アイドルのことを考えると「フェミニズム」に辿り着く 『アイドル保健体育』

文=エミリー
【この記事のキーワード】
アイドルのことを考えると「フェミニズム」に辿り着く 『アイドル保健体育』の画像1

アイドル保健体育』(株式会社シーディージャーナル)

 ファンの日常と心に、日々大きな力や光をもたらしてくれる「アイドル」の存在。見る側の私たちがいつもその存在やパフォーマンスからエネルギーや癒しを溢れんばかりにもらっている一方で、アイドルたちの心身の健康について考えたことのある人は、どれくらいいるだろうか。

 私自身、子ども時代はモーニング娘。やあややに憧れ、学生時代はももいろクローバーZに元気づけられ、ここ数年はハロー!プロジェクトのアンジュルムやSHINee、NCTなどのK-POPアイドルたちに魅了されながら、日々並々ならぬ光やパワーをもらってこれまでの人生を生きてきた。

 けれども、大人になって改めてアイドルの活動を追いかけるようになってからは、その眩しくて楽しい側面だけでなく、心身の負荷が大きいように思える過密なスケジュールや、体型管理や容姿に関するファンの言動、アイドル特有のルールなど、違和感や不安を抱かずにはいられない側面の数々も、少しずつ見えてくるようになった。

 「大好きな推しには、出来るだけ長く活動してほしい」と願う気持ちと、「ファンならば、違和感や問題とも向き合わなければ不誠実なのでは?」という葛藤。アイドルをとりまくさまざまな問題について考え始めたいと思ったときに手に取ったのが、『アイドル保健体育』(著:竹中夏海 株式会社シーディージャーナル)という本だ。

「アイドルだから仕方ない」は本当?

 長年、振付師として女性アイドルたちを近くで見てきた竹中夏海さんによる『アイドル保健体育』は、月経困難症・摂食障害・身体づくりと性教育の不足など、これまで見えないものとされてきたアイドルの健康課題について書かれた、教科書のような一冊。

 竹中さん自身の現場での経験や実感と、専門家へのインタビューや現役アイドルとの対談などをふんだんに交えながら、とりわけ女性のアイドルたちが抱える心身のさまざまな問題とその対処法や改善策について具体的に知り、考えるきっかけを与えてくれる内容で、アイドルファンはもちろん、運営側やアイドル本人にとっても非常に学びや気づきの多いものとなっている。

 アイドルたちはプロ意識の高さから、いつもステージやメディア上では眩しくて完璧な姿ばかりを見せてくれるため、ファンはつい「アイドルも自分と同じ生身の心と身体を持った人間だ」ということを忘れてしまいがちだ。

 ライブや対面イベントなどの数は多ければ多いほど純粋にうれしいし、ヒールの高い靴でかっこよく美しくパフォーマンスをする姿は、つい手放しで賞賛したくなる。また、「アイドルなのだから痩せていて肌がきれいなのは当たり前だ」「アイドルなのだから容姿について言及されるのは仕方ない」と、SNSや対面で体型の変化や肌の不調に対して、安易に言葉を投げかける人もいる。

 けれども、そんな“当たり前”やこれまであまり深く考えずにいた「アイドル」にまつわるものごとを一つ一つ解体して知り、新たな視点を得ていくことで、私たちファンは何気ない自分の認識や言動が、実はアイドルたちを苦しめ傷つけることに加担していたかもしれない、と気づかされる。

アイドルのためにできることはもっとある

 たとえば、第一章の「アイドルと生理」では、「月経」という女性特有の生理現象とそれに伴う個人差の大きいさまざまな症状や心身の変化について正しく知っていくと、そもそも体型や肌のコンディションを「本人の努力と意識の問題」としてみんなに同じような基準を求め、その基準を満たしていないことを「自己管理ができていない」などと批判することが、いかに問題であるかがわかってくる。

 また、アイドル界で度々行われてきた公開ダイエット企画が、「太ること=悪」という価値観をアイドル自身にも社会にも植え付けてしまう。さらに、容姿や体型について言及したり批判したりしてもいいという風潮を生み出し、アイドルを含む若い女性たちが摂食障害を発症しやすい大きな原因にもなっているという。

 そして、第二章の「アイドルと身体づくり」では、現代のアイドルはしばしばプロスポーツ選手以上の運動量でありながら、怪我や疲労蓄積を防ぐための基礎トレーニングやライブ前後の適切なケアを行う十分な時間がなく、身体に不調を抱えていることも多いことが明らかにされている。

 ひとたびこういった事実を知っていくと、もはやファンとしてただ無邪気にCDやグッズを買ったり、ライブやイベントに足を運んだり、コメントをSNSに書いたりして楽しく応援しているだけでは不十分であり、多くの問題を見過ごしている可能性があることが見えてくる。

 「推しを傷つけることにならないか」と常に一歩立ち止まって考え、自分のファンとしての言動を省みる必要があるのはもちろん、活動内容やスケジュールなども含め、アイドルたちが運営や他のファンの不理解や不適切な言動や対応によって苦しんでいるとわかった際には、改善を求めて声を上げることをしていけるくらいになっても、いいのではないだろうか。

アイドルのことを考えると「性」の問題に行き着く

 ところで、私はアイドルが大好きな人間であると同時に、ライターとしてフェミニズムやジェンダーなどにまつわるコラムなどを書かせてもらっている、「フェミニスト」でもある。

 そんな私が『アイドル保健体育』を読み進めていく中ではっきりと気づいたのは、この本ではあくまで「アイドル」という職業の視点や切り口からさまざまな問題について語られているものの、むしろそれらはこの社会全体に当てはまる問題であり、何よりこれまで「フェミニズム」がずっと考え、問題にし、語ってきたことばかりだということだ。

 第四章「アイドルと性教育」の中で、「恋愛禁止ルール」を一方的に押し付けるのではなく、まずは正しい性教育を受けることで、アイドル自身が恋愛や性行動に伴う影響やリスクについて自分で考え、自分の身体や人生を守るために正しい判断ができるようになる必要がある、と竹中さんは指摘する。

 これはまさに、フェミニズムが長年求めて闘ってきた、「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する権利と健康)」のことであるし、摂食障害を引き起こす大きな原因でもある「ルッキズム(外見に基づく差別や偏見/外見至上主義)」の問題も、同じくフェミニズムがずっと問題視してきたことでもある。

 女性アイドルの健康課題がこれまで見過ごされてきたのは、そもそも日本では「性」がタブー視され、適切な性教育がされてこなかったことが大きな原因だ。そのため、人々が正しくて安全な知識や多様な選択肢を得られず、気軽に人や専門家にも相談できず、特に身体の構造上負担が大きいはずの女性の身体や健康が軽んじられてきた環境が今も根深く存在し、影響を及ぼし続けている。

 この本を読んだ女性アイドルファンの男性たちは、もしかしたら「自分は男だから、ここに書かれていることを全然知らなかった」と思うかもしれない。でも実は、よく知らないかもしれないのは、残念ながら女性も同じなのだ。

 問題なのは、「知らない」ということ以前に、人々が性についての適切な知識や多様な選択肢を「知る機会が十分にない」ということだ。

 学校の授業で「月経」や「射精」のしくみについては簡単に教わっても、月経にまつわる具体的な症状や病気にはどんなものがあり、人によって大きな個人差のある症状の内容や重さに対して、どんな対処の選択肢(ピルなどの薬や吸水ショーツ・月経カップなどの多様なフェムテック)があるのかということや、性行為に伴うリスク(性感染症、妊娠)とそれを防ぐための正しい方法や対処法(避妊、中絶)を教えてもらう機会はほぼない。そのため、各家庭での親のリテラシーや、雑誌やネット・AVなどからの、個人の情報収集に委ねられてしまっている、という現状がある。

 最近では、手術なしで人工妊娠中絶を行える「経口中絶薬」の日本での承認をめぐって、厚生労働省が「経口中絶薬の服薬にも配偶者の同意が必要」という見解を出したことが、大きな問題になった。妊娠や出産をするかしないかという「自分の身体の決定権は自分にある」という当たり前のことが、この国の女性にはまだ認められておらず、しかも十分な教育や知識がないせいで、その事実すらよく知らずに生きている人が大勢いるのだ。

 「性」にまつわる問題は、どこか恥ずかしくていやらしく、堂々と話したり知ったりするのが憚られるような雰囲気が日本にはずっとある。けれども改めて一つ一つの知識や情報を知ってみると、「自分の生や身体に関わる基本的で大事な問題を、どうしてこれほど何も教えられずに知らずに生きているのだろう」と驚かされる人は、私を含め、きっとかなり多いのではないだろうか。

 だから、「アイドルが好き」「推しの健康について考えたい」という気持ちからこの『アイドル保健体育』という本を読むことで、気づけばアイドルに限らず、女性全体の健康課題や社会全体の性をめぐる問題について知り、考えることに繋がっているというのは、とても素晴らしいことだ。

「フェミニズム」と出会うきっかけに

 性別問わず、「フェミニズム」という言葉や概念に対して抵抗や苦手意識を持っている人はまだまだ多いかもしれない。けれどもこの本を読んで、書かれている内容を重要だと感じたり共感したりしたのだとしたら、それはもう「フェミニズム」の考えや思想の一部に触れて共感しているのと、実はほとんど同じこと。

 アイドルをはじめとして、世の中全体として見えないものや見えにくいものとされてきた(特に女性の)性や身体にまつわることについて、これまでは知らなかった知識や視点を得ることで、自分自身や他者への理解や想像力が広がり、自身の言動や社会のしくみのおかしさに気づくことができるようになる。

 さらにはそこを出発点として、たとえば社会学・ジェンダー理論研究者の高橋幸さんがアイドルとフェミニズムについてのインタビューの中で語っていたような、「多様化するアイドル像やファン層に反した画一的な恋愛禁止ルール」や「卒業制度」の問題、あるいはフェミニズムの文脈では見過ごされがちな男性アイドルをとりまくさまざまな問題など、この本に書かれている以外のことについても、想像や考えを広げていくことができるようになるはずだ。

 推しのことも、自分自身のことも、社会の中の他の誰かのこともより大切にできるようになるための一歩として、そして「フェミニズム」を自分ごととして捉えるきっかけとなる入門書としても、『アイドル保健体育』はすべてのアイドルファンに、ぜひとも手に取ってみてほしい一冊だ。

アイドルのことを考えると「フェミニズム」に辿り着く 『アイドル保健体育』の画像2

アイドル保健体育』(株式会社シーディージャーナル)

「アイドルのことを考えると「フェミニズム」に辿り着く 『アイドル保健体育』」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。