「若さ」を美徳とする価値観はどこから来るのか 『ひとはなぜ服を着るのか』が問いかける画一的な美への疑問

文=エミリー
【この記事のキーワード】

 冒頭の「手」をめぐる出来事以来、私はその時の想いや記憶を度々思い出し続けながら、様々な場所で出会った、若さや画一的な美の在り方をよしとするのではない価値観を反映した言葉や作品を、密かに自分の中にストックしてきた。それはたとえば、先ほど紹介した石内都さんの「Innocence」であり、詩人・茨木のり子さんの「小さな娘が思ったこと」という詩であり、アイドルの和田彩花さんが、あるファッション撮影で、目の下の青クマやソバカスをコンシーラーで厚くカバーされることのない姿を写してもらえたことへの喜びについて記したTwitterの投稿であり、今回紹介している『ひとはなぜ服を着るのか』という本でもある。

 最近では、写真家の長島有里枝さんが、自身のInstagram投稿に関してインタビューで語っていた内容に、大きな力をもらった。

“作品と同じで、ちょっと写り込んでいるフォトジェニックじゃないものをどかしたり、片付けたりしないことこそ美しいと思う、一般的な「映え」観とは違う感覚でやってます。家にいるときは化粧をしませんし、朝から原稿を書いていたら髪もボサボサのままだったりするけれど、そういう写真も面白いと思えば載せてますね。毎日、仕事も家のことも一生懸命やって生きている結果、掃除や片付けをする時間がないならしょうがないかなと思うし。別に恥ずかしいことではないかな、と。” (The Fashion Post 『「誰もやらないから、自分でやるしかない」写真家・長島有里枝が言葉で語り続ける理由』より)

 1990年代から、セルフヌードを含むセルフポートレートなどの作品を通して、男性や社会が女性に向ける性的に消費する眼差しの存在やその暴力性を暴くというフェミニズム的な抵抗やアプローチを行ってきた長島さんの写真集『Self-Portraits』には、乱雑に散らかった生活感溢れる部屋や、ニキビもシミもそのままのすっぴんの顔、ボサボサの髪、クタクタの部屋着姿の長島さんの姿が数多く写っている。

 その一連の写真を見ていると、服もメイクも髪型も身体もすべてが完璧に整えられた姿だけが美しく、そうではない無防備で生活感溢れる姿は見苦しく、人に見せるべきものではないと当たり前に思ってしまっていた価値観の存在に気づかされる。そして、たとえ自分ではまだそれを実践する勇気はなかったとしても、「日常を一生懸命生きている姿は、どの瞬間も恥ずかしいものではない」という価値観があることを知り、それが心の片隅にあることは、きっと心強い支えや救いになる。

 どんなに固定観念や先入観から自由であろうと努めていたとしても、人は必ず何かしらの価値観の檻に囚われていて、その中で葛藤したり苦しんだりしている。そこから自由になるためには、常にそのことに自覚的であり続け、目の前の「当たり前」を疑い、日常の中の小さな違和感を無視せずに向き合いながら、自分の中に一つでも多くの価値観や物事の見方を蓄えていくしかないのかもしれない。

 もちろん「美の固定観念」についてだけではなく、実はどんな人にとっても密接に関わりのある、「ファッション」や「装うこと」を取り巻く様々な概念や価値観や問題を、これまでに見たことも考えたこともない視点と深さでまなざし考える方法を、『ひとはなぜ服を着るのか』はたくさん教えてくれる。

 ファッションが好きで心から楽しんでいるという人も、苦手意識や苦しさを感じているという人も、あまり関心がない人も、きっと誰にとってもこの本を読んだ後は、目の前に広がる世界の見え方が少しだけ、変化し開けたように感じるのではないだろうか。

『ひばりの朝』が描く、容姿や装いから一方的に「性的ジャッジ」を下す歪な社会

 社会から、とりわけ男性から「女性」に対して向けられる非対称的なまなざしの存在に気がついたのは、いったいいつのことだっただろう。私は、自分のアセクシュア…

「若さ」を美徳とする価値観はどこから来るのか 『ひとはなぜ服を着るのか』が問いかける画一的な美への疑問の画像1
「若さ」を美徳とする価値観はどこから来るのか 『ひとはなぜ服を着るのか』が問いかける画一的な美への疑問の画像2 ウェジー 2021.07.23

今の日本政府は「男社会」そのもの 『さよなら、男社会』が紐解く性差別と思考力の停止

「どうしてこうなってしまったんだろう」 日々の生活や人生の中で、そう思う瞬間はたくさんある。朝余裕を持って起きたはずなのに、気づけば遅刻ギリギリの時…

「若さ」を美徳とする価値観はどこから来るのか 『ひとはなぜ服を着るのか』が問いかける画一的な美への疑問の画像3
「若さ」を美徳とする価値観はどこから来るのか 『ひとはなぜ服を着るのか』が問いかける画一的な美への疑問の画像2 ウェジー 2021.08.06

1 2 3

「「若さ」を美徳とする価値観はどこから来るのか 『ひとはなぜ服を着るのか』が問いかける画一的な美への疑問」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。