トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peyton’s Post-Op Visits』をやってみた

文=近藤銀河
【この記事のキーワード】

トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peytons Post-Op Visits』をやってみたの画像1

 ショーン・フェイ著、高井ゆと里訳による『トランスジェンダー問題』(明石書店)は、トランスジェンダーの生を置き去りにした、一方的に当事者たちを問題視するような”トランスジェンダー問題”の提起の仕方が、トランスの人々が日々の中で抱える様々な問題を無視していることを指摘する。

 それは同時に、トランスジェンダーの当たり前の日常というものが無視され、極端に抽象的だったり劇的なものとして受け止められてしまっていることを意味する。

 なかでもトランスジェンダー男性に関する物事は表現の中でも置き去りにされやすい。その日常だったり交流であったりは、なかなか作品にならないという声が多くあった。

 今回紹介するノベルゲーム『ペイトンの術後訪問記(Peyton’s Post-Op Visits) 』はそんなトランスジェンダー男性同士の交流と、胸の性別適合手術後の日常を描く作品だ。

トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peytons Post-Op Visits』をやってみたの画像2

『ペイトンの術後訪問記』とインディーズゲーム

 ごく少人数で作られるインディーズゲームと呼ばれるゲーム群では、個人的な経験が強くゲームに反映されることが多く、マイノリティの生の経験を描く作品がたくさんある。『ペイトンの術後訪問記』もそうしたゲームの一つだ。ゲームの紹介に入る前に少しこのインディーズゲームシーンについて触れておきたい。

 インディーズゲームの中でも比較的大規模だったり注目度が高いゲームは、XboxやPlay Station、Nintendo Switchのような家庭用ゲーム機で発売されたり、もう少しマニアックなものはSteamと呼ばれる大手PCゲーム販売プラットフォームでも売られたりする。フェミニズムやセクシュアルマイノリティについて表現されたゲームが最も多いのは、こういったインディーズゲームの中かもしれない。

 ただ、大手のプラットフォームを通して一般向けに広く販売されるようなゲームはインディーズゲームの一部でしかない。ボリュームも開発人員も開発期間も、もっと小さなゲームはたくさんあって、その中では本当に色々な幅広い表現が行われている。

 そういう小さいインディーズゲームを楽しめるプラットフォームがitch.ioというWebサイトだ。ゲームを無料でアップロードしてページを作ることができるプラットフォームで、私も昔、自作のゲームをアップロードしたことがある。

 『ペイトンの術後訪問記』がダウンロードできるのも、このitch.ioからだ。本作に限らず、itch.ioではたくさんのセクシュアルマイノリティについてのゲームを見つけることができる。たとえば「LGBT」というタグで検索をかけると、3000件を超えるゲームが出てくる。前述のSteamでは同じように検索すると1200件ほどになっている。

トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peytons Post-Op Visits』をやってみたの画像3

(記事の末尾にitch.ioの使い方説明を掲載しているので、ダウンロードする際は参照してほしい)

男同士のケアと語り合いの物語

トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peytons Post-Op Visits』をやってみたの画像4

 『ペイトンの術後訪問記』は、トランスジェンダー男性の主人公ペイトンと、いわゆる胸オペと呼ばれる乳房の切除手術を行なったトランスジェンダー男性・マーカスの二人の物語だ。

 主人公のペイトンは、大学時代のルームメイトであるマーカスによる「今夜胸オペ。成功を祈っといて。」というSNSでの投稿を見て、マーカスが手術を受けることとトランス男性であることを知ったところからゲームは始まる。

 投稿を見たペイトンは、マーカスに久々に連絡を取り家を訪れる。ゲームはこの2人の交流をノベルゲームとして描いていく。全体のボリュームは3-40分ほどで、それほど長くはない。ただ時々挟まれる選択肢や、ちょっとした一枚絵の数々、そしてトランスジェンダー男性同士の交流を丹念に描くシナリオによってゲームは高い完成度を持っていて、一本の映画を見たような感覚がある。

 ゲームが描いていくのは2人のトランスジェンダー男性の交流とケアの時間だ。久々の出会いを遂げた2人は、術後の体調不良や体のケアを気にかけながら、過去のことや、これからのことを語り合ったりする。

 2人の会話では時折、選択肢が入る。大きく話の流れが変わる訳ではないけど、家を訪ねる時の差し入れが変わったり、プレイヤーの選択でちょっとした違いが話に生まれていく。

 序盤の選択肢で印象的だったのは、ペイトンがマーカスに手術のことについて聞いてみようとする場面。ここでは、三つの選択肢が提示されるけど、そのうち二つが躊躇いながら手術のことを聞こうとするもので、残りの一つが聞くのを遠慮するものになっている。

 ペイトンの心情と相手への遠慮と気遣いを、プレイヤーの手にゆだねる選択肢という形で示すこの場面は、本作がトランスジェンダーの生をゲームという形式で丁寧に描くこのゲームを象徴する、とても優れた場面だ。

 トランスジェンダーにとって、トランスの医療に関する情報を手に入れることは必要なことでありながら、同時に情報へのアクセスが難しい現状がある。身近に居心地のいいコミュニティがあることは稀だし、インターネット上の情報を探す時には差別的な言葉に触れるリスクがある。

 だから、気が許せる自分と同じ課題を抱える人との会話は、とても貴重な機会にもなる。だけど、相手も同じ傷を抱えていることがわかるから、ちょっと踏み込みにくい。このゲームの会話では、そんなトランスジェンダーの現実の生活がしっかりと描かれている。

 こういうトランスジェンダー同士の交流の貴重さも、ゲームは同時に描いていく。ペイトンとマーカスはルームメイトだったけど、マーカスは当時カムアウトをしていなかったから、ペイトンと今までそういう会話をしてこなかった、という背景も、その一環かもしれない。

 またペイトンとマーカスはそれぞれ疎外感を感じていて、それは二人のこの関係が貴重なものであることを強調する。

 ペイトンは髪を切らず昔の服を捨てないことから「本物」ではないと疑いをかけられる。マーカスはカミングアウトの時にクィアな人々からも指示を受けてうんざりしたことを明かす。

マイノリティ内の多様さを描く

トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peytons Post-Op Visits』をやってみたの画像5

 こうした語りは二人の差異を描きつつ、トランスジェンダー男性の多様性を描くものでもある。私がこのゲームを好きになったポイントの一つは、ここにある。

 セクシュアルマイノリティを扱う作品では、ある属性を持つキャラクターと別の属性を持つキャラクターの関係を描くものであったりするものが多かった。それに対して本作が描くのは、同じ自認を持ちカムアウトした人間同士の関係だ。この複数性は、トランスジェンダー男性の中の多様さを示す。マイノリティ集団の中にある多様性は、重要なものだ。

 ペイトンが感じた疎外は、彼がマイノリティ属性の中である一つのらしさ一つを押し付けられたことに由来し、それはある属性の中の多様性の認知が不足していることを示唆する。本作が取り組んでいるのはまさにこのような課題だ。

 物語の主題が手術になっているのも、こうした点と関連があるかもしれない。吉野靫による『誰かの体を生きられはしない』(青土社)はトランスジェンダー医療において標準的とされるような治療法と、個々のトランスジェンダーが望むものの間のズレが、致命的な苦しみを生むことを問うている。

 そのような標準的なものとして作られた制度の中で、トランスジェンダーとして生き抜き、また様々な制度と対峙せざるを得ない時の心の動きと連帯をこのゲームはしっかりと描こうとしていた。

 またペイトンとマーカスのそれぞれ異なる男性としての表現は、周司あきらの『トランスジェンダー男性によるトランスジェンダー男性学』(大月書店)での男性性についての議論を思い出す。周司は男性性とされ議論されるものの中に、トランス男性の想定が存在していないことを指摘する。本作が描く複数のトランスジェンダー男性の差異は、男性性の観点からも解釈できるはずだ。

 本作は本当に丁寧にゲームという形式を通して、トランスジェンダー男性の物語を伝えてくる。手術のこと、コミュニティのこと、日常の差別、カムアウト、家族から同性愛者だと思われてトランスジェンダーとして認知してもらえない差別。

 そうしたトランスジェンダー男性の日常を語る本作は、トランスジェンダー男性の情報にアクセスしたいけどアクセスできない人に向けた応援でもあるように思えた。

ゲームの個人制作を支えるコミュニティ

 もう一つ、『ペイトンの術後訪問記』を日本語で語る上で触れておきたいのはローカライズについてだ。本作は日本語化されていて、起動時の下に出るSettingsから言語を変えることができる。この翻訳はかなり丁寧で二人の会話をイキイキと伝えてくれる。

 この翻訳はゲームのリリース後にゲームをプレイした翻訳者の鳥の王国氏が作者にコンタクトして行ったものだという(鳥の王国氏によるゲームの紹介記事。作者インタビューにも触れた内容でぜひ読んでいただきたい)。

 PCゲームではこうした有志翻訳が公認非公認を問わずたびたび行われてきている。こうしたゲーム開発コミュニティによる協力によって新しい展開が生まれていくのも、PCゲームシーンの魅力だと思う。

 このゲームにはサウンド・キャプション(音楽や効果音を文字で表示する機能)が付けられているが、これはnpck氏が開発し公開しているツールを使ったものだ。そしてnpck氏は本作にも大きな影響を与えているであろう『A YEAR OF SPRING』というトランスジェンダー女性らを主人公にトランスジェンダーの日常を描いたゲームの作者としても知られている。

 ゲームコミュニティにはトキシックな面が多いのは確かだけど、こうした繋がり方や助け合いもまた存在しているのだ。本作はゲームコミュニティのそんな一面もまた、示してくれているのではないだろうか。

これからプレイする人向けのポイント解説

・トップ画面のSettingsを押してメニューを出すと日本語に変更することができる。
・本作は容量が非常に小さいので、高性能のPCじゃなくてもプレイできるはず。

itch.ioの使い方

 本作のページにジャンプするとこんな感じの画面が出てくる。基本的に構成はitch.io内ではどれも同じだ。ダウンロードするときは、Download Nowボタンを押す。

トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peytons Post-Op Visits』をやってみたの画像6

 するとこういう支払い画面に遷移する。『ペイトンの術後訪問記(Peyton’s Post-Op Visits)』の場合、基本無料だけど好きな価格を支払うことができる形式になっていて、3ドル以上を支払うとアートコレクションやノートを手に入れることができる。

トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peytons Post-Op Visits』をやってみたの画像7

 もし支払う場合は、上の$3.00と書いてある欄に任意の金額を入力して、下のrequiredと書いてある欄にメールアドレスを入力して、赤いPay with PayPalかPay with Cardを押すと購入画面に進む。

 購入後はそのままダウンロードできるし、登録したメールアドレスに来たメールから再ダウンロードすることもできる(無くさないように!)。itch.ioトップから会員登録も出来るので、買う場合はそちらを先にしてもいいかもしれない。

 無料でプレイする場合は、アンダーラインのついてるNo thanks, just take me to the downloadsをクリックするとダウンロードページに飛べるようになっている。自分が使っているOSに合わせてファイルをダウンロードし、ダウンロードしたいファイルを解凍してアイコンのついた実行ファイルをクリックすると起動するはずだ(セキュリティの設定によっては警告が出てくる)。

「トランスジェンダー男性同士の交流を描く『Peyton’s Post-Op Visits』をやってみた」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。