養子縁組をすることに決めたふたりへの周囲の反応

文=うさぎママ
【この記事のキーワード】
養子縁組をすることに決めたふたりへの周囲の反応の画像1

GettyImagesより

 養子であることを隠す親も多いと知った、うさぎママ夫妻。ふたりでよく話し合って、「養子であることをかくさない」をモットーにすることに決めました。そこで、いろいろな人に里親登録の話をしましたが、反応は……!?

<この連載について>

 特別養子縁組とは、子どもの福祉のために(親のためではなく)、子どもが実親(生みの親)との法的な親子関係を解消し、養親(育ての親)と実子に等しい親子関係を結ぶ制度です(※)。

 そんな特別養子縁組制度が成立した翌年の1988年、うさぎママ夫妻は児童相談所の仲介で0歳の娘・アンちゃんと出会い、その後、親子になりました。この連載は、アンちゃんが大人になるまでの日々を感情豊かに綴った書籍『産めないから、もらっちゃった!』(2012年、絶版)の改定版を公開するものです。

※厚生労働省 特別養子縁組制度について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169158.html

第1章 アンに出会うまで

 「養子であることをかくさない」と決めた私たちは、あらかじめ周囲の人に里親登録の話をしました。もちろん、町内のご年配の方などに陰で「他人の子をもらうなんて……」と言われているのも知っていましたが、「気にしない、気にしない。強くなろう。強くなれるはず!」と心に決めていました。

 友人の中にも「大丈夫なの?」と心配する人もいましたが、「よかったね! 楽しみだね!」と言ってくれる人もたくさんいました。特にうれしかったのは、遅い結婚をしたばかりの異母妹が大賛成してくれたこと。本当にありがとう、と今でも思っています。このあと、妹は3人のかわいい女の子を産みました。

 こうしてぺったんこのお腹に幸せの種が育っているような待機期間が始まりました。

 今、養子縁組を考えている方たちは、両方の親への報告と反応が気になるだろうと思います。うちの場合は、夫側はとってもラクでした。それまでのいざこざから、「あの親には報告の必要なし」と夫が言ったからです。里親登録のことはひとまず知らせず、子どもが来たら考えることにしました。

 一方、うちの側は大変でした。何しろ母は、病的なほどの心配性です。その母に里親登録を終えてスタンバイしたことを報告すると、案の定ハリケーン級の心配のかたまりとなって襲いかかってきました。

母「自分で産んだ子と同じには育てられない」
私「自分の子がいないんだから比べようがないでしょ」
(私にとっての二度目の母は、妹を産んでいます。体験談なの?)
母「叱るべきときも世間の目があるから𠮟れなかった」
私「世間様よりも子どもが大事。私は𠮟れます」
(しつけの不備で、私は世間に出てから苦労したよ)
母「どこの馬の骨とも知れない子どもなのに」
私「ひとりで子どもを育てられるようなお父さんじゃないから、うちにお母さんが来てくれなかったら、私と弟も施設に預けられて同じことを言われていたかも。お母さんだって、そう言われたかもしれないよ」
(母も、私と同じで二度目の母に育てられています。因果はめぐる糸車?)

 なお、自分がいちばんかわいいタイプの私の父親は、「夫婦で決めたことに口を出す気はない」という想定内の反応でした。

 養子を考える理由のひとつに「跡取りがほしい」という方も多いと思いますが、私と夫は育てる経験だけでいいと決めていたので、子どもに無駄な負担がかからないよう女の子を希望しました。すくすく育って、遠くで仕事や結婚をしたければ、それもよし。「元気?」ってたまに電話できたらうれしいし。もしも、かわいい孫でも抱かせてもらえたら儲けもんです。

 でも、今思えば、性別を希望するなんて傲慢だったと思います。赤ちゃんを待って、待って、待ちわびている人たちがたくさんいることを知り、自分たちの傲慢さを反省しました。

連載「産めないから、もらっちゃった!」一覧ページ

「養子縁組をすることに決めたふたりへの周囲の反応」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。