【12月20日(火)】高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ 『布団の中から蜂起せよ』刊行記念イベント」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

【12月20日(火)】高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ 『布団の中から蜂起せよ』刊行記念イベント」の画像1

 ライター・高島鈴さんの初の単著『布団の中から蜂起せよ』(人文書院)が今年10月に刊行されました。本書は、さまざまなメディアに掲載された高島さんのエッセイと書き下ろしをまとめたもので、wezzyからは「『コンプレックスこそ美しい』の先にある、閉鎖された社会」が改稿の上で収録されています。

 本書の刊行を記念して、wezzyでは、高島さん、山内尚さん、春ねむりさんによる鼎談イベント「表現の鋭角に立つ」を企画しました。文筆、漫画、音楽とそれぞれ異なる方法で表現活動を行なっている三人による鼎談をどうぞお楽しみください。

 すでにお二人と親交のある高島さんに、山内さん、春ねむりさんの紹介、そしてイベントで何をお話になりたいかをお書きいただきました。

※ 12月14日追記:本イベントはUDトークを使用した文字通訳による情報保障を行う予定です。情報保障を希望される方は、チケット購入時、備考欄にその旨をご記入ください。UDトークルームへの招待を contact@wezz-y.com よりお送りします。なお、お使いのデバイス(スマートフォンやタブレット)によっては、字幕が見えにくいなどの問題が発生する可能性がございます。できる限り表示画面の大きなデバイスでご参加ください。

****

 鼎談の相手となるのは、漫画家・山内尚さんとポエトリーラッパー・春ねむりさんです。

 山内さんは『魔女の村』『クイーン舶来雑貨店のおやつ』(ともに秋田書店)などで知られ、限りなく優しい筆致の中に社会への怒りが強く滲み出る作風が光ります。

【12月20日(火)】高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ 『布団の中から蜂起せよ』刊行記念イベント」の画像2

山内さんの新連載『よるべない花たちよ~for four sisters~』は「エレガンスイブ」にて更新中

 山内尚作品は何より、エッジに立っていることが激しい表現と直結するわけではない、と私に教えてくれた作品群です。人が生きていける空間を物語の中に作り出そうとする強い思いは、いつも私を奮い立たせてくれます。

 春ねむりさんは、最新作『春火燎原』が一躍話題を呼びました。恥ずかしながら初めて春ねむりさんの音楽に触れたのが今作だったのですが、表題曲「春火燎原」を聴いた瞬間、鳥肌が立ったのをよく覚えています。生と死の境界を彷徨う人たちを祝福する春ねむりさんの楽曲群は、『布団の中から蜂起せよ』の中でも繰り返し述べた「生存は抵抗である」というテーマに強く共鳴するものです。

 今回は鼎談という形を取り、私の初めての単著『布団の中から蜂起せよ』を主題とするイベントではありますが、同時に「山内さんと春ねむりさんの対話を私が間近に聞いてみたい」と望んでいるがゆえの企画でもあります。表現のエッジに立ってこの世の抑圧に抗っているお二人と一緒に、今できる抵抗とは何かを考えてみたいと思っています。

【12月20日(火)】高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ 『布団の中から蜂起せよ』刊行記念イベント」の画像3

高島鈴
ライター、アナーカ・フェミニスト。ele-king(Pヴァイン)、「シモーヌ」(新書館)、webちくま(筑摩書房)で連載。二木信・山下壮起編著『ヒップホップ・アナムネーシス』(新教出版社)、「文藝」(河出書房新社)などに寄稿。

【12月20日(火)】高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ 『布団の中から蜂起せよ』刊行記念イベント」の画像4

春ねむり
神奈川・横浜出身のシンガーソングライター / ポエトリーラッパー / プロデューサー。自身で全楽曲の作詞・作曲・編曲を担当。2018年4月、1stフルアルバム『春と修羅』をリリース。2019年、アジア/ヨーロッパツアーを開催。2022年3月、北米ツアーを開催し全ての公演がソールドアウトと大盛況で幕を閉じる。その後の「SXSW」では、Pussy Riotのステージに招かれゲストボーカルとして参加。2022年4月22日、4年ぶりとなるフルアルバム『春火燎原』を発表し、米メディアPitchforkでは8.0点の高得点を獲得。10月には今年2度目となる北米ツアー”SHUNKA RYOUGEN NORTH AMERICA TOUR 2022″を開催。11月からはタイ・バンコクで開催の音楽フェスティバル「Maho Rasop Festival」を皮切りに東アジアツアーを開催中。これが新世代のジェイポップ、こころはロックンロール。

【12月20日(火)】高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ 『布団の中から蜂起せよ』刊行記念イベント」の画像5

山内尚
犬を愛する漫画家。読み切り『帰る家』(ミステリーボニータ2019年1月号掲載)で第4回ロイヤル少女まんが賞入選。『わたしの歯』でアフタヌーン四季賞2018年秋の佳作を受賞。秋田書店から『魔女の村』『クイーン舶来雑貨店のおやつ』が電子単行本で二冊同時発売中。エレガンスイブ(秋田書店)にて、母の家出から始まる四姉妹の物語『よるべない花たちよ ~for four sisters~』を連載中。

高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ」

 イベントチケットは、「オンライン配信参加チケット」と「書籍+オンライン配信参加チケット+お知り合い招待」の二種類があります(どちらもアーカイブ付き)。

1.「オンライン配信参加チケット」1100円(税込)
2.「書籍+オンライン配信参加チケット+お知り合い招待」2600円(税込)

※ 購入ボタンが表示されない方は、こちらのリンクからご購入ください。
https://wezzymeeting.stores.jp/

開催日:2022年12月20日(火)
時間:19:00~20:30
配信:Zoomウェビナー(PC、スマホ、タブレットから視聴できます)

1.オンライン配信参加チケット(+アーカイブ) 1100円(税込)

※ チケット購入後にダウンロードできるPDFファイルに参加用のウェビナーURLが記載されています。

2.書籍+オンライン配信参加チケット+お知り合い招待(+アーカイブ) 2600円(税込)

販売期間:12月18日 23:59まで

 「お知り合い招待」について:本商品を一つ購入するたび、お知り合いを一名イベントに招待いただけます。本商品購入時、備考欄にイベント(+アーカイブ)に招待したい方のメールアドレスを記入ください。必ず招待したい方へ事前に確認をした上でのご記入をお願いいたします。後日、contact@wezz-y.com よりイベント参加用のURLを記載したPDFを記入いただいたメールアドレスにご案内差し上げます。

 なお購入後に招待される場合は、購入時に記入したお名前とメールアドレス、招待したい方のメールアドレスを記入の上で contact@wezz-y.com に、イベント開催日当日までにご連絡ください。こちらも必ず招待したい方へ事前に確認をした上でのご記入をお願いいたします。

※ 700円ほどお買い得です(2200円(税込書籍代)+400円(チケット代)=2600円)
※ イベント参加用のURLは後日メールにてご案内差し上げます。事前に contact@wezz-y.com の受信許可を設定してください。
※ 書籍発送に数日ほどお時間をいただく場合がございます。開催日前の到着をご希望の方はお早めにご購入ください。

※ ネットワークトラブルなど不測の事態でイベントを中断・中止せざるを得ない可能性がございます。あらかじめご了承ください。
※ イベントの録音・録画、撮影、アップロード、頒布は禁止いたします。
※ 購入から視聴用URLの取得までの流れはこちらをご参考ください。
※ チケット購入者には、イベント終了後、数日以内にアーカイブ視聴用URLとパスワードをご案内いたします。
※ イベント終了後、アーカイブ動画を販売予定です。

参加にあたってのご準備

LANケーブルもしくはWi-Fiに接続し、通信環境の良いところから参加してください。

◉ PCの方
ブラウザ、アプリよりご参加可能です。
↓アプリのインストールはこちら↓
https://zoom.us/download#client_4meeting

◉ スマートフォンの方
アプリよりご参加可能です。
事前にZoomアプリをインストールいただいた上でご参加下さい。
↓アプリのインストールはこちら↓
https://zoom.us/download#client_4meeting

◉ タブレットの方
アプリよりご参加可能です。
事前にZoomアプリをインストールいただいた上でご参加下さい。
↓アプリのインストールはこちら↓
https://zoom.us/download#client_4meeting

【12月20日(火)】高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ 『布団の中から蜂起せよ』刊行記念イベント」の画像6

「【12月20日(火)】高島鈴×春ねむり×山内尚「表現の鋭角に立つ 『布団の中から蜂起せよ』刊行記念イベント」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。