【8月28日(日)】中村香住×関根麻里恵「ディズニー作品から考える第三波・ポストフェミニズム」開催

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

【8月28日(日)】中村香住×関根麻里恵「ディズニー作品から考える第三波・ポストフェミニズム」開催の画像1

 社会学者の中村香住さんをホストに、毎回さまざまなゲストとともにディズニーについてのあれこれを話し合う不定期イベント、第二回の「ディズニー作品から考える第三波・ポストフェミニズム」を8月28日19時より開催いたします(不定期イベントについては、第一回開催時のこちらの記事をご参考ください)。

 今回は表象文化研究者で、ラブドールの表象や第三波フェミニズムに関連する論考を『現代思想』(青土社)等に執筆されている関根麻里恵さんをゲストにお招きして、『プリンセスと魔法のキス』『魔法にかけられて』『私ときどきレッサーパンダ』を中心に、ディズニー作品から第三波・ポストフェミニズムについて考えていきます。

 またイベント前半では中村さんに、2022年6月フランスにて開かれた「ディズニーランド・パリ・プライド」の参加レポートをしていただきます。打ち合わせでお話を伺った限り、本レポートもやはり「第三波・ポストフェミニズム」について考える時間になるはず。イベントは皆さまもチャットにておしゃべりに参加していただくことができます。ディズニー作品について、第三波・ポストフェミニズムについて一緒に考えを深める時間になれば幸いです。

※なお【アーカイブ】河野真太郎×中村香住「ディズニーの『多様性』」との同時購入で、それぞれ250円OFFが適用されます!(合計金額2000円)

中村香住×関根麻里恵「ディズニー作品から考える第三波・ポストフェミニズム」

開催日:2022年8月28日(日)
時間:19:00~20:30
商品:オンライン配信チケット+アーカイブ
料金:1500円(税込)
配信:Zoomウェビナー(PC、スマホ、タブレットから視聴できます)

※ ネットワークトラブルなど不測の事態でイベントを中断・中止せざる得ない可能性がございます。あらかじめご了承ください。
※ イベントの録音・録画、撮影、アップロード、頒布は禁止いたします。
※ チケット購入者には、イベント終了後、数日以内にアーカイブ視聴用URLとパスワードをご案内いたします。
※ イベント終了後、アーカイブ動画を販売予定です。

【8月28日(日)】中村香住×関根麻里恵「ディズニー作品から考える第三波・ポストフェミニズム」開催の画像2

関根麻里恵
学習院大学大学院人文科学研究科身体表象文化学専攻助教。早稲田大学ほか非常勤講師。専門は表象文化論、ジェンダー・セクシュアリティ、文化社会学。 女性身体に向けられてきた眼差しを再考する研究をおこなうほか、『ユリイカ』『現代思想』などに寄稿。共著に『ポスト情報メディア論』(ナカニシヤ出版、2018年)、『「百合映画」完全ガイド』(星海社、2020年)、『クリティカル・ワード ファッションスタディーズ――私と社会と衣服の関係』(フィルムアート社、2022年)、『ポストヒューマン・スタディーズへの招待――身体とフェミニズムをめぐる11の視点』(堀之内出版、2022年)など。共訳に『ファッションと哲学』(フィルムアート社、2018年)がある。

【8月28日(日)】中村香住×関根麻里恵「ディズニー作品から考える第三波・ポストフェミニズム」開催の画像3

中村香住
慶應義塾大学文学部・慶應義塾大学大学院社会学研究科 非常勤講師。修士(社会学)。専門はジェンダー・セクシュアリティの社会学。 現在は第三波フェミニズムの観点からメイドカフェにおける女性の労働経験について研究をおこなうかたわら、レズビアン・クワロマンティック当事者として“恋愛至上主義にノれないセクシュアルマイノリティ”の居場所づくりにも取り組む。共著書に『私たちの「働く姫、戦う少女」』(堀之内出版)、『ふれる社会学』(北樹出版)、『「百合映画」完全ガイド』(星海社)、『ガールズ・メディア・スタディーズ』(北樹出版)。共編著書に『アイドルについて葛藤しながら考えてみた――ジェンダー/パーソナリティ/〈推し〉』(青弓社)。 Twitter:https://twitter.com/rero70

【8月28日(日)】中村香住×関根麻里恵「ディズニー作品から考える第三波・ポストフェミニズム」開催の画像4

「【8月28日(日)】中村香住×関根麻里恵「ディズニー作品から考える第三波・ポストフェミニズム」開催」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。