櫻井翔・相葉雅紀W結婚、V6解散、若手ジャニーズの活躍…記者が振り返る21年の芸能界

文=秘密のアツコちゃん
【この記事のキーワード】

 「2021年は赤楚衛二くんに心奪われた」という女性編集部員が多かったけど、あの少年っぽいピュアな瞳にはアツもすっかり惚れちゃいました。いろんなところで評価され「2022年を引っ張っていく若手俳優」と認定された赤楚くんにはあちこちから熱い視線が。

 いやもちろんね、アツのイチオシはしつこいようだけど松下洸平さんで、終わったばかりのドラマ『最愛』(TBS系)もめちゃくちゃよかったし、デビューシングル「つよがり」とリリースしたばかりの最愛のミニアルバム『あなた』もどんだけ聴けば満足するのかってぐらい鬼リピしている毎日だけど。一度ハマったら抜けられないどっぷり深い洸平沼、恐るべし。ま、抜ける気もサラサラないけどね。歌詞の通り、あなたが好きで好きで好きで〜大変ですよ。

 アツのお友達はいち早く洸平くんを探し当て、ずいぶん前から一緒に仕事をしてきたんだけど「イキってた10年前も魅力的だったけど、今現在の方が表情も人間的にも深みができて確実によくなったと思う。応援したくなるような人材なんだよな」ってよく言っていて、ちょっとジェラシーを感じているんだけどホントそうなのよ。取材をしていても受け答えがとにかく真面目で少々、不器用な感じもいいし何より演技と歌声が秀逸! 最高!

 ……と勝手な雄叫びをあげるアツの隣りで先輩女性編集者が淡々と「今年はやっぱりV6の解散と、なにわ男子のデビューが印象深いわね」と発言。はい、それも確かに。

V6、26年の歴史に幕 デビュー時から追い続けてきた記者が6人の魅力を改めて振り返る

 11月1日、V6が幕張メッセで解散ライブを行い26年の歴史に幕を閉じました。デビューから成長を見守り続けてきたアツは感慨もひとしおな様子。今回はラスト…

櫻井翔・相葉雅紀W結婚、V6解散、若手ジャニーズの活躍…記者が振り返る21年の芸能界の画像1
櫻井翔・相葉雅紀W結婚、V6解散、若手ジャニーズの活躍…記者が振り返る21年の芸能界の画像2 ウェジー 2021.11.07

 中島裕翔くんを思い出すように、出会った時はまだ小さかった道枝駿佑くんが、いつの間にやらすっかり高身長になっていて、今では見上げるのに首が痛くなっちゃうぐらいで。かつて裕翔くんの身長がグングンすくすくと伸びていった時、亀梨和也くんが「俺の身長を超えていく時はひと声かけてけよ」と、『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)の撮影後に言ってて笑っちゃったんだけど、みっちーもあれよあれよという間に背が伸びていって、共演者の皆さんも驚いてたもの。

 裕翔くんの時は背が伸びた時にグループ内のダンス位置が変わったりして、本人的にも「結果的に身長が高くなったのは嬉しいことだったんだけど、アイドルとしてはどうなんだろうって考えちゃって。ずっとちょっとした違和感があって戸惑ってた」そうなんだけど、みっちーの場合はその高身長も大きな武器のひとつに。先日終わった目黒蓮くんとのドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)も最後まできっちりチェックしたけど、高身長同士のめめもみっちーも演技の幅が一段と広がって目を見張るばかりよ。

 ジャニーズで言えば長年「ブレイクしそうでしないグループ」と言われていたA.B.C-Zの河合郁人くんの大ブレイクが、アツ的にも心の底から嬉しかったわぁ。

 さらに俳優としての実力をつけ、ステップアップしたKing & Princeの永瀬廉くん、SixTONESの松村北斗くんの活躍も忘れられないわよね。

 廉くんはNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の演技も記憶に新しいし、2022年1月8日スタートのNHK土曜ドラマ『わげもん〜長崎通訳異聞〜』で時代劇に初主演。1月21日からは主演映画『真夜中乙女戦争』も公開されるし大活躍。2013年に玉森裕太くん主演のドラマ『信長のシェフ』(テレビ朝日系)で森蘭丸役を演じた時はまだ幼くて、京都の撮影所でも緊張しまくりで所在なさげだったのに、テレ朝の内山聖子ゼネラルプロデューサーは「彼はこれから絶対にいい役者になる」と宣言していて、ホントその通りになったしね。

 ほっくんも少し前に書いちゃったけどNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』での演技が切なくてセクシーで、朝から涙止まらずで困ったぐらい。

『カムカムエブリバディ』、SixTONES松村北斗の一途な演技にときめきが止まらない!

 11月1日にスタートしたNHK連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』。本作はNHKラジオの英語講座をテーマに、3人のヒロインが祖母〜娘の3代を演じて1…

櫻井翔・相葉雅紀W結婚、V6解散、若手ジャニーズの活躍…記者が振り返る21年の芸能界の画像3
櫻井翔・相葉雅紀W結婚、V6解散、若手ジャニーズの活躍…記者が振り返る21年の芸能界の画像2 ウェジー 2021.11.14

 ジャニーズ事務所に入所した際、ご家族揃って静岡から上京し「今ね、お父さんが東京で仕事を探してる最中なんだ」なんてあっけらかんと話していたほっくんは愛情いっぱいに育てられた身の上。取材陣にもすごく好かれていて、陰のある役もおちゃめな役も両方OKな若手演技派俳優に。

 そして、王道アイドルとして歌にキレッキレのダンスに舞台に、バラエティー番組にとそれぞれ各人が八面六臂の大活躍を続けるSnow Manも注目度は相変わらず高し。それなりに下済み時代は長かったけれど、その全てが血と成り肉と成り。彼らから「諦めちゃダメ、そこで終わる」の言葉を何回聞いたことか。報われて本当によかったぁ!

 向井康二くんのトーク回しにも定評があるけど、Snow Manの会話のやりとりは笑わずにはいられないし、何たって間がいいのよね。トークスキルは別格だもの。そのくせ歌わせたら統一された神ダンスを魅せてくれるし、文句のつけようなし。2022年の活躍が今から本当に楽しみよ。

 年末にきて痛ましい事件や悲しい出来事も起きているけれど、2022年のエンターテインメント界は一体どんなことが起きるのやら。どんなスターが発掘されるのか、ドキドキ&ワクワクしながら取材を続けたいと思います。皆さんのイチオシの“推し”は見つかりましたか?

 なお最後になりましたが、神田沙也加さんのご冥福を心よりお祈りいたします。あなたの透き通った歌声は今でもこの耳にしっかりと残っています。決して忘れません。どうぞどうぞ安らかに……。

1 2

「櫻井翔・相葉雅紀W結婚、V6解散、若手ジャニーズの活躍…記者が振り返る21年の芸能界」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。