【アーカイブ】遠藤まめた×工藤晴子「工藤さん、難民とセクシュアルマイノリティについて教えてください」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

【アーカイブ】遠藤まめた×工藤晴子「工藤さん、難民とセクシュアルマイノリティについて教えてください」の画像1

 こんにちは、遠藤まめたです。私が司会を務める定期イベント「世界のフェミニズム・ LGBT運動」シリーズでは毎回、素敵なゲストに各国のフェミニズム・LGBT運動について、その国のアクティビストや研究者などにお話を伺っています。

 第六弾となる今回はこれまでと異なり、特定の国ではない「難民」をテーマとしました。日本でも先日、母国ウガンダで迫害を受けた同性愛の女性に難民認定が降りるなど、セクシュアリティと難民をめぐるテーマに関心が高まっています。

 ゲストは難⺠・強制移動とセクシュアリティ規範の関わりについて研究されている⼯藤晴⼦さんです。工藤さんは『難⺠とセクシュアリティ―アメリカにおける性的マイノリティの包摂と排除』(明⽯書店)の著作があります。

 アーカイブ視聴には購入期限と視聴期限があります。購入期限は6月16日まで、視聴期限は6月17日までになります。お忘れなくお買い求め、ご視聴ください。

イベントの様子を一部YouTubeにアップしています

【アーカイブ】遠藤まめた×工藤晴子「工藤さん、難民とセクシュアルマイノリティについて教えてください」の画像2

遠藤まめた
一般社団法人にじーず代表。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。著書に「先生と親のためのLGBTガイド 〜もしあなたがカミングアウトされたなら」(合同出版)ほか。

【アーカイブ】遠藤まめた×工藤晴子「工藤さん、難民とセクシュアルマイノリティについて教えてください」の画像3

工藤晴子
神戸大学大学院国際文化学研究科講師。専門は国際社会学、難民・強制移動、クィア移住。カイロ(エジプト)とガジアンテップ(トルコ)にて、性とジェンダーに基づく暴力の予防・対応を中心とした難民支援に携わり、2021年より現職。難民・強制移動とセクシュアリティの規範の関わりについて研究。書籍に『難民とセクシュアリティ―アメリカにおける性的マイノリティの包摂と排除』(明石書店、2022年)。

遠藤まめた×工藤晴子「工藤さん、難民とセクシュアルマイノリティについて教えてください」

◎ 商品詳細
内容:オンラインイベントのアーカイブ動画(6月17日まで視聴可能)
価格:1100円(税込)
本編:約90分
イベント開催日時:2023年5月27日(土)

※ 購入ボタンが表示されない方は、こちらのリンクからお買い求めください。

「【アーカイブ】遠藤まめた×工藤晴子「工藤さん、難民とセクシュアルマイノリティについて教えてください」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。