たちを見るキャシーの後ろでは重機が音を立てて揺れ、威嚇しているようだ。「何やってんだよって聞いてるんだよ」と凄むカットもだが、キャシーは男たちを見つめる。この映画が扱うテーマは他人事ではないのだと、スクリーンのこちら側の観客にも問いかけるように。

 夜な夜な「狩る」男たちに対して、直接的な暴力を振るうこともあるかもしれないと推測させるのは、キャシーの手帳につけられた「狩った」男たちの印ーー4までは縦棒、5人目はそれらを斜めに引くーーの中に、赤い線が混じっているからでもある。

 キャシーがそのような日常に送るようになったのは、共に進学した大学の医学部で受けたレイプ被害後、親友のニーナが(おそらくみずから)死んでしまったため。映画は、元同級生で現在医師のライアンとの再会をきっかけに、ニーナの被害訴えを信じなかった医学部の同級生マディソンやウォーカー学部長、事件を法的にもみ消したグリーン弁護士、そしてレイプ加害者アル・モンロー、4人の復讐相手をめぐっていく。

1 2 3

「性暴力への「復讐劇」を華麗に転じる傑作!『プロミシング・ヤング・ウーマン』」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。