社会運動の理想と抵抗のあいだ 『マーベル スパイダーマン マイルズモラレス』をやってみた

文=近藤銀河
【この記事のキーワード】

社会運動の理想と抵抗のあいだ 『マーベル スパイダーマン マイルズモラレス』をやってみたの画像1

 今回扱うゲーム『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』は『Marvel’s Spider-Man』のスピンオフ作品だ。タイトル通り、スパイダーマンである少年マイルズ・モラレスとなって、リアルに再現された冬のニューヨークの街を飛び回りながら、敵と戦っていく超大作な感じのゲームとなっている。

 スピンオフ作品ではあるけど、単独でも十分楽しめる作りになっていて、そのあたりはアメコミ映画っぽいかもしれない(MCUとは特に繋がりはない)。

 主人公のマイルズという少年は、アメコミでも登場している黒人のスパイダーマンだ。映画『スパイダーマン:スパイダーバース』でも主役の一人として登場していた。

 本作では、彼はニューヨークのハーレム地区に住んでいて、ホームレス支援に関わるなど、地域に密着したキャラクターとして描かれる。それに合わせて、ゲーム内でもこの地元に何度も訪れることになるし、マイルズとして、あるいはスパイダーマンとして、地域活動に参加することにもなる。

 舞台となっているハーレムは、ニューヨークの中でも黒人の歴史と深く関わる街だ。1960年代の公民権運動では、マルコムXらがハーレムを拠点に活動したことはよく知られている。いささかステレオタイプ的とはいえ、そうした歴史は作品のストーリーにも明らかに反映されている。

 『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』が描くのは、人種的マイノリティが暮らす地域コミュニティを破壊しようとする大資本との戦いと、その戦い方の複数性の話だ。そしてそれは、Z世代の人種的マイノリティたちの物語でもある。

それぞれの抵抗の仕方と対立

 ゲームの物語は、マイルズがスパイダーマンになって(いつものように蜘蛛に噛まれて)からしばらく後、初代スパイダーマンのピーター・パーカーと協力しながらNYCを守っていたところからスタートする。

 最初のチュートリアルではマイルズとピーターの二人が活躍する様子が描かれ、スパイダーマン初心者でなにかと先走りがちなマイルズと共に、プレイヤーはスパイダーマンとしての戦いに慣れていく。

 ところが、初代スパイダーマンのピーターが休暇をとることになり、マイルズはスパイダーマンとしてピーターからニューヨークの街を守ることを託される。こうしてマイルズは、たった一人のスパイダーマンとして、冬のニューヨークを守ることになる……というのが物語の出発点だ。

 そしてスパイダーマンとしての活動の中でマイルズが直面するのは、犯罪や暴力や個人的なドラマといったものだけでなく、ある種の社会運動の難しさで、私が本作に惹かれたのはまさにこの点だった。

 マイルズが暮らすハーレムの街では、新興テック企業の「ロクソン」が再開発を進めていて、独自に開発した新エネルギーを導入しようとしている。再開発の影響はゲーム内でも確認できて、巨大商業ビルが、住宅街が並ぶハーレムの街にそびえているのがマップの至るところから見える。さらにロクソンは極めて強力な銃火器で武装した独自の私的警備部隊を持ち、街を支配しようとしていた。

 一方で、マイルズの母親リオ・モラレスはこの再開発が地域を破壊するものだと反対活動を行い、市議会議員に立候補をしようとしていた。作中ではリオの決起集会に参加する場面もある。地域の住人たちがフードキッチンや、チャリティなど様々なブースを出す中で選挙演説が行われる場面は、非常に作り込まれていてこのゲームが地域コミュニティの政治を大切にしていることをよく表していた。

 ロクソンと対立するのは、リオだけではない。ニューヨーク中で破壊活動を繰り返す犯罪組織「アンダーグランド」と、そのリーダーであるティンカラーは、ロクソンの新エネルギーに反発しロクソンを狙ったテロ計画を進めていた。

 新興テック企業にしろ、犯罪組織にしろ、一つ一つはよくある悪役だけど、それらが積み重なることで、文字通り深みのある一筋縄ではいかない物語背景が作られる。

社会運動の理想と抵抗のあいだ 『マーベル スパイダーマン マイルズモラレス』をやってみたの画像2

 ロクソンの活動が街にとって破壊的なものであるという地点で、破壊活動を行うアンダーグラウンドのティンカラーと、政治活動を行うリオの見解は一致する。けれど、ティンカラーたちから見ればリオの運動は生ぬるく、リオからすればティンカラーの活動は危険なものでもあるのだろう。

 前述の選挙演説の中でリオはロクソンを批判するけど、目的が同じはずのアンダーグラウンドはリオの演説中に襲撃する。マイルズはスパイダーマンとしてリオを守ろうとするものの、リオは負傷してしまう。

 ここには、社会運動の難しさが込められているのかもしれない。圧倒的な力で、既存の規範に従って蹂躙してくる存在に、立場の弱い側はどのように抗えるのだろうか。そこでは抗う道筋自体が消されていて、正当とされる方法で抵抗すること自体が難しくされてしまっている。その無力感をめぐる葛藤が、ティンカラー率いるアンダーグラウンドとリオ・モラレスの対比に込められているようだ。

 同じマーベルのコミックスではX-MENが同じような葛藤を描いていて、どちらの作品も明らかに黒人運動におけるマルコムXとマーティン・ルーサー・キングの関係をベースにしてもいる。『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』がハーレムを舞台にするのも、そういう歴史への意識があってのことだろう。

 敵の敵は味方、という言葉では片付けられない事象がそこにはあって、どちらにも共感しながらマイルズは「街を守る」というヒーローとしての課題を考えていくことになる。ただ後述するけれど、マイルズのこの「守る」という姿勢は、ある意味では保守的なものなのかもしれない。良くも悪くも本作の街は優しく理想的なもので、それがずっと続いていけばいいような社会として描かれている。ただそれは裏を返すと、マイルズが何かを変える必要性を問わないということでもある。

 マイルズとティンカラーの対立は後半のゲーム展開と大きく関わるのだけど、そこには破壊することでしか道を見つけられない立場の人間と、それ以外の道を見出せる人間の、立場の違いも絡んでくる。

スパイダーマン、炊き出しを行う

社会運動の理想と抵抗のあいだ 『マーベル スパイダーマン マイルズモラレス』をやってみたの画像3

 ゲームの構図を広げる要素として、ポッドキャストの存在も重要だ。ニューヨークの巨大な街を移動をしているちょっと退屈な時間に、ポッドキャストという形で色々なニュースが流れてくる。

 プレイ中に聞けるポッドキャストは主に二種類で、一つは映画でもおなじみのスパイダーマン批判論者のJJJことJ・ジョナ・ジェイムソンの運営する「JJJのファクトニュース」というもの。ここでJJJはスパイダーマンをかなり無理矢理に批判し、過去の社会に対する懐古的な姿勢を示す、ある種の陰謀論者の戯画として描かれる。JJJがロクソンを支持し、ロクソン批判を否定する様子は近年のイーロン・マスクの動向をみると、嫌な生々しさを感じてしまう。

 JJJのポッドキャストに対して、対比されるように描かれるのが、ダニカ・ハートという中国系移民のやっているポッドキャストだ。

 これはZ世代っぽい左派的なポッドキャストで、JJJに対抗したり、ロクソンの批判を行いスパイダーマンやリオ・モラレスの選挙活動を応援してくれる。面白いのが、彼女のポッドキャストの締めに色々なセルフケアの促しが入るところだ。ちょっとストレッチをしましょうとか、簡単に栽培できる植物の情報とかを教えてくれる。これはとても今っぽいし、面白い(その面白さは単純化された構図の分かりやすさとも重なっていてなんとも言えない気持ちにもなるけど)。

 ヒーローとセルフケアは大きな問題で、自分を放棄するヒーローの覇権的なマッチョさは、ヒーローの弱さでもあった。それはその下で犠牲になり、またヒーローをケアする人物を軽く扱ってしまう。マイルズもそういうところがありながら、軽やかに駆け抜けようと――成功しているかどうかともかく――試みている。彼は相棒とゲームを作ろうとしたりするし、音楽をミキシングで作ったりして、自分の生活をきちんと楽しもうとする。マイルズのヒーロー像はどこかで日常に根ざしていて、分離していないのだ。

 またサブの物語として、ホームレスなどの支援団体であるF.E.A.S.Tの物語が用意されている。いくつかのサブミッションからなるこのストーリーラインでは、F.E.A.S.Tを狙い地域コミュニティを破壊し地上げを狙う組織的な犯罪との対決が描かれる。

 ここでも、地域コミュニティと資本によるその危機が題材になっていて、このゲームがテーマとしているものがしっかりと示されていた。『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』は多様な人々が協力して作り上げるコミュニティを、破壊し資本主義的な利益のために再編しようとする存在との戦いの物語なのだ。

 このストーリーの中で描かれる幾つかの場面――主人公がテント村の公園での炊き出しに参加したり、支援団体の一員として彼ら彼女らと必要な支援について話し合う場面――はヒーロー映画でもゲームでもなかなか見ない光景で本作の重要な場面だ。

 聾者のストリートアーティストと手話で会話する場面も何度かあって彼女のキャラクター造形の力強さもあって印象的なのだけど、ここではただ描写するだけにとどまらず、ゲームにオプションとして手話を表示するアクセシビリティ機能があったりして、大予算で作られる大作ゲームとしての責任も取ろうとしているのが感じられる。

社会運動の理想と抵抗のあいだ 『マーベル スパイダーマン マイルズモラレス』をやってみたの画像4

 ゲームではスパイダーマンは、お馴染み(?)の蜘蛛糸でスイングして移動するけど、この移動するときのスパイダーマンは、絶妙に地上に近くて、けれども少し離れた距離になっていてマイルズと地元の距離を示すようでもある。

 本作の中のニューヨークは、スパイダーマンの移動速度の速さもあって、少しブロックを移動するだけで全然違う姿を見せるような作りで、小さな場所に様々な属性が寄り集まってできている街として表現されている。ビルとビルの間を駆け抜けていくと、そこには色々な属性が折り重なってあることが実感としてわかるし、ビルとビルに糸をひっかっけて移動する本作のスパイダーマンは、その属性を交差させてつなぎ合わせていく存在なのかな、という感じがしてくる。

 実際、ゲームの序盤ではスパイダーマンが橋を糸で繋ぎ合わせる場面があって、この繋ぎ、合わせ、止める、という蜘蛛の糸のモチーフはゲームのテーマとも関連させられている。

 終盤ではスパイダーマンのマイルズの物語は、家族の中にヴィランがいるという事実の発覚や、友達へヒーローであることを語るかどうかという展開を経て、アイデンティティの葛藤と共にクライマックスに向かっていく。

 ただ残念なことに、このクライマックスで物語は突如ストレートになり破綻していってしまう。次からのパートではネタバレを交えつつそのことを見ていきたい。

アイデンティティの開示に悩むスパイダーマン

 ゲームの中盤あたりから、マイルズの物語とスパイダーマンとしての活躍がつなぎ合わされていき、マイルズの知り合いの人物たちがヴィランであったことが次々と明かされていく。

 犯罪組織のアンダーグラウンドを統率しているティンカラーは、マイルズのかつての幼馴染のフィン・メイソンであることが明らかになる。フィンの兄のリックは、ロクソンで働き新エネルギーの開発に携わっていたが、健康被害を引き起こす新エネルギーの危険性に気づき、開発中止を訴えるも、ロクソンのCEOサイモン・クリーガーに殺されていた。

 フィンはその後、独自の形状記憶金属技術を使い武器や鎧を作ってアンダーグラウンドのトップとなり、スパイダーマンとも渡り合うヴィランとなった。

 マイルズの周りにいたヴィランはティンカラーだけではない。自身の叔父のアーロン・デイビスは父の宿敵であったプラウラーという犯罪者だったことも明らかになる。アーロンは、自身がプラウラーであると告げたことにより家族から孤立した経験から、マイルズに素性を隠すよう忠告をする。

 一方でマイルズは自分もロクソンを止めたいのは同じだし、幼馴染の犯罪を止め、手助けができれば、と考える。マイルズは自身の素性をフィンに語って協力を求めるべきか、隠し通すべきかという葛藤を抱えていくのだ。

 ヒーローの素性を隠している性質がある種クィアなものの比喩ともとれて、私はここで結構感情移入してしまった。マイルズに恋愛っぽさがないのも、この移入を後押ししていたのかもしれない。アーロンがある種のカミングアウトに失敗した経験を持っていることも、そんな比喩を感じる理由の一端になっている。カミングアウトの怯え、アイデンティティの二重化、といったことを通してその二つは重なる。

 ただやはり当然だけどヒーローのそれとクィアのカミングアウトは異なる。その異なりは色々なものがあるけど、まず違うものとして挙げられるのは、社会からの抑圧のされ方と歴史性だろう。

 そして『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』に欠けているのはまさにこの描写だった。

暴動の物語の葛藤に蓋をするスパイダーマンの正義

 ゲームの終盤になるにつれ物語とアクションがヒートアップしていく一方で、示され広げられたテーマは次第に失われていっていく。それは社会との関わりがゲームから失われていく過程でもあった。

 クライマックスで、ティンカラーはロクソンの新エネルギーを暴走させてロクソンのビルを吹き飛ばそうとする。しかし、新エネルギーはロクソンのCEOサイモンにより過剰に充電されていて、そのせいでフィンの計画が実はハーレムの街さえも吹き飛ばす結果になることを、マイルズはつかむ。

 けれどフィンにスパイダーマンであることを明かすことに失敗しコミュニケーションを拒絶されたマイルズは、彼女からの信頼を得られず、フィンはアンダーグラウンドを率いて計画を強行しようとする。

 物語はここでロクソン、アンダーグラウンドの全面衝突と、それを抑えようとするスパイダーマンという三つ巴の展開になり、アクション満載になって爆走していく。

 ただ、そこでは今まであった複雑さは失われ、個人的な感情に任せて暴走するティンカラー=フィンという描写になり、彼女とスパイダーマンであるマイルズの対立は、個人的な感情の拗れが強調されていく。

 しかもラストでは、自己犠牲によって街を救おうとするマイルズと、それをさらなる自己犠牲で救うフィンというドラマが展開されてしまう。フィンとマイルズの関係はここで断たれてしまい、フィンは犯罪者であり犠牲者でもある幼馴染としてマイルズの中で葬られ、エンディングを迎える。

 それはとても寂しいドラマで、フィンとマイルズにありえたもっと色々な対立――たとえば二人の家族との関係、マイルズが地元を一度離れていたこと、フィンがより声を出せない状況にあったこと、マイルズにはメンターとなる人がいたこと、抑圧に抗うための選択肢が少ないこと、フィンとマイルズにジェンダーの違い――を切断してしまうドラマでもある。それは、抑圧の歴史といった、ゲームの社会的背景を比喩にとどめてしまうドラマでもある、と私は感じた。

 ある意味でこれは、本作が結局のところ敵を倒すことの爽快感を重視するゲームである限界なのかもしれない(ちなみにマイルズは人を殺していない。ビルの屋上から落っこちた敵も、後でよく見るとビルの側面に貼り付けられていて生きている様子が描写されている)。あるいは、特にクライマックスのノンストップ感を強調するために、議論や思考を呼ばない程度の単純さに物語を落ち着けようとしてしまったことの結果がこのラストなのかもしれない。

 この後味の良さげに見える後味の悪さは、ゲームの終盤、最終決戦に向かうマイルズが警官だった父の遺影を見て、街を守る機構である自分と警察を重ね、さらにマイルズと国家との繋がりを暗示する場面に象徴されている。

社会運動の理想と抵抗のあいだ 『マーベル スパイダーマン マイルズモラレス』をやってみたの画像5

 それは、力ある暴動(ライオット)を押さえつけようとする権力の暴力をマイルズに重ねてしまう描写で、ハーレムを舞台にする『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』が序盤で示していたはずの物語と逆行するものだった。我々の世界において、黒人を抑圧し、黒人の怒りを抑えつけ、黒人を殺してきたのは、国家的暴力であるところの警察機構であり、そうした”正当な”権力に支えられた力を持った存在の象徴として、ロクソンとその私的警備部隊が出てきたはずだった。

 それに対して、デモという形で抵抗を示したのがBlackLiveMatterであり、それは時に暴動の形にも発展した。その象徴であるのがリオ・モラレスとアンダーグラウンドを率いるティンカラー、そしてスパイダーマンになったマイルズ・モラレスだったはずだ。

 しかしゲームはこうして始まった物語を完全に裏切ってしまう。アンダーグラウンドとティンカラーはただの悪辣で搾取的な犯罪組織になり、スパイダーマンは国家と迂遠に同化する。

 その裏切りは、ゲームが全体を通して街の歴史や人種主義による抑圧のあり方に対して、口数少ない語りを行っていたところと、関係しているだろう。『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』は、比喩や象徴に物事を留まらせ、本来語れるはずだった物事を曖昧にしてしまっていた。

 それはクィアや障がいの描き方にも表れている。助け合い尊重され合う理想的なコミュニティを本作は描くけど、その先にある広がりについてゲームは口を閉ざしてしまう。その理想さは居心地が良いけれど、単純化された敵と共に描かれると、人々の持つ反抗の意思を覆い隠しているだけのように見えてくるのだ。

 人種と交差性の物語は、単純な物語には回収できないのではないか、と私は思う。その単純さは『Marvel’s Spider-Man:Miles Morales』を同じマーベルのコミックを原作とするライアン・クーグラー監督の『ブラックパンサー』シリーズと比べるとより際立つ。『ブラックパンサー』は観るものに「お前は誰だ?」とも問いかけてくる物語でもあった。この問いかけは、マイノリティをめぐる作品ではどうしても必要になる問いかけだろう。

 もしかすると、スパイダーマンであるマイルズを主人公としてプレイヤーが操作するゲームという方式が、この問いを縛っているのかもしれない。多くのプレイヤーを迎え入れようと普遍を目指した結果、曖昧なものになってしまっているのだ。

 それでも、それでも、本作が提示しようとした物語はとても大事なものになり得る予感があって、私はその予感が大好きだった。街の人々も好きだし、マイルズも大好きだ。マイルズは失敗を多くするけど、それでも仲間がいて、へこたれず、周りの承認を得ていく。本作は明らかにマイノリティたちのヒーローの物語として描かれていて、それは主人公のマイルズだけでなく、街のちょっとした人々でも変わらない。私はそのことはとても嬉しかったし、失敗に終わったとしても、大切なことをこのゲームは行おうとしていた。

 私は誰だろう? とその差異を考えながら、私はこのゲームをプレイした。

社会運動の理想と抵抗のあいだ 『マーベル スパイダーマン マイルズモラレス』をやってみたの画像6

これからプレイする人向けのポイント解説

・本作はPS4/PS5/PCでプレイ可能。ただしPCはかなりハイスペックなものでないとプレイ不可能。

・オプションからは手話表示をはじめ、視覚強調など様々なアクセシビリティ機能にアクセスできる。

・難易度調整も色々あるので難しく感じたら使ってみてほしい(実際、私は標準の難易度が少し難しく感じたので、難易度を少し下げた)。

「社会運動の理想と抵抗のあいだ 『マーベル スパイダーマン マイルズモラレス』をやってみた」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。